薬剤師の求人で調剤薬局は危ない!?

薬剤師の求人で調剤薬局をはじめ薬剤師資格取得者は現在まれに見る売り手市場となっています。

転職サイトや新卒採用サイトでは、医療関係のなかに、薬剤師のコーナーが作られるほど、その求人数がふくれあがっています。

しかし薬局薬剤師には知られざる闇、そして光があります。それについて、今回は紹介していきましょう☆☆☆

薬剤師 求人 調剤薬局の光

1

薬剤師の求人で調剤薬局の何よりの魅力は、ずばりその給与です。地方に行けば、初任給の段階で、30万超えも珍しくはありません。

また、学生時代の奨学金を肩代わりしてくれたり、薬局そのものに奨学金制度が存在したりと、パート、正社員問わず、従業員思いの制度が多く存在します。

実際に、就職決定で50万円の賞与、さらに勤続年数2年に付き更に50万支給なんて太っ腹な調剤薬局が存在します。

この不景気には本当に美味しい話です。実際に数字にしてみると、平均年収は大体529万円。平均月収は、37万円。

さらに時給換算すると一時間あたり2,154円。これは、パートでもこのくらいもらえます。

年間ボーナス等の平均は、正社員なら83万円と本当に数字だけ見ると素晴らしい職業です。

薬剤師 求人 調剤薬局の闇

2

薬剤師の求人で調剤薬局の闇について、お話しましょう。

調剤薬局の薬剤師は給与が良い!・・・と光の説明で述べました。しかし、光あるところには影、つまり闇があります。

そもそもなぜ地方調剤薬局での薬剤師の給与がこれほどまで高いのでしょう?

それは、極端な調剤薬局業界で、深刻な薬剤師不足に陥っているからです。

もちろん給与が良いのは良いのですが、都会での給与はそこまで高くなく、他学部の院卒程度、つまりは国家資格を持っていることでの他学部との差が生まれないのです。

対して地方の調剤薬局での給与が高くなってしまうのは、とにかく人が来ないからです。

薬剤師となるひとは、実家に戻る、といって田舎に戻る人もいるのですが、実は、いつでも仕事を変えられるという点から、一度全国を渡り歩いてみたい!と思う人が多のです。

傾向としては、男性薬剤師より女性薬剤師に顕著に見られます。それを考えると、地方展開しかしていない調剤薬局に魅力を感じなくなってしまいます。

そのため、より都会にある調剤薬局に人が集中してしまい、地方調剤薬局は、苦肉の策として、給料アップを提示しているのです。

薬剤師の求人で調剤薬局が多い・・・やっぱり調剤薬局は楽!?

3

薬剤師 求人は調剤薬局が圧倒的に多いです。

薬剤師は、現在の売り手市場の状態から、最初に病院などでスキルを磨き、その後でちょっと落ち着いて調剤薬局に勤めたい・・・と考える人が多いようです。

しかし、実は、これには大きな落とし穴があるのです。

まずは、その落ち着いて・・・と考えることです。ちょっとここで調剤薬局での薬剤師の仕事を紹介していきましょう。

調剤と患者に薬の説明をするだけ、と考えるとそれはちょっと甘いです。すべての薬をどの薬局も用意できているわけではないのです。

つまり、特定の専門分野の医院のそばにある薬局では、そこで出す処方箋は、いっても500種類ほどの薬剤もあれば事足ります。

もし保管していない薬の処方箋を持ってきたら、お客さんに待ってもらって、備蓄センターに取りに行く、もしくは近所の他の薬局にもらいに行きます。

また、大学病院や市民病院などがそばにあると、全てに対応するため、1000種を超える薬剤を用意しておかなればなりません。

また、それを調剤薬局の薬剤師は理解していなければなりません。その分患者さんも常に待っていますから、いつもフル稼働ということも多いです。

さらに、薬剤師が薬を渡す最後の責任者として、時には医師が間違えないようにチェックして、あれば申告して薬害を未然に防がなければいけません。

薬剤師の求人で調剤薬局はじゃあ、避けるべき・・・?

4

薬剤師 求人は調剤薬局を避けるべきなのでしょうか?

・・・いえいえ、少々脅しのような文章を続けてきましたが、だからといって、就職するな、という意味ではありません。

ただ、どのような世界かをある程度知っておかなければならないということです。調剤薬局の未来は今のところ明るいと言っていいでしょう。

ある大手の調剤薬局チェーンでは、求人の定員割れを起こしていて、せっかく店舗数を増やしているのにそれに必要な薬剤師が不足している状況です。

そのようなところならば、ある程度歳がいっていたり、ブランクがあっても採用される可能性は高いです。

また、不安に思わないようにしっかりとした社内研修が受けられ、基本的に希望する土地で薬剤師として働けるので、家族がいるという人にも良いです。

要は、きちんと仕事をしたいと思う人にとっては、調剤薬局は自分の希望が通る理想的な職場なのです。

ぜひ、薬剤師求人サイトで調剤薬局の一覧を見つけ、それぞれの特徴を自分で検索して、目で確認して、そこからあなたにぴったりの求人を選んでみて下さい。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ