薬剤師の求人、転勤なしのキーワードからわかること。


薬剤師の求人で転勤なし、というのは多くの魅力を持ち合わせています。

やはり一箇所に腰を据えて働けるというのは精神的な安心感をもたらしますし、長期的な計画も立てやすいです。

しかし同時に仕事によってはキャリアをうまく積めなかったり、人間関係などで環境を変えたいと思っても他に移れる場所がないため、転職するしかない、という風に追いつめられてしまうこともあります。

「絶対に転勤したくない」と考えている場合、どうやって転勤のない会社を探せばいいのでしょうか、そして転勤なしということがどのようなメリット、デメリットをもたらすのか見ていきましょう☆☆☆

薬剤師の求人で転勤なしのメリットとは

薬剤師の求人で転勤なしの会社を選んだ際には、仕事面と私生活面それぞれにメリットがあります

まず仕事面では、面接した段階で会社の雰囲気が把握し易いというポイントがあります。

転勤がないので、面接の際にあったメンバーと仕事を行うことになるので、実際に職場の雰囲気を疑似体験することが出来ます

何度か面接に行くことがあれば、面接の場所は根本的に変わらないので、面接官以外の従業員の方と話す機会も得やすいのです。

そのため、面接では聞きづらいことも聞いておくことが出来たりと何かと便利です。

私生活の面から言うと、転勤のない会社であれば、将来の見通しが立てやすいということがあります。

その土地に腰を据えられるので、引っ越しを考えることなく安心してマンションや一戸建て住宅の購入ができ、長期的な家族計画も可能になり、プライベートの充実も可能になります

この安心感は精神的な安定も得られるというポイントも含んでいます。

薬剤師の求人、転勤なしから考えられるデメリット

薬剤師の求人の転勤なし、という職場のデメリットは、転勤が出来ない、ということが挙げられます。

残念ながら希望を持って就職した職場でも、転職という文字を思い浮かべてしまう場合があります。

転勤のある会社であれば、転職しなくても、異動願いを出して問題が解決する可能性があります。しかし、その店舗、その職場しかないとなるとなかなか改善策がありません。

もちろん、勇気を持って上司に相談してみる、苦手だと思う人がいたらあえて声をかけて積極的に環境改善に務める、と言った努力も重要ですが、それらの努力を行うまでもない、もしくはそれらの対策を講じたけど不十分だった、となると転職という手が濃厚になるでしょう。

だからこそ面談で職場の空気を肌で感じ、同僚になるであろう方に会っておくことでミスマッチをできるだけ避けることが出来ます。

薬剤師、求人で転勤なしを探すコツとは

薬剤師の求人で転勤なしが可能となる条件には大きく2つあります。

まず、会社が経営する店舗や工場が一箇所しかない、というものがあります。

そもそもの転勤先が存在してなければ、 転勤の可能性はゼロに近いといえます。

個人経営の薬局やドラッグストア、支店のないCROや企業のことです。

ただし、CROなどの企業になると、転勤はなくても出張の回数が多かったり、日数が長かったりというデメリットもあるので注意が必要です。

次に、ある程度大きな会社であっても、転勤ありと転勤なしの職種が分けられている場合です。

通常、総合職、一般職と同じ仕事内容でも条件が分かれている場合、一般職は地域職などとも言われるなど、転勤なしを示す場合が多いです。

この場合、すでに雇用の際に行われる契約に転勤なし、とあることが多く、安心できます

しかしその代わり出世がしにくかったり、給与が低かったりします。国家公務員か地方公務員でもその違いは顕著に出ています。

このようなポイントを押さえておくことで、転勤なしの職場に行って、こんなはずじゃなかったのに、というパターンを防げる可能性が高くなります。

最後に、実際にリクナビ薬剤師で出ている求人における転勤なしの求人の比率を調べましたのでご覧下さい。

※調査日時:2016年1月(正社員のみ・非公開求人を除く)

全体の求人数 転勤なしの求人数 転勤なしの求人の比率
東京都 5157件 133件 2.57%
大阪府 2931件 60件 2.04%
愛知県 2443件 35件 1.43%
福岡県 1804件 19件 1.05%

参考までに東京、大阪、愛知、福岡の4地域での転勤なしの求人比率を調べましたが、どうでしょうか?

どの地域でも1~2%しか、転勤なしの求人はありません。

薬剤師が転勤なしで働くというのは、これだけ厳しい状況だという事がお分かり頂けたかと思います。

このような状況から言える事は、リクナビ薬剤師のような薬剤師転職サイトに相談して非公開求人も含めた情報を常に受け取っておかないと、転勤なしの求人を手にする事は非常に難しい、という事です。

まずは薬剤師専門の転職サイトへの登録から始めましょう。


タグ: , ,
カテゴリー: 雇用条件
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。