薬剤師の求人で高収入は普通!?

薬剤師の求人は高収入のものが多いというイメージは、有りますか?

薬剤師は、国家資格だから女性は育児とかで職場を離れても復帰できる!

例え夫が転勤してもついていけるからいい!など、高収入というよりは薬剤師=女性=低賃金だけど安全、というイメージを持っている人が多いような気がします。

実際問題薬剤師は、どのような給与・求人状況なのでしょうか?☆☆☆

薬剤師 求人の高収入、病院では当てはまらない!?

1

薬剤師の求人は高収入ではないと皆が口を揃えて言う転職先があります。

それは、病院です。医療機関である病院は忙しいのに高収入ではなく、薄給。

どうやらこれは薬剤師の間では常識のようです。そして残念ながら、真実でもあります。

病院勤務の薬剤師は、確かに初年度の年収が300万円程度です。特に、前述したように忙しく、そして有名病院などになると、そもそも勤務するのが難しいのです。

研修生スタートで、そして通常の求人ではなく病院側からスカウトを受けないと正規雇用にならないなど、他の薬剤師の就く職業に比べて、面倒な上に給与が低いのです。

まあ、利点といえば、病院では夜勤があるので、夜勤手当がプラスされることで年間で、大体40万円くらい稼げるでしょう。

しかし、調剤薬局勤務と異なり、昇給があり、役職が存在します。そのため、年収は数年で600万円を超え、高収入を得られるところもあるようです。

また、役職が付くと、それなりの権利と待遇が与えられ、そのことでやりがいが増すともいえるでしょう。

やりがいの面で言うと、病院勤務の薬剤師は、多くの経験が得られます。

治験などを通して、最先端の薬品をいち早く知ることが出来、その効果も目の当たりにすることができます。

そういう言い方だと、お金で買えない価値が有るのかもしれませんね。

薬剤師の求人で高収入なら調剤薬局!

2

薬剤師の求人が高収入である転職先は、どこでしょうか?

パートやアルバイト、正社員でも高収入は薬局だと考えていいでしょう。なにしろ、調剤薬局の求人の何よりの魅力は、その給与です。

特に大手チェーンの薬局ではなく、個人営業や、地域限定でのチェーン店の薬剤師求人だと、その額は跳ね上がります。

初任給の段階で、30万を超えても珍しくはありません。ちなみに薬剤師が一番高収入なのは、宮崎県らしいです。

また、薬剤師に嬉しい特典がいっぱいです。

特に新卒の場合だと、学生時代の奨学金を代わりに返してくれたり、家賃手当や残業なしなど、パート、正社員という雇用形態に問わず、多くの嬉しい制度が用意されている求人もあります。

いかに薬剤師が求められているかが数字を通してわかる職業です。全国で見ても、平均年収は大体529万円。

それで平均月収は、37万円。パートやアルバイトでも、一時間あたり2,154円平均で稼げます。

あえて悪い点を上げるとしたら、場所によって忙しさが変動することです。なにしろ、田舎の求人を選びたがる人は少ないです。

実際、以前国立大学で行われたアンケートでは、田舎の地元に戻りたい、という人は少なく、半分以上の人が都会に出たい、と言っていたそうです。

薬剤師は、いつでも地元に戻れるから、という理由で親が要介護になったら、また地元の職場に転職するから今は好きに生きたい、という考えもあるようです。

その結果、田舎の求人の時給が3000円近くに増えても人が集まらず、就職したとしても薬剤師はとても忙しくなってしまうということです。

しかも、田舎では薬局の数が少ないので、患者数も多くなります。

よく、薬剤師は立ち仕事といいますが、そのような場所では、病院よりも忙しくなるかもしれませんね。

薬剤師 求人で高収入の最高峰は企業!?

3

薬剤師の求人で高収入なものを目指すのであれば、企業でしょう。薬剤師が企業勤めになれば、製薬企業に勤務するのが主流。

中途採用なら、もしかしたら経験に応じてなにか特典があるかも知れませんが、未経験の場合は、最初こそは、大体技術職採用なので、一般病院勤務と大差なく、初任給の段階では、年収300万円台程度でしょう。

パートでも、薬剤師の資格手当がついても2000円ほどで、高収入とは言えず、あまり周りの派遣と変わらないと感じるかもしれません。

ただし、このような企業では、病院以上の昇給が期待できます。

長く勤め続けられれば、結果的に年収1000万円を超えることも・・・!

企業の中でも製薬企業は、基本的に景気に左右されないことから安定している業界と言えます。

もし薬剤師の免許よりも薬剤の知識を活かした研究職などの職につけば、より専門的な技術を得られます。

対して、免許を活かすと、薬事法関連の事務処理が主となる場合がほとんどです。

給与も大事ですが、どちらがあなたにあっているかを求人を選ぶ時にきちんと考えることをおすすめします・・・

薬剤師の求人で高収入なのはドラッグストア!?

4

薬剤師の求人で高収入のものは、ドラッグストアにもあります。

意外に思われますが、実はドラッグストアは24時間営業、年中無休と言ったところが多いので、いわゆる休日出勤による手当、早番、遅番の手当があります。

そのため、ある意味、希望すればぎっちり仕事を入れられるので、結果的に高収入となる場合があります。

調剤薬局と同等の給与ですが、やはり病院と営業時間を合わせ、土日に空いていないことから、あまり一気に稼げるという印象はありません。

ただ、基本的にドラッグストアといえばチェーンが多いため、調剤薬局にあるような個人のものが少なく、田舎の求人だからといって極端に給与が上がることはありません。

よっぽど人員が足りていないのであれば、アルバイト求人の時給が上がることはありますが、せいぜい2500円程度です。

そのため、田舎での就職は薬剤師にとっては少し不利に感じるかもしれません。高収入の求人だ、とは募集要項を見ただけではわからない場合があります。

実は、サービス残業があったり、異様に忙しかったり・・・・それらは実際に行ってみないとわからないものです。

しかし、気になる求人を出している転職候補先に直接行くわけにはいかないので、薬剤師転職サイトや、登録制の求人検索エージェントを活用しましょう。

好条件での高収入の就業先探しのお手伝いをしてもらえます!

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ