薬剤師の求人でCROと言う選択はどうなのか?

薬剤師の求人でCROと言う選択はどうなのか?

薬剤師の求人はCROをはじめ、現在様々な場面で需要が広がり、多くの求人が見られます。

その活躍の場が広がりつつあることを知っていますか? 新たな舞台となったCROという機関について少し説明していきましょう☆

薬剤師も求人でCROを視野に入れれば根暗とは言わせない!?

薬剤師も求人でCROを視野に入れれば根暗とは言わせない!?

薬剤師の求人をCROを含めて探すと、視野が一気に広がります。 薬剤師・・・と聞くと薬局や病院での調剤業務を行う閉鎖的な仕事だと思っていませんか?

4年間、最近更に6年間と育成カリキュラムが長くなりましたね。

それだけの知識や技術を持っているのに活躍の場が狭すぎる!という薬剤師のたまご達の声が特に国立大学で聞かれます。

しかし、実際には薬剤師にとってもっとたくさんの仕事があるというのをご存じですか?

実は薬剤師と一言で言っても、その仕事は多岐に渡ります。

医療系の資格の中で臨床的な知識を得るのは医者、看護師、そして薬剤師が主です。

さらに薬剤師はその中での薬についての知識を豊富に持ち合わせているので、薬の調剤以外にも、その創薬過程にも大きく貢献できるのです。

求人サイトで多く見られるCRA募集がまさにそれに当たります。

薬剤師が求人でCROを選ぶとどんな飛躍ができるの?

CRAは基本的に直接医療機関に出向いて情報収集を行うので、外勤がほとんどです。

薬剤師の求人でCROを選ぶと、CRAとして働くことになります。

このCRAは、臨床開発モニターとも称され、CROのような臨床試験の開発におけるサポートを専門に行う機関に所属する場合と、製薬企業の中での開発部門に所属する場合とがあります。

通常、求人で見られるのは前者の機関にあたります。

CROの仕事内容について、外勤が多く、体力勝負・・・と思っているあなた。実はそんなことはないのです。

特にCROでは、多くの勤務形態があり、自分の生活に合わせてある程度自由が効く事で女性に人気になっています。

CRAは基本的に直接医療機関に出向いて情報収集を行うので、外勤がほとんどです。

実際に臨床試験の現場に立ち会ったり、全国を飛び回るので、デスクワークばかりだと嫌だ!という人に向いています。

そして出産後など、あまり外勤を希望しない人は内勤に回り、品質管理やデータ解析などの仕事に就きます。

会社、もしくは在宅勤務という形で、外勤のモニターが集めてきたデータの統計をとったり、その最終確認を行ったりなどします。

在宅の形だと、登録制であったりするので家を離れられない人でも働けるとあって介護中や育児中の人に人気となっています。

この在宅の形だと、登録制であったりするので家を離れられない人でも働けるとあって介護中や育児中の人に人気となっています。

さらにこの中で正社員でありながら、派遣形態で他社に派遣されるという事があります。

正社員でありながら、派遣形態で他社に派遣されるという事があります。

この際、大手の製薬企業の開発部門に回されることが多いので、大手ならではの研修や仕事の流れの中でスキルを上げたい! もしくはそのままそちらにキャリアチェンジしたいと思う人には人気の形態です。

薬剤師を求人でCROは別に欲していない・・・?

薬剤師を求人でCROは別に欲していない・・・?

薬剤師がCROで働くCRAを目指すのは大変かというと、このCRA、実際は薬剤師の資格を必要とはしません。

しかし、薬剤師だとアピールできないかというと決してそのようなことはありません。

医者や製薬企業という専門集団の中でコミュニケーションを図るため、薬、そして基礎的な臨床的知識が必要なのです。

そのため、薬剤師はそのベースがある程度完成されていると見られ、重宝されるのです。

また、CROと似ていますが、製薬企業側ではなく、医療機関にて臨床試験進行をサポートするSMOという機関があります。

SMOで働く人員(CRC)は医療機関に駐在する仕事のため、患者と直接やり取りをする機会が多くあります。

SMOで働く人員(CRC)は医療機関に駐在する仕事のため、患者と直接やり取りをする機会が多くあります。

薬剤師の資格を持つことで倫理的に完成されているとも取られ、採用基準に達するのです。

しかしそれだからといっていきなり現場に放り出されることもなく、丁寧な研修が各社において実施されるので、仕事自体にブランクが有る人でも挑戦できる仕事なのです!

タンスの肥やしとなっている薬剤師資格を活用できる場所なのです。

薬剤師が求人でCROの理想の求人に巡り合うには!

薬剤師が求人でCROの理想の求人に巡り合うには!

製薬企業の臨床試験の外注が一般化してきたので、それに比例してCROにおけるCRAの求人は増え続けています。

多くのCROが設立されたり事業拡大をしているので、自分に合う勤務形態、そしてキャリアを積みたい分野を担当しているCROでの仕事を見つけることが出来るようになりました。

その方法とは、薬剤師転職サイトに行き、検索の際にそのCROに関連する分野のワードを入力することです。

より社会的貢献を感じられる第三フェーズに参加したい、抗癌剤に関わりたいなど多くの希望があり、それに合わせて企業の方も詳しく得意分野を掲載しています。

大手のCROは基本的に大阪、東京に本社があり、勤務地もそこになります。

しかし在宅勤務という形もあることから、地元で働きたいという声にも答えてくれるのです。

薬剤師 求人でCROがリッチなんだとわかる!?

CROで薬剤師が働く場合に注目すべきは、その給与の高さです。

CROで薬剤師が働く場合に注目すべきは、その給与の高さです。未経験でもCROで働いていると、初任給から20万円台後半の給与であることが普通で、30万円を超えるところも見られます。

資格手当として基本的に5000円が毎月給与に入ってくるところが多いようですが、企業によってまちまちです。

1000万以上も夢ではありません。

中途採用で、ある程度の経験年数を持っていれば、転職を重ねることで年収アップ、結果、年収1000万以上も夢ではありません。

ちなみにここでの経験年数とはCROで働いてきた年数ではなく、その他の社会人経験でもOKの場合もあります。

ですから薬局勤めの経験しかなくても可、という企業もありますよ!

CROに転職してきた人の中には、前職が花屋さんだった!なんていう強者もいたりします。

役職が上がらなければなかなか昇給できない会社が多いです。

しかしここで注意すべきなのは、役職が上がらなければなかなか昇給できない会社が多い、という事です。

そのためにも、きちんと勤務を続けられ、その結果役職がしっかり上がっていきやすい企業かどうかを薬剤師転職サイトに調べて貰って知る必要がありますね。

薬剤師が求人でCROから選ぶ最善の方法とは?

CROでの仕事は日本のみならず、世界での活躍の可能性も秘めているのです。

CROでの仕事、と一言で言ってもその種類は様々。 分野は先に述べましたが、更に外資系企業の進出もめまぐるしく、日本のみならず、世界での活躍の可能性も秘めているのです。

そのため言語研修などの研修制度の充実が特に大手を中心に見られ、未経験でも安心して挑戦していけます。

女性が長く働ける環境づくりに努めている企業が殆どです。

さらに女性が多いことから生理休暇などの特別な休暇制度などが充実していて、女性が長く働ける環境づくりに努めている企業が殆どです。

そして一度CROで働くCRAになると、別のCROへの転職のしやすさも上がり、これも人気の1つです。

ある程度CROでの経験を積むと、転職の際に年収アップや、より難易度のある分野にチャレンジ出来るようになります。

基本的にCROは、どの企業も拡大を図っている状態なので、今が狙い目と言っていいでしょう。

基本的にCROは、どの企業も拡大を図っている状態なので、今が狙い目と言っていいでしょう。

その可能性を掴むためにもまず、薬剤師転職サイトに登録して、CROについて一度検索してみてください!

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ