薬剤師の男性が目指すものになるためには

薬剤師の男性は、やはり女性の多い職業ということもあって珍しいというイメージが有ります。確かに、薬剤師の男女比は3:7くらいともされています。

さて、そんな女社会ともいうべき薬剤師の業界で男性とはどういうことを考えたほうが良いのでしょうか。職場選びや私生活などを通して見て行きましょう☆☆☆

薬剤師の男性の目標の1つ、仕事の充実

薬剤師の男性には、将来キャリアを積んでいきたい、良いステータスを持ちたい、といった目標はありながら、いまいちどの職業についたらいいのかわからない、という方がいます。

そのような場合、男性薬剤師はどのようにして職業選びを行った方がいいのでしょうか。

最も医療人としての知識や技術を学んで行きたいという思いがあるのであれば、病院薬剤師は男性にオススメです。

患者さんとふれあい、医師や看護師といった他の医療スタッフと一緒に情報交換も行いながらスキルアップできる環境はそのような方にぴったりでしょう。

男性薬剤師は仕入れられたものを移動させたりといった力仕事を任せやすいという点から、女性薬剤師よりも体を動かす機会が多いでしょう。

そのことで頼りにされ、より多くの仕事に携われるのが男性薬剤師としてのメリットといえるでしょう

また、患者さんの中では場合によっては暴れてしまう方もいることから、夜勤で1人だけというタイミングがあっても良いので、シフトを任せやすいとも言えます。

もし将来的に独立を考える男性薬剤師であれば、調剤薬局の薬剤師が良いかもしれません。

手堅く貯金と勉強をしていきたいならまずは大手の調剤薬局チェーンがよいでしょうが、より独立を目標にやっていきたいなら、むしろ中小の調剤薬局の方が良いでしょう。

中小の薬局の方が基本的にお店全体のことを把握でき、比較的店長などの役職に就きやすいことから薬剤師業務以外の経営面も勉強できるので、独立の際に役立つ知識を手に入れられるでしょう

やはり現在でも男性薬剤師の方が独立しやすいという風潮があることから、女性薬剤師よりも相手の信用を得やすいと言えるかもしれません。

組織の中で成長していきたいと考える男性薬剤師であれば、製薬会社への勤務が候補に挙がります。

しかし、一言で製薬企業と言っても多くの仕事があります。一番一般的なのは、研究職や開発職といった創薬関係のお仕事でしょう。

しかしそれ以外でも会社の薬、そして薬の情報を提供するMRや治験進行に携わるCRA、薬が正しく作られているかを管理する品質保証や品質保証といった仕事が多くあります。

そのため、どのようにスキルアップしていきたいのか、ということを見極めることが重要になります。

人脈を広げていきたいのであれば、CRAやMR、の方があっていますし、よりひとつの分野の専門家になりたいのであれば、研究職や開発職が向いているでしょう。

会社の扱う薬を広く知り、製販や原料関係で他の会社との繋がりを持ちたいなら品質保証や品質管理が良いでしょう。

男性薬剤師の方が女性薬剤師よりも辞める可能性が低いので、やはり男性薬剤師の方がより昇進につながる仕事を任せられるので、チャンスはあるといえるでしょう。

薬剤師の男性が私生活から仕事を充実させる方法

薬剤師の男性だからといって、必ずしも仕事が中心の目標ばかりではありません。

アフター5を充実させたいというのも男性薬剤師の立派な目標です。

その考えであると、当直もあり、残業も多いハードな仕事の病院はあまりお勧めできません。

製薬企業などでも、休日出勤が多かったり、出張が多い会社もありますし、CRAやMRに関しては出張は避けては通れないものといえるでしょう。

特に男性であれば、会社側としても女性よりも出張や休日出勤が頼みやすいので、頼られることが考えられます。

そのため、休日出勤がない職業となると、調剤薬局やドラッグストアが無難となるでしょう。

ドラッグストアは土日祝日も営業はしていますが、薬剤師は必ずしも土日出勤とはならないので、そこまで心配することではないでしょう。

家族がいると、家族のための時間を確保しなければならない、ということであまり休日出勤や残業がない職業を仕事場として選ぶ方がいます。

これを昇進の妨げと考える方もおられるかもしれませんが、実際には家族がいることで責任感のある人間として写りますし、家族を養わなければならないから辞める可能性が低いということで逆に責任ある仕事を任せられることが多いです。

結果的に仕事も私生活も充実させることができる可能性が高いといえるでしょう。

当然のことですが、就職先選びは目標達成のための重要なポイントになります。そこで失敗しないためにも、まずは、薬剤師転職サイトへの登録が薦められます。

男性薬剤師が転職を成功させるために必要な情報収集を効率よく進められるので、転職への第一歩として最適です。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ