薬剤師 紹介予定派遣の実態とその良し悪しを分析!

薬剤師の紹介予定派遣、というと普通の派遣会社とどう違うのか?という声も聞かれますが、簡単に言ってしまえば、派遣の先の正社員登用を考慮した薬剤師の派遣、です。

様々な仕事を経験できる、高い給与が期待できる、などの利点がある他、嫌な職場だったらどうしよう、そもそもどのような仕事を紹介されるのか、など様々な不安もありますよね。

では、薬剤師の紹介予定派遣とはどのようなものなのか、項目別に見て行きましょう☆☆☆

薬剤師 紹介予定派遣ってそもそもなに!?確実に仕事先が決まってしまうの?

薬剤師の紹介予定派遣とは、通常の派遣と異なり、一定期間派遣社員という形で就業先に勤務した後、直接社員として雇われるという形の派遣契約なのです。

もちろん。派遣社員の間の働きや相性によりますが、基本的に最長6ヶ月のいわば試用期間で正社員となるのです。

場合によっては薬剤師の就業形態はパートやアルバイトになりますが、派遣会社の手を離れ、就業先に直接お世話になるということです。

そのため、薬剤師が紹介予定派遣を利用するメリットとは、そのいわば試用期間において会社のあり方を実際に見られるので、自分にその職場があっているかなどを確認してからどのような形態で就職するか、そもそも働き続けるかの選択ができます。

そのため、いきなり就職、転職して、万が一あわなくて、数ヶ月でやめてしまって履歴書に汚点として残らないだろうかと心配しなくて大丈夫です。

派遣会社が次の就業先を提案してくれるまで、その会社に所属していることになるので、経歴上では無職にはならないので、例えブランクをよく思わない会社や仕事につきたいと思った時には、非常に助かりますね。

また、派遣就業中は、薬剤師は紹介予定派遣をしてくれる会社から教育を受けられるので、将来的なキャリアアップや仕事に対する不安対策などに活かすことが出来ます。

仕事先を決める際も、内容や給与、就業条件なども細かく会社と話し合って決めることができるので、ある程度薬剤師サイドの希望にあった職場に行くことが出来ます。

ただし、紹介予定派遣はあくまでも派遣契約なので、最初に仕事が合わない、とわかってしまっても、3ヶ月契約であれば、3ヶ月、きちんと働かなければなりません。

また、逆に薬剤師がもっと長く働きたくても、相手の会社との合意が出来なければ、契約は打ち切られてしまいます。

自分が希望の職場に長く勤めるには、それなりのコミュニケーションや技術といった能力が必要となるのです。

薬剤師の紹介予定派遣、給与が高いからには何か求められている・・・?

薬剤師の紹介予定派遣で最も大きいメリットとして上げられるのは、その賃金の高さです。

もちろん、パートやアルバイトでも、時給2,000円を超える薬剤師募集もありますが、派遣の多くは2500円以上といったような、パート以上の収入が望めます。

ですが、ここで疑問に思うことがあるでしょう。通常紹介予定派遣は、薬剤師限定のものにかぎらず、派遣会社が仲介役に入り、手数料が入っているはずです。

しかし、それにも関わらず、給与が高いのには訳があります。通常パートやアルバイトに関してはある程度の教育が必要です。

さらに、言い方は悪いですが、求職者が、アルバイトなどの面接において自らをPRする場合、採用側がその裏をとるのは困難な場合があります。

すぐに働けます、経験があります、と言っても、その程度は一旦働いてみないとわかりません。

また、仕事先の人が、3ヶ月間は働いて欲しいと言っても、法的拘束力はないため、求職者が希望すれば、その退職などを止めることは出来ません

対して、派遣薬剤師は、即戦力がある、ということが派遣会社を通して証明されているものです。

また、3ヶ月なら3ヶ月、働き、万が一その中で契約破棄などがあれば、派遣会社は代理として別の薬剤師を送らなければなりません。

仕事先の人は派遣会社から保証されているので安心して紹介予定派遣を利用でき、高い給与が派遣社員に支払われるというわけです。

薬剤師は紹介予定派遣で、実際にどの仕事に、どのくらい正社員登用に至っているの?

薬剤師の紹介予定派遣で、派遣社員から正社員への登用率は会社によっても異なりますが、もし調剤薬局などであれば、ほぼ9割以上と考えていいそうです。

この言い方をするのは、一箇所にとどまるのではなく、様々な会社を経験したい人が正社員登用を打診されても、それを受けない、と言う人がいるからです。

対して、製薬企業などの企業への正社員登用は調剤薬局などと比べると少ないと考えてよいでしょう。

もし付いている仕事に薬剤師免許が必須であれば、その確率は上がりますが、その他の場合ですと、他の職業の紹介予定派遣と同様、その仕事内容や需要、そして個人の能力によりその登用の確率は変動すると言っていいでしょう。

薬剤師の免許は、国家資格です。そのため、持っているだけで大きな切り札となる力を思っています。

自分が働きたいと考える仕事、場所などを見定めるには、一度働いてみることが一番効果的ではないかと考えます。

薬剤師の紹介予定派遣は地域ごとであったり、仕事ごとで扱っている会社もあれば、総合的に登録さえすればあとは、希望の仕事などを紹介してくれるものなど、その種類は多岐にわたります。

このような派遣会社もインターネット上の転職サイトでも見つけることができるのでそれらを上手く活用していきましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ