薬剤師の育児制度の利用に関する事情


薬剤師が育児と仕事を両立させることには、もちろん制度がまず必要ですが、さらにそこからその制度を活用しても復帰できるという周りの理解というものが必要になります。

そのような育児の大変さを理解してくれる職場に転職を成功させるためには、まずどのようなところを気をつけるべきなのでしょうか?☆☆☆

薬剤師が育児を行えるためには、制度が必要?

薬剤師が育児と仕事を両立するポイントとしては、職場の制度が挙げられます。

育児制度は会社、企業ごとに制度内容が変わってきますが、一般的に育児のために休暇が取れる場合と、時短制度が活用できる場合、両方取得できる場合等様々です。

最近では男性薬剤師も育児休暇を取得できるようになってきたのですが、やはりまだ取得するのは女性薬剤師が中心であったり、シングルマザーの数も増えていることから女性が多い職場で育児制度は充実しやすいと言っていいでしょう

その点から考えると、女性薬剤師の多い調剤薬局や最近求人が多くなってきているCRO・SMOの育児制度が充実していると想像できます。

実際にこれらの職種だと、育児休暇がとりやすく、子どもが小さいうちでは時短で子どもの送り迎えも出来るといったような場合が多いです。

ただし、調剤薬局の場合、中小だと人員がギリギリな場合が多く、取れる可能性があっても周りの視線が辛くて取れない、といった事情も生まれる場合もあるので、必ずしも調剤薬局だからすんなり育児の為の休みや時短が取得できるというわけではないのかもしれません。

また、このような育児制度を重視するあまり家からあまりにも距離がある職場を選んでしまったら後から大変です。

折角時短制度を利用しているのに結局、家につく時間が遅くなればせっかくの制度も活かせません

車であれば特に問題にならないかもしれませんが、ちょっと不便な場所で公共交通機関を利用する場合、時短で帰ったタイミングで電車がない、なんてこともあるので、転職前にきちんと調査をしたほうがよいでしょう。

薬剤師の育児で必要なのは、周りの人の理解?

薬剤師が育児を行う上で、重要な事に、もちろん会社の制度もありますが、周りの育児への理解というものがあります。

女性が多いから理解される、と思っていると、実は制度を利用した薬剤師がいなかったり、独身薬剤師が多かったりすると逆に理解されづらくなるということに驚くやも知れません。

忘れてはならないのは、育児休暇、育児のための時短を活用する際には、周りの薬剤師があなたの分の仕事をしなければならないということです。

それは、同じく育児の大変さを知っていて、さらに育児制度を使った経験者であれば良いのですが、独身の方、または以前の風習で育児のために一度退職した、といったような考えのある方であれば、育児に対して経験、興味のない男性以上に理解がない、むしろ反対するかもしれません

そうなると、調剤薬局やCRO・SMOでも場合によっては取りにくいかもしれません。

特に男性であれば、更に世間体などがあったり、昇進に響かないか、などの心配事も重なり、より育児休暇などの取得ができなくなる場合があります。

育児と仕事の両立には、仕事仲間、家族の理解が必要なのです。

薬剤師が育児と仕事を両立させられる仕事探しとは?

薬剤師が育児と仕事を両立させることが出来る転職先を見つけるためには、まず求人票の条件を見てそもそも育児制度があるかどうかを確かめましょう。

しかし、前述したとおり、名前だけの育児制度の場合があるので、その取得率を見てみましょう。最近では 男女別でも数値を出しているところが多いです。

ただし、小さな薬局などであれば、なかなか子どもがいる薬剤師がいないなどのことから数字が出ないので数字だけではなかなか判別できません。

このような情報は転職サイトなどに登録することで見られるようになることがあるので、ぜひ転職を考えているのであれば、まず転職サイトに登録してみてください。

希望条件の中に育児制度あり、さらには育児休暇ありであったり、時短制度適応などまで指定できればやりましょう。

転職コンサルタントなどの転職のプロに相談し、希望条件を伝えることで理想とする育児制度のある職場の候補を上げてもらうことが出来ます。

当サイトにある転職サイトには、このような便利な情報をたくさん持ったサイトが数多くあるのでぜひ登録して、育児をしながらずっと働ける、働きたくなる職場への転職を行いましょう。


タグ: ,
カテゴリー: 不安と悩み, 勤務形態, 雇用条件
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。