薬剤師が薬事衛生の仕事に就くということは?

薬剤師が薬事衛生に関係した仕事に就くというのは、ある意味当然のことといえるでしょう。

なにしろ、人の命に関わる薬を取り扱うのですから、薬に対する確かな知識と技術を持った薬剤師がその管理、監視に必要なのです。

では、実際にどのような形で薬剤師が薬事衛生に関わっているのかを見て行きましょう☆☆☆

薬剤師と薬事衛生、どう関係してくるもの?

薬剤師と薬事衛生は非常に密接な関係を持っていると言えますが、そもそも薬事衛生とは一体何を示すのでしょうか。

薬事衛生とは、薬学の知識をもとに、医薬品の製造、販売、さらに利用において適切な環境の整備、管理、そして研究を行う以外にも、あまり薬品とは関係ないと思われる、食品や製造などから出る廃棄物、劇薬や毒物等の製造、廃棄における衛生面から、環境面からの管理業務も意味する言葉です。

そして、この仕事を出来るのが、薬剤師のみと規定されている場合が多いことから、薬剤師は多方面で必要とされているのです。

薬事衛生に携わるためには、食品衛生管理者や衛生管理者として働くということを意味し、それを行うためには、指定された講習を受け、さらに試験を通して資格を習得する必要があります。

しかし、薬剤師の資格を持つことでいくつかの試験の免除ができるので、資格非取得者よりも取得しやすいものと言えるでしょう。

薬剤師の薬事衛生に関われる仕事って?

薬剤師が薬事衛生に関係する仕事につくと、基本的に薬に関する全般的な知識を前提とした中で安全で品質の保たれた商品を提供するために製造工程、そして出荷前の品質の最終確認などを行うことに関し、管理責任者としての業務が主な仕事となります。

工場ではもちろん作り出すものに関して管理することも重要ですが、その製造に携わる従業員の健康状態や就業環境を管轄する衛生管理者としての仕事も薬剤師の知識を活かすことができるので、そのような仕事も兼用することもあります。

他にも、行政機関に就職して薬事衛生に関わることが出来ます。

実は、薬事衛生という立場で最も仕事が多いといえるのが、行政の業務です。

まずは薬事監視員としての確認業務があります。

民間メーカーでは、医薬品や医療機器、そして食品や化粧品などの製造、販売に管理者としても多くの薬剤師が活躍していますが、公務員として、第三者の立場からそれらのメーカーの創りだした製品品質や製造・販売方法が適切かどうかを確認するのが薬事監視員です。

当人の管理のみでは万全とはいえない安全性、品質を、国を代表して管理・監視により高い水準を維持し続けるために欠かせない重要な仕事といえます。

これは、国内で行われる製造・販売に留まらず、海外から輸入した医薬品やサプリメントなどの医薬部外品を仕入れる輸入業者などもその確認対象となります。

さらに最近では、インターネットによる医薬品販売も行われるようになったことから、薬事監視員の活躍が更に期待されています。

他にも、麻薬取締、毒物劇物監視員などといった薬品に関する仕事、さらに空港などで活躍する伝染病の予防などに務める検疫委員、食監と略称で呼ばれて飲食店などに対して衛生管理指導や、抜き打ちで検査を行う食品衛生監視員や廃棄物処理業に多く関わる環境衛生指導員など、本当に多くの薬剤師が公務員として働いています

薬剤師が薬事衛生において必要不可欠な仕事とは?

薬剤師が薬事衛生に関連し、さらに絶対に必要である、という場合が幾つか存在します。例を挙げるのであれば、医薬品製造業の管理者があります。

この職業につけるのは、薬剤師のみです。

医薬品製造を行う製薬会社では、工場の管理者として薬剤師を配置し、品質、そして衛生管理などを行うように薬事法にて規定されているので、薬剤師がいなければ工場が動かないということからも、非常に重要なポストであると言えます。

ドラッグストアでも、登録販売者制度が始まるまでは、管理者としての薬剤師がいないと薬を販売することができませんでした。

今では、登録販売者がいることで薬の販売が薬剤師が不在でも可能にはなりましたが、今でも要指導医薬品や第1類医薬品は薬剤師にしか扱えません。

そのため、薬剤師の需要は大きいとも言えますが、管理者は何人も必要であるわけではないので、必ずその定員の空きがあるとは言えないので残念ながら必ずなれるとは言えません。

そんな条件の中で転職活動をするとなると、情報収集が転職活動成功の鍵になります。

そこでオススメなのが薬剤師のために作られた専門転職サイトです。

サイトでは、必要な求人情報の他にも転職活動を助けてくれる情報も手に入るので、転職活動に活かすことができるでしょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ