薬剤師と薬歴管理の関係とは?

薬剤師と薬歴管理は、特に現代の高齢化、医療の専門化などによって非常に重要な関わりを持つようになっています。

薬歴管理は薬剤師のみならず、多くの医療機関に共有されることによって治療の効率化といった面で患者さんの役に立つことができる情報のソースです。

そんな薬歴管理と薬剤師の関係を通して、その重要性などを見て行きましょう☆☆☆

薬剤師が薬歴管理を行う理由とは

薬剤師と薬歴管理とは、密接な関係を持っています。

何しろ、薬剤師は、薬歴管理をもとにして、適切な服薬指導を行う事によって、特に高齢者のあいだで問題になっている重複投与や飲み合わせの失敗による薬の相互作用による重大な副作用のリスクを回避する、というリスクマネージャーとしても活躍しているのです。

そのため、薬剤師が薬歴を作成するにあたっては、薬歴管理は患者さん全員を一気に対象に作ることが難しいため、相互作用を起こしやすい飲み合わせなど、摂取の際に注意が必要な薬を服用している患者さんから、少しずつででも対象を増やしていくこともリスク管理する一つの方法として挙げられます。

少なくとも具体的な例を挙げるのであれば、抗悪性腫瘍薬や抗糖尿病薬、さらにジギタリス製剤やワルファリンといった医薬品を服用している患者については、薬歴記録を付けることを日本病院薬剤師会から推奨されています。

ただし、これらの情報は患者情報としてきちんと保護する必要があるので、その取得においては、利用目的をはっきりさせ、その具体的な内容を施設内に掲示するといった方法を取ることで、患者さんにお知らせし、個人情報保護法の遵守を考慮した対応が必要です。

薬剤師の薬歴管理活用方法

薬剤師が薬歴管理を行うことについて語ってきましたが、そもそもこの薬歴とはどういったものなのでしょうか。

薬歴管理の薬歴とは、患者さんが薬物治療を受けるにあたり、その治療の有効性と安全性を確保するために、収集する情報の1つであり、薬を患者さんに渡す薬剤師にとっては、重要な情報源の一つなのです。

さて、処方を行う医師は、診療の記録として、通称カルテと呼ばれる診療録の記載が義務となっていますが、それに対し、薬剤師には、適切な処方情報から正確な調剤を行った、という記録としての調剤録の記載、そして保管が薬剤師法第28条にもとづいて義務づけられています。

しかし、医薬品が適正に使用されていることを確認し、さらにそれを推進する、という薬剤師の役割を果たすためには、その調剤記録に加え、患者さんのヒアリングなどを通じて得た実際の服薬状況の情報、アレルギーの有無、副作用歴等、患者さん一人ひとりの服薬に関係する必要な情報を収集、そして管理する必要があるのです。

このような情報をうまく使う(薬歴管理する)ことによって、薬剤師のみならず、処方医へ情報のフィードバックにも役立てることができます。

薬剤師が薬歴管理を活かしてできること

薬剤師が薬歴管理をどのように患者さんのために活かすことができるのでしょうか。

薬歴に記録された過去の疑義照会や薬物治療が行われた上での問題点などは、その後に行われる疑義照会、そして服薬指導といった形に活かされます。

例を挙げれば、記録された患者さんとの対話内容から処方した薬の飲み忘れといったノンコンプライアンスの情報が得られた際には、仕事のサイクルといったライフスタイルのほか、患者さんのプロフィールを考慮したうえで、服薬指導を行います。

そこで一度の服役指導で終わらせず、その改善が出来たかどうかを次の服薬指導時に確認します。

その結果から必要に応じてもう一度の指導を試みたり、場合によっては、処方して医師にフィードバックすることで現在の治療方針への影響を直接確認するといった薬の専門家としての対応を行うのです。

特に高齢化、医療の高度化、そして専門化が進み、患者さんが自分から情報収集を行い、科や病院を選んで複数の医療機関や診療科に出向く患者さんが多くなっています。

基本的にかかりつけ薬局による一括管理が原則となっていますが、幾つもの薬局を利用している患者さんが多いのが現状です。

患者さんが高齢者であったり、受診している医療機関が多すぎることから、患者さん自身が把握できていないこともあり、患者さんからの聞き取りで現在の服薬状況すべてをきちんと把握するのは困難になっています。

そして、これが外来患者の薬歴管理のデメリットとも言えるでしょう。

できることなら、医療機関や調剤薬局で、お互いの抱える患者さんの情報を共有化できるようなシステムが確立されることが望ましいのですが、現時点では、お薬手帳の活用が最も適切とされています。

薬剤師には、その意義を患者さんに説明し、理解してもらい、患者さん自身が積極的に情報を管理することを心がけるようにすることも求められていると言えます。

多くのことが求められる薬剤師ですが、それを確実に行うためには、教育制度がきちんと整っていたり、集中できる環境があることが重要になります。

転職の際にそのような場所を見つけるためには、薬剤師の転職サイトに登録することがお勧めです。
ぜひ、登録して必要な情報を入手して転職活動を効率的に進めましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ