薬剤師の転職のタイミングで考えるべきこと

薬剤師の転職のタイミングというのは、非常に悩むものです。特に人数がぎりぎりの調剤薬局や、仕事の多い企業や病院職といった事情がある場合特にそうでしょう。

そのような場所での転職のタイミング、気をつけるべきこと、そして一般的なタイミングというものに関して見ていきましょう☆☆☆

薬剤師の転職のタイミングってだいたい何年目?

1

薬剤師が転職、タイミングで言うならば、おおよそ何年で転職しているのでしょうか?

薬剤師に関して言いますと、平均勤続年数は3年、とされていますので、基本的に3年目が転職を考え、転職活動開始のタイミングになりがちと言っていいかもしれません。

余談ですが、石の上にも三年、3年目の浮気など、3を元にしたことわざや言い回しが多いことから、薬剤師以前に人間として、どこか3という数字に当たる三年目はどこか気持ちの区切りになるのかもしれません。

3年目を過ぎると10年目、5年目と転職の多いタイミングが続きますが、やはり薬剤師に関しては他の職業に比べて全体的に短い期間で転職される、という薬剤師さんが多いです。

それは、やはり国家資格を持っていることからあまり就職に困らないということもありますが、同時に自分の理想の職場を見つけ出すために転職という手段を活用する人が増えてきたという事にもなります。

薬剤師が転職でタイミング良いとされるのはどの時期?

2

薬剤師の転職のタイミングというのは、仕事内容や現在の職場の状況によって少しずつ変わってきます。

最初の導入研修もしっかりしていて、ある程度人数にも余裕があり、きちんと新入社員を教育する流れが作られているのであれば、少し急な薬剤師の退職にでも対応できるでしょう。

しかし、仕事内容が複雑で引き継ぎに時間を要したり、そもそもぎりぎりの人数の薬剤師で仕事をこなしていると、なかなか転職を言い出せず、結局転職をしなかった、というような話もあります。

また、たとえ退職を申し出ても、もう少し働いてからにしてくれと言われ、もし転職先での仕事始め日が決まっているのであれば、その時期をずらしてくれるように頼まなければならないという迷惑をかけなければならなくなります。

こうなってしまうと、転職しなければよかった・・・と思うほどタイミングが上手く掴めず、バタバタしてしまうかもしれません。

そのようにならないためにも、転職する前にまずは自分の今の職場の状況を分析することが大切になります。

具体的には、2~3ヶ月前が転職申し出のタイミングだとされています。しかし、前述したとおり、バタバタなりそうな職場なら、時期に応じて早めに転職することを言っておくべきでしょう。

求人広告を出したり、面接を行ったりと会社側が準備する期間が必要になります。また、引き継いだ後任の薬剤師がある程度動けるまでを考えたら半年ほどでしょうか。

早ければいい、と思う方もいますが、逆にタイミングが早過ぎると会社側が対応に困るということもあるので、基本的に半年以内、2ヶ月以上が標準でしょう。

薬剤師の転職のタイミングって好きに設定できる?

3

薬剤師の転職のタイミングというのは、転職先となる会社側があなたをどれだけ欲しがっているかで融通が効くか効かないかが決まってきます。

そのため、転職先がいくら人材不足で急募の求人をたくさん出している地方調剤薬局などでも、前職での後輩への引き継ぎなどの関係であと2ヶ月待ってください、といっても聞き入れてもらえない場合があります。

逆にあまり募集を行っていないような研究職での転職であれば、数ヶ月待ってくれ、ある程度薬剤師の要望を聞き入れてくれる事があります。

これは、人材不足だから薬剤師であればいい、と考えている前者と研究を通してあなたが会社に貢献してくれると踏んでいる後者という大きな違いがあります。

前者のパターンになりがちな調剤薬局やドラッグストアはもちろん、面接などを通じてあなたの魅力を欲しがったでしょうが、薬局の運営がきちんと行われることが第一なので、その間にもし他に希望者が現れたらそちらにお願いしたいので、あまり先の約束はできないので、あまり長い期間開く場合はお断りしてしまう場合があります。

逆に研究職や病院など、経験や経歴を重視する後者の場合であれば、なかなか欲しい条件に合致するあなたは珍しいので、転職のタイミングに関しての融通はきかせてくれるでしょう。

4

もちろん、最もこのような考慮をしなくていいという方法は一度退職を行ってそこから転職活動を行うことです。

しかし、家族があったり、家賃の支払があったりと簡単に仕事をしない期間があってもいいというわけには行きません。

万が一再就職まで時間が開いてしまえば、ブランクとなり、転職希望先によっては不利に働くことになります。

そう考えるとやはり仕事をしながら平行して転職活動をすることが殆どの薬剤師の選択となるでしょう。

しかし、なかなかそれは難しいので、ここはぜひ薬剤師の専門転職サイトに登録をして、情報をきちんと取り入れつつ、できるだけ効率よくタイミングの良い転職活動を行いましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ