薬剤師の転職人気ランキングは地域差によって変わってくる?

薬剤師の転職先人気ランキングを単純に見てみると病院、調剤薬局、企業関連、ドラッグストアという風に続くのが一般的ですが、これはあくまでも平均の話なので地域によって人気ランキングの順位とその理由というのは変化してきます。

今回はその点に注目して、薬剤師の転職先人気ランキングを見直していきましょう☆☆☆

薬剤師の転職、人気ランキング上位の病院は田舎では就けない!?

1

薬剤師が転職で人気ランキングを見てみると、第一位にあるのが病院であることが多いです。

しかし転職する薬剤師の希望によっては、その地域には適合する病院がないということで結果的に転職人気ランキングに入っていても低い、または条件を満たす就職先がない、ということもあります。

基本的に都会であれば、患者の数、そして種類も多いことから設備も科も整っていることが考えられます。

ちなみに都会では同様の理由からも治験も行われやすく、治験に関わりたいと考えている薬剤師の転職者にとっては、都会の病院に就職したほうがその確率が高まるでしょう。

田舎になると、小さな病院があっても数は少なく、設備は整っていないことから重篤な患者さんが来ても手当ができないということで学生時代の知識や技術を病院でいかせると期待に溢れた状態で転職すると、仕事内容(できることの少なさ)にがっかりする薬剤師も多いようです。

田舎でも転職人気ランキングの上位に入る大きな病院といえば、大学病院がありますが、こちらの仕事内容となると、逆に小さな病院が対応できずに回してきた患者さんが集まってくるので、実力は磨けますが、今度はその多忙さゆえに人気が下がってしまいます。

そのことから薬剤師の転職ランキングにおいては、自然と田舎での病院の人気は下がってしまうと考えていいでしょう。

薬剤師の転職、人気ランキング第二位にある企業の特殊な事情

2

薬剤師の転職人気ランキングで第二位に登場する企業というのは、その企業、その職業によって拠点となる場所が変わってきます。

営業であれば営業先のある都会に集中しがちですし、CROやSMOも交通の便のいい都会に本社、支社を構えることが多いです。

品質管理といった工場勤務の薬剤師の仕事は工場の建てられる敷地のある田舎にありがちです。

それに対し、仕事内容が研究職の薬剤師であれば、研究施設がある場所であればよいですし、品質保証などの事務系の仕事であれば本社もあれば地方の支社でも働く可能性があるので一概には言えません。

このように、職種によって違いはありますが、そこまで地域によってランキングが変動するというのはありません

なにしろ、本社だけしかない、転勤はないなどの条件がない限り、いつ、どこに職場が変わるかわかりません。

そのため、ある程度都会でも田舎でも働けるという人が多いので、ランキングに関してはあまり関連しないと思っていいでしょう。

薬剤師、転職人気ランキングで都会で人気第三位なのが調剤薬局

3

薬剤師の転職人気ランキングの第三位辺りにあるのが、調剤薬局です。調剤薬局に関しては、単純に転職人気で言えば、都会の方が人気です。なにしろ、住みやすいからです。

田舎、と一言で言いますが、そのあたりに1つの調剤薬局しかない、移動には車が必須、コンビニがない、と言う環境は一度都会の便利さを味わった薬剤師には辛いものです。

また、仕事内容にも田舎の調剤薬局では常に同じ人が来るという特徴がありますので、コミュニケーション能力、つまりはその地域に馴染むという努力が必要になります。

職場ではもちろんですが、私生活でも関わっていくこともあります。

そのような環境が好きな薬剤師であれば良いのですが、出来れば仕事と私生活を分けたい、という薬剤師には、田舎への転職はストレスになるでしょう。

しかし、このようなデメリットを年収で薄めようと転職後の収入アップでカバーしている調剤薬局も出てきています。

もし年収目当てであるのであれば田舎への転職のほうがオススメですが、収入がいつまでもそのままなのか、働いているうちに年収が上がっているのか、を確認することが重要です。

退職金が分割されて収入に数えられていたり、サービス残業分が含まれているかもしれません。

従業員が少ない調剤薬局では特に一人あたりの作業量が増えてしまうので注意しなければなりません。

薬剤師の転職人気ランキング最下位のドラッグストアの事情

4

薬剤師の転職人気ランキングを見るとあまり人気の無いように見えるドラッグストアですが、実は非常に働きやすい仕事場なのです。

ただ、やはり薬剤師としての調剤や服薬指導以外にも多くの雑用が存在することから、そして世間的にも薬剤師にもなってドラッグストアなんて・・・という風潮から、敬遠されがちです。

しかし、実際にはドラッグストアの中でメインではないということから、逆にシフトが組みやすい、定時に帰れるといった特に女性に人気の条件が多く揃っています

最近では全国チェーンのドラッグストアが主流になっているので、田舎でも都会でも基本的に年収は一緒です。

やはり田舎では薬剤師自体が不足しがちですので、1店舗あたりの薬剤師の定員が少ないとはいえ、ドラッグストアには転職しやすいです。

ランキング自体に地域差は出ませんが、実はこの定員の少なさからドラッグストアは都会においては難関転職先の1つになっています。

そのことを考慮すると、薬剤師の飽和が懸念されている都会では田舎よりも人気がある仕事なのかもしれません。

このように地域差によって人気ランキングの順位が変わらずとも、内容が変わってくることが分かります。

そのため、同時に転職を目指す際の情報収集や面接や履歴書作製に対するコツも少しずつ変わってきます。

これは、特に初めての転職では自分でするのは難しいものです。まずは転職サイトに登録し、情報収集から始め、ランキングばかり気にせずに、効率よく転職活動を進めていきましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ