薬剤師の転職、回数が多いとやはり不利になるのか?

薬剤師の転職の回数というのは、他の職業に比べて資格がある分、多い傾向にあります。しかしいくら資格があるからといって、あまりにも転職の回数が増えてしまうと少々問題です。

そのような問題が生まれてしまう原因などを挙げるとともに、今後の転職事情と転職回数がどのように絡んでくるかを見て行きましょう☆☆☆

薬剤師の転職で回数は年代別で変わってくる?

薬剤師の転職の回数というのは、どのようになっているのでしょうか。

年齢別に見てみると、20代における薬剤師の勤続年数は3年ほどなので、30代になると薬剤師の勤続年数は平均すると7年ほど、40代の勤続年数は10年ほどとされています。

全体から見て、薬剤師の転職回数は多くて三回という人が多いという統計結果が出ています。

そして、薬剤師の転職の回数というのは、歳が上がるに連れ、平均転職回数が減少すると言われています。

それは、単純に歳が上がるに連れ、どうしても転職が難しくなるということもありますが、やはり以前であれば、転職をすることがあまりよいイメージが持たれていなかったということもあります。

そして、その年代の方が人事を行うということで、どうしても転職自体に偏見は残っています。

もちろん、最近の風潮もあって転職についてとやかくいう人は少なくなっていますが、やはり転職回数があまりにも増えてしまうと、薬剤師本人になにか問題があるのではないかと疑われてしまいます。

また、仕事の評価以外にも、カードのキャッシングを行う際でも、勤続年数というのは、カード利用の限度額に影響するということから、日常生活にも何かしら影響をおよぼすことが考えられます。

理想の職場に就くために転職を行うことは決して悪いことではありませんが、転職の回数を増やしすぎてしまうと悪印象の原因になります。

薬剤師が転職、回数が増えてしまう原因と今後の展開

薬剤師の転職の回数が増えてしまう理由の大部分が人間関係によるものだと言われています。

特に調剤薬局は人間関係がこじれやすく、そして転職をしやすいということから転職を考える人が多いという特徴があります。

転職しやすいというのは、CROでのCRAやMRでも見られる転職回数が増えてしまう理由の1つです。

転職の度に年収が上がる、といったような条件もあるため、転職を昇給の一つの手段と考える薬剤師もいます。

しかし、この方法も年齢を重ねてしまうとなかなか通用しませんし、最近では大手が小さい会社を吸収し、新卒育成に力を入れていることから、よっぽど実力がないと自由に転職が容易に行かないという時代に入ってきています。

転職は数をこなして理想のものに行き着くのではなく、効率よく1回で理想に近づけるような転職が必要なのです。

薬剤師の転職、回数が増えるとやはり就職に不利になる?

薬剤師が転職の回数が多いと、どうしても転職は不利になる傾向があります。そのため、履歴書の作成や面接の際に嘘をつく人がいます。

運動をしているので体力には自信があります!(週一にちょっと散歩するだけ・・・)であったり、海外旅行で文化交流するのが好きです!(韓国でコスメを買うのが好きです)

というのであれば、いってしまえば受け取り手の解釈の仕方なので、決して嘘はついていません。あえていうならちょっと盛っているといったものでしょうか。

しかし、履歴書で就業年数をごまかしたり、転職の回数を減らすために就業経験をなかったコトにするなどを行った際には、のちのちバレれば問題になります。

基本的にクレジットカードの申請のように審査というものがないので、いちいち昔の職場に確認を取るような場所はそこまでないでしょうが、万が一知り合いの知り合いの知り合い・・・

といったような予想もつかない方法でバレてしまい、非常に気まずい思いをする可能性があります。

即クビ、というのはないでしょうが、信頼関係にヒビが入ってしまい、新たに転職する原因となってしまうやも知れません

後々の事を考えて経歴は素直に書きましょう

薬剤師の転職 回数というのは、転職をしにくくしてしまう場合もあるので、前述したように効率よく転職先を決めることが重要です。

それを行うには、きちんと就業先が自分の求める条件を盛っているかどうか見極めることです。

人間関係などは求人誌からは判別しづらいので、薬剤師転職サイトに登録し、転職エージェントなどに、以前の転職理由をおっしゃってください。

どのような人がいるか、どのような社風なのかを事前に調べてもらうといいでしょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ