薬剤師の転職で外資系を考える際の注意点とは?

薬剤師の転職で外資系企業を考えると、日本の企業と比べてどのような違いがあるのでしょうか。

イメージとしては、給与面や待遇面などがありますが、どのような点で異なるのかを、比較していきますので、転職の参考にしていきましょう☆☆☆

薬剤師、転職で外資系企業を見ると給与は高い?

薬剤師の転職で外資系を考えると、製薬企業が殆どになるでしょう。

そして、その外資系の製薬企業は、給与が高いことで知られています。

しかし、この外資系の高い給与は、努力、実力次第であるということを忘れてはいけません。

年功序列制がまだ色濃く残っている日本企業と異なり、外資系企業の場合、実力主義が大きくなるため、成果を上げれば上げるほど、その見返りとして給与や待遇がよくなると考えていいでしょう。

しかし、逆を言えば、外資系で結果が出せなければ、日本企業ではなかなかないリストラに遭うことも考えられます。

外資系の求人誌を見ていると、年収1000万円以上といった記述も多いですが、あくまでも成果があった薬剤師と思っておくと無難でしょう。

薬剤師、転職した外資系企業で重要なのは自己管理能力

薬剤師が転職で外資系企業に行く場合、日本ではなかなか無い福利厚生面の手厚い待遇が期待できることがほとんどです。

最近では日本でも取り入れ始められた生理休暇はありますが、日本では概念すら珍しい、1週間4日勤務の勤務体制や、フレキシブルな勤務時間が設定できるフレックス制が完備されている会社が多くあります。

これはある意味、成果さえ挙げれば良い、という根本の考えがあります。

仕事がなかなか出来なくとも、きちんと出社すればいいという日本古来の考えとは少し異なることです。

外資系は休みが多い、自由に予定が組めるということは逆に自己管理ができることが大前提にあるといえるでしょう。

そのため、外資系はそのような環境での仕事が苦手な薬剤師にとっては少し厳しい環境になるといえます。

しかし、そのような状況でこそ力を発揮できるという薬剤師にはピッタリです。

薬剤師の転職で外資系なら英語が必須?

薬剤師の転職で外資系を考える上でさけて通れないのが、英語力です。

外資系企業では、場合によっては、上司の方が日本人でないことが多くあります。

そして当たり前のことですが、ビジネスの場であるので、日常英語以上のレベル、専門用語を用いたレベルの英語が必要になります。

報告書やメールといった連絡も英語で行う必要があります。

また、お客さんとなる取引先との交渉も英語を使う可能性は非常に高いです。

そのことから、募集の際にTOEICの点数を必要条件に挙げている外資系企業は多いです。

では、薬剤師は英語が出来なければ外資系の就職は無理なのでしょうか。

実は、希望は少しあります。

外資系でも、企業によってはあまり英語を使用しないところもあります。

しかし、その代わりの条件としては、製薬企業での就業経験や、CRAの経験などがあり、英語の条件よりも厳しく感じるかもしれません。

そのため、結論付けるのであれば、やはり一番大事なのは英語力といえるでしょう。

薬剤師が転職で外資系の会社に挑戦することは不安を伴うものかもしれません。

しかし、会社によっては英語の力をつけるためのサポートが完備されているところも多くあります。

簡単な勉強会や本格的な講習会、さらに留学援助など、様々な形があります。

薬剤師国家資格を持っていて、更に英語でのビジネスが可能となると、非常に企業にとっては魅力的な存在で、そのような存在を確保するためには、企業もサポートを惜しみません。

しかし、すべての会社がそうであるわけではないので、きちんと見極める必要があります。

そこでおすすめなのが、薬剤師のための転職サイトです。このような転職サイトでは、詳しい仕事内容を入手することができます。

もし外資系への転職を考えているのであれば、まずは薬剤師転職サイトへの登録から始めるのがお勧めです。

より確実に欲しい条件の揃った会社を見つけるには、薬剤師転職サイトのコンサルタントなどを活用してもよいでしょう。

いずれにしろ、薬剤師転職サイトを使用した転職が良いでしょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ