薬剤師の転職で妊娠をきっかけに考える転職

薬剤師で転職を妊娠をきっかけに考えるというのは珍しいものではありません。

しかし、妊娠というのはある程度計画できるとはいえ、確実にいつになるかわかるようなものでもなく、その後に産休、育児休暇を取得するか、むしろそもそもできるのかなどを考える必要があります。

そのような状況が考えられる妊娠による転職についてどのような注意点があるのかを見て行きましょう☆☆☆

薬剤師の転職、妊娠に関して考えるべき選択肢

薬剤師が転職を妊娠してから考える、というのは少々行き当たりばったりになるかもしれません。

女性の多い薬剤師だからこそ、多くの職場では産休、育児休暇をとりやすい環境を持った職場が多いですが、職場によってはあまり選択肢がない場合もあります

そこで妊娠を考えて、もしくは妊娠したから、転職したい、もしくはしなければならない状況が生まれます。

女性薬剤師が考慮すべき転職のタイミングの選択肢としては、3つが挙げられます。

まずは、結婚した後も働いて、妊娠、もしくは出産というタイミングで一旦仕事を辞めて、育児が落ち着いてから転職活動を行うという選択。

結婚、妊娠した後も働き、育児休暇を取得した後職場復帰し、そこでしばらく働いてから子どもの成長が落ち着いたら転職を考えるという選択。

そして、結婚したら早い段階で女性薬剤師に優しい職場に転職して、そこで妊娠、出産を迎えるという選択です。

薬剤師の転職で妊娠をきっかけに考える転職のメリットデメリット

薬剤師の転職で妊娠を機に仕事を一旦止めるという選択肢でのメリットは、理由が明確であって円満に退職しやすいということがあります。

そしてデメリットは就職中に出産、育児をしないので当たり前ですが、出産手当や育児手当といった手当がもらえないということでしょう。

もちろん、雇用保険に入っていればもらえますが、出産と育児という出費の多い時期に向けての収入の大幅な減少による貯金の減少は避けられません

現在の職場で産休、育児休暇を取得してからの転職活動のメリットは、やはりなんといっても仕事を続けられることでの収入、そして安定性でしょう。

もちろん、現在の職場がそれらの制度を完備している前提です。

この方法のデメリットは、はじめからちょっと働いてから辞めるつもりで育児休暇を取得する、というのはやはり、社会的にはあまりよろしくないので、円満退職とはいかないかもしれないです。

結婚を機に転職を考えるのは最も一般的で、勧められる方法であると言えます。

ただし、転職した後にすぐに妊娠してしまうと、産休、育児休暇が取りづらい、仕事がやりづらいというデメリットがあるかもしれません。

しかし、やはり早い段階で今後を見据えた転職をするのは気持ち的にも余裕が持てるのでその点ではメリットであるといえるでしょう。

それでも結婚や妊娠などの状況は人それぞれでしょうから、色々な方法があると思います。

薬剤師の転職専用サイト運営会社などでは、そういった相談を受け付けてくれたり支援してくれるところもあるので、利用してみるのも手です。

薬剤師の転職、妊娠のタイミングで考えられるデメリット

薬剤師の転職で妊娠を考える際に、ひとつ注意点があります。

育児休暇や産休は会社に制度さえあれば休暇を取得できると考えるのは危険です。

実は、育児休暇や産休がとれるかどうか、というのは入社1年というラインによって変化します。

産休の場合、労働基準法では産前の6週間、双子以上の妊娠の場合は14週間は、妊娠中の女性が請求した場合において休暇を与えなければならないとあります。

また、産後8週間は本人からの請求を問わず、原則として休暇を与えなければならないというルールが有ります。

そのため、法令に基づいた産休については、この一年のラインに関係なく、取得することが可能。

問題は、育児休暇の場合です。

育児・介護休業法に基づいての育児休業は、母親の女性社員の場合は、通常、産後8週間が経過した日に開始し、子どもが1歳に達するまでになります。

ただし、保育所への入所ができなかったといった場合などは、1歳6か月に達するまで取得をすることが可能になります。

この休業申出があった場合は、会社側は原則として拒否は不可能です。ですが、次の場合には例外として、会社は申出を拒否することも可能になります。

それは、育児介護休業法第6条により、当該女性社員が育児休業の申請をした日が、入社日から1年未満の日であった場合、かつ、労使協定がある場合です。

妊娠した後のトラブルを避けるためにも、このようなルールを念頭に置いた転職活動が重要です。

そこでオススメとなるのが、薬剤師専門の転職サイトです。

コンサルタントと相談しながら転職活動を行うことによって、第三者を交えて妊娠を含めた先々のことを考えられます。まずは登録から始めてみてはいかがでしょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ