薬剤師の転職、必要書類の作り方

薬剤師の転職の必要書類といえば、履歴書があります。

薬剤師に限ったことではありませんが、履歴書は転職の際には必ず必要な書類であり、それゆえ、最低限履歴書を書くときの基本事項を踏まえておかないと、採用担当者に常識がないと判断されてしまう場合もあります。

では、どのようなポイントに注意した方がいいのか見て行きましょう☆☆☆

薬剤師の転職、必要書類で手書き必須な履歴書

薬剤師の転職の必要書類、履歴書を書くときのポイントは、就職活動をしたことがある人ならわかるかもしれませんが、未だに手書きの履歴書を必要書類として要求する会社は多いです。

そのため、転職の際に履歴書の手書きやワープロ打ちの指定がなくとも、手書きが暗黙の了解になっている場合がほとんどです。

そして、手書きだとやはり性格が出るので、丁寧に直筆で書く事が大事です。

字に自信がなくても集中して丁寧に書けば、それは面接官にも通じます。

書き損じた場合は、修正ペンなどで消そうとせずに、新しい紙に書き始めることが良いです。

薬剤師の転職、必要書類に貼り付ける写真の注意点

薬剤師の転職の必要書類に貼り付ける写真は、プリクラなどは使わず、証明写真機などの証明写真が好ましいです。

しかし、使用する写真は3ヶ月以内のものがよいでしょう。

またあまり今の外見からかけ離れているような写真であれば、使用は避けましょう。

写真に映る表情の話をすると、口を開けて歯が見える状態で笑うのはオススメしないですが、無表情よりかは、やはり少しは表情がある方が良いです。

口を閉め、少し口角が上っていると良いでしょう。

あまり写真に写らない服装ですが、軽く見てはいけません。

男性はスーツをきちんと着用し、なおかつボタンは全部閉めましょう。写真に写らないからといって、一番下のボタンをはずすのはやめましょう。

そのまま撮影すると、写真から見える部分のスーツが着くずれしてしまい、きちんとした印象を与えてくれません。

女性の場合、メイクが重要になります。

メイクは人を美しく見せるだけでなく、きちんとした印象も与えるので、いくらすっぴんに自身があっても、少しはメイクをすることをオススメします。

しかし、メイクをしすぎるのも問題です。清潔な印象が与えられる程度と色を見つけましょう。

企業側で、必要書類一式はコピーをして回され、その際に白黒になってしまう場合があります。

その際に印象が悪くならないかどうか、一度白黒コピーしてみてチェックしてみるのがコツでしょう。

薬剤師、転職の必要書類の職務経歴書

薬剤師の転職の必要書類の職務経歴書の書き方で注意するのは、履歴書と違い、丁寧さなどではなく、あくまでも見やすさなので、パソコンでの作成がおすすめです。

特に決まった書式というものはありませんが、パッと見て、経歴や見やすいかどうかが重要点です。

職務経歴書はパソコンで書くことがお勧めですが、名前だけは手書きが良いでしょう。

記載方法は時系列が基本ですが、もし様々な分野での経験があり、それらがアピールポイントにもなるのであれば、その種類ごとにかくといった工夫もよいでしょう。

職務経歴書に書く内容としては、ただ、個々の会社のこの部署にいました、だけでなく、より具体的にどのような仕事を担当していた、ということがよいでしょう。

例えば、薬局薬剤師であれば、前職、もしくは現職の処方箋の受付枚数、薬剤師の配置数、そして処方科目といった情報です。

また、管理薬剤師、薬局長といった仕事を経験していれば、調剤業務ではなく、マネージメント能力があるというアピールポイントにもなります。

薬剤師、転職の必要書類の志望動機や自己PRは情報収集が鍵

薬剤師の転職の必要書類の中でやはり最も重要になるのが、履歴書に書く志望動機と自己PRでしょう。

なぜ数ある企業の中でどうしてこの会社を選んだのか、というところを面接官に納得させ、さらに自分を会社の一員としてほしいと思わせなければなりません。

よく使われる文句として、その企業の方針に感銘を受けた、パンフレットなどの〇〇という言葉に共感した、ということがありますが、それだけではなく、具体性が必要です。

その感銘や共感を受けた部分が、自分にとって将来的にどのように役立つのか、自分の言葉で示す必要があります。

例えば、自分のキャリアを遂行しやすいように、様々な講習が用意されているのであれば、この講習を受けてこのキャリアプランを遂行したい、といったものです。

このような理由を見つける為には、まずは内定を狙う会社の情報収集が必須です。

その際におすすめとなるのが、薬剤師転職専門サイトへの登録です。

ホームページなどでの情報収集だと心もとない際には非常に心強いです。

また、会社の内部情報を提供してもらうことで、相手先が欲しいと思っているような生かせる経験やスキルがあるかのかということがあります。

それがわかれば、自己PRを有利に書くことが出来ますし、必要書類についての相談にも乗ってもらえます。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ