薬剤師の転職、未経験の40代が行う時の注意点とは?

薬剤師、転職を未経験で40代が行うにはコツが必要です。

薬剤師の転職で未経験、40代というキーワードで考えると、残念ながら転職がしやすい薬剤師業界でもなかなか簡単には行かないものです。

しかし、どのような仕事か、実績や経験があるか、などを理解する事によってその可能性を一気に上げることが出来ます。

そのコツを押さえつつ、未経験40代の転職実情を見て行きましょう☆☆☆

薬剤師の転職、未経験で40代なら難しいのは?

薬剤師で転職を未経験で40代以降に行うのであれば、病院や企業への転職はかなり難しいでしょう。

なにしろ新卒でも最近は難しくなっているので、未経験でさらに40代となると、一から仕事を教えたところでどこまでついてこれるか、そしていつまで務まるのか、というのは採用側にとっては大きな不安要素です。

とはいえ、企業と病院を比べたならば、企業よりはまだ病院のほうが40代でも未経験で転職できる可能性があるといえます。

ただし、急性期病院への転職は40代で未経験であれば難しいです。

ですが、少し仕事内容も限られ、余裕のある療養型病院でしたら40代でもそれほど不利ではありません。

重要となるのは、病院、企業での経験がなくとも、その他の経験でカバーできるというアピールと、いかに自分がこの先努力できるかを採用担当者に伝えることです。

企業になると、残念ながらもともと転職に年齢制限が設けられていたり、同職業での実績を求められることもあり、そもそも志望できない場合もあります。

しかし、CRAやMRであれば、40代なら充分な社会人経験アリということで応募ができることもあるので、治験や医薬品の情報管理に興味があればおすすめです。

このような職業であれば中途採用者に対してもきちんとした研修制度が準備されていることが多く、それらをきちんと受け、身につけて活用できることをアピールできれば内定取得の可能性を高められるでしょう。

薬剤師の転職、未経験で40代でも成功可能性が高いのは?

薬剤師の転職で未経験、40代でするならおすすめなのは、どのような職業なのでしょう。

やはり、どの年代でもおすすめされるのは、薬剤師にしか就けない仕事、調剤薬局とドラッグストアです。

では、まず調剤薬局の転職事情から見ていきましょう。

調剤薬局は、狭い薬局内の環境や見た目は同じことの繰り返しをしていることから、負担の少ない職場、というイメージをお持ちの方が多いかもしれません。

しかし、それは大手の調剤薬局チェーンには当てはまりません。

新しい医薬品がどんどん追加され、それについて覚えなくてはいけないことが多く、仕事時間外でも勉強が欠かせません。

また、未経験でなくとも、長い間現場から離れている場合も一緒ですが、最近では機械を用いて薬歴の記入や処方薬の詰め合わせを行っているので、それらの操作が難しいと感じるとストレスになるでしょう。

40代の薬剤師がこうした勉強を負担に感じられる可能性があるのであれば、未経験でも未経験でなくとも、注意が必要です。

また、最近ではデイケアセンターといった高齢者施設が増え、それらの施設し対応して一気に処方箋をこなさなければならないタイミングが多くなっているので、集中力が必要とも言えます。

調剤薬局の中でも40代にとって気持ち的に負担の少ない調剤薬局を探したいのであれば、中堅の病院やクリニックの門前薬局です。

そこでは扱う調剤の分野の種類が少ないので勉強の負担はありませんが、逆に向上心のある方はモチベーションをそがれるかもしれません。

ドラッグストアであれば、仕事は難しいことはそこまでないのですが、40代かどうかよりも性格の向き不向きによる難しさは、人によってはあるでしょう。

営業時間が長いドラッグストアが多く、基本的に休みが少ない場合が多く、肉体労働の場面があります。

さらに人によっては、ドラッグストアでは調剤薬局勤務よりもお客さんに近い立場にあるため、精神的な負担を感じるかもしれません。

他にも、ドラッグストア薬剤師の場合、OTC販売や棚卸しやレジ打ちといった店舗の雑用を任されることが多く、薬剤師免許を活かして他の業界で働いていた方からすると、若い世代よりも40代のほうが、プライドを傷つけられたと感じるかもありません。

調剤薬局やドラッグストアへの就職希望であれば、人手不足ということもあり、きちんと必要な書類を揃え、誤字脱字をしなければ、基本的に内定をもらえる可能性は高いでしょう。

しかし、立地が良かったり、人気の店舗であると難しくなるので、その際にはやる気のアピールが内定をもらえる可能性を上げる鍵となるでしょう。

上記では、やる気や書類の不備を避けることで就職のための内定をもらえる確率を上げる事が重要としてきましたが、やはり会社ごとに特色があり、それらを網羅するためには、’情報’が肝です。

その情報を手に入れるためには、その背景が未経験なだけになおさら、薬剤師専門の転職サイトに登録することがおすすめです。薬剤師転職サイトは、未経験による穴のある情報を埋めてくれます。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ