薬剤師の転職で漢方に関わりたい場合、必要になる事って?

薬剤師の転職で漢方に関わりたいという人が増えてきています。

そもそも、漢方というものは以前からあったものの、その効果はあくまでもおばちゃんの知恵袋、といったような科学的根拠に欠けるものとしての扱いが多少ありました。

しかし、最近ではその効果は見直され、薬学部や医学部においても漢方は必須授業となっています。その重要さを踏まえ、どのようにしたら漢方の世界で働けるのかを見てみましょう☆☆☆

薬剤師が転職で漢方薬を使いたいなら、調剤薬局が推奨されます。

薬剤師の転職で漢方分野に関わりたいのであれば、漢方薬を扱う調剤薬局への転職が最も近道になると考えていいでしょう。

キャリアアップとしても活用されている方法として、認定制度がいくつも存在していますが、漢方を専攻するのであれば漢方薬・生薬認定制度がオススメです。

認定制度として、漢方薬・生薬認定薬剤師というものがあることから、この資格が無いとそのような場所で働けないと考えている人もいるようですが、実際にはとりあえず就職してからこのような資格を目指す人のほうが多いです。

なにしろ、この認定薬剤師というものになるには、様々な条件があります。

その中には、研修センターと生薬学会の実施している9回に渡る講義研修、そして1回の薬用植物園実習の研修を受けなければいけません。

そして最後には試問によってきちんと実力が身についているかどうかを審査され、合格すれば、晴れて漢方薬・生薬認定薬剤師となるのです。

このように、時間的にも拘束があり、出席率も8割以上と定められているので、勤め先がある程度理解がないと難しいものがあります。

そのため、一度漢方薬を扱う調剤薬局に勤めることが最短の道と言えます。

薬剤師が転職し漢方調剤薬局を開業するためには

薬剤師の転職で漢方の仕事をする、というのは何もどこかに就職する、という選択肢しかないわけではありません。

独立して漢方専門の調剤薬局を経営するという手があるのです。もちろん、未経験からのスタートでは少々心もとないので、資格をとることがオススメです。

薬局にかぎらず、どのようなお店でも自分の店で扱う商品には精通していないとトラブルの原因となります。

また、漢方関連でなくとも、一度薬局などで管理薬剤師を経験しておくことで従業員をまとめるマネージング能力を鍛えることもオススメです。

また、薬局を経営するためには管理薬剤師を1人設置しなければならないので、自分自身がその管理薬剤師となれば、とりあえずは独立への第一歩を踏み出せる、という点でも非常に良い方法です。

薬剤師が転職、漢方分野で独立するのであれば、必要な物って?

薬剤師が転職して漢方を専攻したいと考えると、いくつか条件があります。

まず、調剤薬局には1店舗につき、管理薬剤師としてかならず1名が登録されていることが必要です。

前述したとおり、独立した本人が薬剤師の場合、この条件は満たしているのですが、やはり管理薬剤師の経験は重要でしょう。

また、ある程度の売上を上げるのであれば、従業員、つまりは他の薬剤師を雇う必要があります。

なにしろ、40枚の処方せんをさばくのにつけ、薬剤師が1人必要となり、これは法律で定められています。

さらにアルバイトで雇う場合にはシフト制を作るなど雑用が増えてきます。

また、開業する際には調剤薬局を開くための不動産の物件、売る医薬品などの商品、そして調剤に必要となる機器があります。

これらを入手するために必要になるのが資金、そしてコネです。

資金はわかるけどコネ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はコネは重要なものです。

特に門前薬局を作る際には、病院の医師とのつながりがあると、病院の方から調剤薬局を薦めてくれたりとある意味商品宣伝がうまくいくようになります。

そのため、CROやMRなどを通じて病院との取引経験があれば非常に良いので、何も調剤薬局の経験が少なくとも、コネの心配は処理できると考えられます。

転職というのは理想の職場に就くための手段ですが、理想の職場を作るための経験を積むために転職を行うという手があります。

しかし、このようなことは計画性、そしてその計画をたてるための情報が必要です。そこで活用していただきたいのが転職サイトです。

特に薬剤師専門の転職サイトというのは、薬剤師に向いた情報がありますし、登録して転職エージェントに依頼することで非公開情報を得ることが出来ます。

より目的に則した転職を実施するためにも、まずはこのような転職サイトに登録してみましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ