薬剤師の転職の現状というのはどのようなものなのか

薬剤師が転職、現状からどのようなことが汲み取れるのか。

薬剤師の転職の現状といえば、需要は非常に高く、薬剤師の求人が見られない日はないといえるでしょう。

そのため、薬剤師の現状というのは、簡潔に言うと、非常に転職しやすいものであると結論づけていいでしょう。

しかし、転職しやすいからと言う理由だけで転職をするのはおすすめできません。

長い履歴書は定職に就く気がない、などといった不安を雇用者側に抱かせてしまいます。

そうならないためにも、現在の薬剤師転職の現状からあなたにぴったりな転職先を見つけていきましょう☆☆☆

薬剤師 転職の現状、その理由と対策

薬剤師の転職の現状を象徴するそもそもの薬剤師の転職理由というのは、どのようなものなのでしょうか。

必ず転職理由の上位にランクインする項目としては、職場環境というものがあります。

じつは、これは特に薬剤師だから、ということではなく、他の仕事にも共通することです。

仕事内容から、対応するお客さん、そして同僚と、上司や部下との人間関係など、内容は様々ですが、職場の環境は日々のモチベーションに直接関わってくるものです。

もちろんのこと、年収といった項目も重要ですが、病院薬剤師のように必ずしも高給取りと言えないけれど日々充実している、と言う声もあります。

また、年間休日数が多くてもその少ない出勤日が憂鬱であれば逆にストレスになってしまいます。

そのため、転職の際によりよい給与を、より休日を多く、といった理由で転職先を選んでいるとせっかく転職に成功したはずなのに職場がしっくり来ず、せっかく条件の良いところなのにまた転職を検討している、なんてこともあります。

それでは、転職の際にどのような点に注意して転職を検討したほうが良いのでしょう?

薬剤師が転職、現状を考えて希望条件を整理しましょう。

薬剤師、転職の現状を考慮しつつ、自分の考える理想の転職先を見つける必要があります。

転職を行う際には、きちんと自分の希望する条件を明確にすることが重要です。

もちろん、希望条件は出しますが、それ以外にも、妥協可、絶対譲れないといったものを詳細に並べましょう

職場環境というのは、特に人間関係となるとなかなか求人票から汲み取れるものではありません。

しかし、希望の職場条件を得ることは職場環境を良くすることにつなげることが出来ます。

やはり休みが少なく、ストレスが溜まりやすい職場であれば、薬剤師同士の人間関係がギスギスする可能性が高いですし、給与が低ければそれで不満が職場に出てくることも考えられます。

そして門前薬局や専門分野のある病院などになれば、分野によっては、精神的につらいものがあります。

そのため、職場の条件をきちんと考える事が、理想の職場に近づく第一歩といえるでしょう。

薬剤師の転職で現状からわかる職種別転職難易度と対策

薬剤師の転職の現状も交え、ここまでは薬剤師全般についての転職事情、そして転職方法を大雑把に解説してきましたが、では仕事によって転職事情は変わるのでしょうか?

確かに需要の高い薬剤師ですが、残念ながら、その価値というのは職場によって変わってきます

例えば、調剤薬局では確実に薬剤師でないとそもそも雇えないので、非常に価値が高くなり、それにともなって就業条件は自然と良くなります。

特に田舎の中小薬局など、知名度が低いことからなかなか薬剤師が集まらず、ほとんど来る人拒まず、というところもあるので、内定取得率はほぼ100%と言っていいでしょう。

これは、ドラッグストアについても同様ですが、調剤薬局ほどの人数を要しないので、募集数は若干減ってしまうでしょう。

それに対して企業などになれば、確実に薬剤師でなければならない、という場合が少ないので、ある程度面接や履歴書対策を考えていかないと採用は難しいでしょう。

また、病院薬剤師であれば、薬剤師でなければならないから必ず就職できるような気がしますが、やはり人気が高いことから内定率は低くなってしまいます。

そのため、転職を成功させるためには、もちろん職場環境が重要ですが、まずその職場から内定をもらうための努力が必要になります。

そのため、例え自力で職場に欲しい条件を並べたとしても、その後は薬剤師転職サイトなどに登録し、コンサルタントの力を借りましょう。

職場選びはもちろん、面接や履歴書を書く際のポイントなどを教えてもらうことが出来ます。

自分自身で行う情報収集というのは、あくまでもネット上で拾えるものである場合が多いので、非公開の情報を手に入れられるプロ、そして薬剤師転職サイトのちからもフルに活用して理想の職場への転職を成功させましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ