薬剤師の転職理由、その理由と原因、さらに解決方法とは?

薬剤師の転職理由は様々です。その中でも、いわゆる表と裏の転職理由というものが存在します。

それを使い分け、もしくは組み合わせることで転職活動を始めるかどうかの決断をしたり、転職活動を有利にすすめることが可能です。

とにかく、転職活動を始めるかどうかは大きな決断です。

先輩薬剤師がどのような転職理由で転職活動に踏み切ったのか、そしてどのような動機で今の職場に入ったのかを統計的に見て行きましょう☆☆☆

薬剤師の転職理由、その表と裏の理由

1

薬剤師の転職理由はよくランキングなどで見ますが、ほんとうに色々ありますよね。

しかし、その中でもポジティブな転職理由とネガティブな転職理由、つまり表と裏の転職理由があるのです。

ポジティブな転職理由としては、もっとスキルアップしたいから様々な薬を扱えるもっと大きな施設に移りたい、もっと別の施設形態、別の職業に挑戦にして自分を磨きたい、等が挙げられます。

これらは聞いていても気持ちのいい転職理由ですね。

しかし、就活や転職活動をしたことがある薬剤師ならわかるでしょう。転職活動をする動機はこのような明るい転職理由だけではないということが。

もっとスキルアップしたい、という転職理由は、裏を返せば今の職場にそれ程の設備が揃っていないということです。

別の勤務先に、別の仕事に就きたいということは今の仕事でない、しいていえば今の仕事場でない所で頑張りたい、ということが考えられます。

また、全く違う理由、つまり引っ越しを機に職場が遠くて通勤が辛い、職場の人間関係が上手くいっていない、などの転職理由もあります。

もちろん、必ずしも裏の転職理由があるというわけでないでしょうが、考えてみれば、不満がなければ薬剤師も転職など考えません

薬剤師 転職理由で挙げられる人間関係、注意すべきは調剤薬局?

2

薬剤師の転職理由で調剤薬局において上位に常にランク・インするのが人間関係に対する不満です。

狭い人間関係だと、人と足並みを合わせることや、お互いへの干渉具合で様々なトラブルを引き起こします。

それが例え自分自身に降りかからずとも、人が少ないために、遠巻きで我関せず、ということが難しく、結局、巻き込まれてしまったりすることで不満が生まれ、転職を考えるきっかけとなります。

もちろん、これだけであれば、全国チェーンの店舗がある会社であれば、わざわざ転職せずとも店舗異動で済む問題です。

しかし、これが仕事自体に対する不満、もっと臨床的に挑戦できる環境で働きたい、という理由となれば、調剤薬局であればなかなか難しい問題です。

これは転職でしかカバーできない問題でしょう。

薬剤師 転職理由がたくさんあるドラッグストア、その理由とは?

3

薬剤師の転職理由、ドラッグストアでは、調剤薬局でも見られる人間関係というのもあります。

ただし、ドラッグストアでは、薬剤師同士ではなく、従業員同士、お客さんとの関係に悩む薬剤師が多いです。

そもそもドラッグストアにいる薬剤師はそれほど多くありません。むしろ1店舗に1人というのが通常です。

そのため、必然的にドラッグストアの従業員、販売員であったり、バイト生であったり、店長であったりと一緒に働くことになります。

同じ薬剤師と固まることも出来ず、なんとなくいつも1人でいると、どうしても孤独になってしまったり、薬剤師としてのプレッシャーを感じたり、してしまうとここは自分に合った職場ではないのではないかと考え、転職を検討するでしょう。

また、会計や品出しといった薬剤師の仕事、という印象を持てない仕事を任されることに苦痛を感じる人もいます。

ドラッグストアで昇進すると、店長となり、ますますそのような、いわゆる雑用は増えていきます

それを考えると、責任あるそのような立場になる前に転職するのが自分にも、まわりの人にとっても良い事でしょう。

薬剤師の転職理由、必ずしも自分の不満などが原因とはならない?

4

薬剤師の転職理由、病院や企業では、もちろんドラッグストアや調剤薬局であるような人間関係の理由も多いですが、その中でもやはり仕事の大変さが転職理由となっている場合が多いです。

完全週休2日制、残業なしといったドラッグストアや調剤薬局が多い中、そのような条件のある病院や企業はなかなか無いでしょう。

そのため、結婚や出産を機に辞め、調剤薬局やドラッグストアに転職する女性薬剤師は多くいます。

むしろ最近の理想コースとして挙げられているルートでもあります。

若く、体力がある内に稼いで、あとはゆったりと調剤薬局などで小遣い稼ぎで働く・・・確かに合理的ですね。

逆に転職せざるを得ないと言う場合も存在します。

特に大きくて忙しい病院になると、育児休暇などをとっている間にそのポストを開けたままにしておくというのは難しかったり、ブランクがあると勘が鈍ることから復帰がなかなか出来ない職場のため、仕方なく転職した、と言う薬剤師もいます。

企業でも同様ですが、やはり育児休暇などを備えている勤務先でも、仕事によってはそのポストに人がいることが不可欠であったり、ブランクがあると仕事に支障が出ると判断されると復帰は難しいものです。

このように、様々な転職理由がありますが、その転職理由をしっかりと認識することで転職活動のモチベーションにも繋がります。

また、薬剤師転職サイトでは、どのような職場であるか、具体的な仕事内容、職場の雰囲気などを載せているところがたくさんあります。

その中から自分の理想としている物を見つけることもモチベーションになります。サイトの中で理想の転職先を見つけましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ