薬剤師の転職で田舎と都会での働き方の違いって?

薬剤師が転職で田舎に移る、となると、給料アップや実家からの通勤など、多くの目的がありますが、都会から田舎に移るということには様々な覚悟をしなければならないことがあるということを知っておくべきでしょう。

特に都会で仕事をしていると驚くこともあるので、それらの点も考慮しつつ、田舎への転職事情を見て行きましょう☆☆☆

薬剤師の転職で田舎への移動の理由、そして目的

薬剤師が転職で田舎に行く、というのにはいくつかの理由が考えられます。

その1つが、より給料の良い仕事を求める場合です。田舎は常に人手不足に悩まされている場合がほとんどです。

そのため、募集を効率よくするために高い給料を提示する調剤薬局が多くあります。

また、最初に都会の調剤薬局に勤め、後に田舎の調剤薬局に転職するということには大きな利点があります。

田舎の調剤薬局、とくに中小薬局の問題というのは、新人研修といった教育制度がきちんとされていないということです。

そのため、新卒で入ると、なかなか十分な教育が受けられないという欠点がありました。

逆に言えば、習うより慣れろ、という感じで着任してすぐに責任ある仕事を任されるということが言えます。

そのため、教育をしっかり新卒の内に都会に拠点を置く大手の調剤薬局で受けた後、責任のある仕事を任せられる田舎の調剤薬局に行くというのは、ある意味非常に理想的なコースなのです。

2つ目には、いわゆるUターン、Iターンをするために地方への転職を考える人がいます。

介護や子どもを育てる、など理由は様々ですが、少子高齢化、共働きの増加という社会的背景を表した結果の決断だといえるでしょう。

この場合は、給料等より、勤務地を重視する事が多くなります。

しかし、薬剤師免許を持っているうちは、まったく仕事が見つからないということはあまり無いでしょう。

薬剤師が転職、田舎にいくと仕事は見つけにくくなる?

薬剤師の転職で田舎に行くとなると、基本的に給与も上がり、人手不足のためにすぐに仕事が見つかると考える人は多いです。

しかし、ここで注意しなければならないのは、確かに食いっぱぐれるということはないでしょうが、希望の仕事につけるかどうかというのは別問題ということです。

特にCROやSMOなどの企業、大きな病院となると、どうしても人口の集中する場所にありがちです。

そのため、前職がそのような仕事だったから又同じような仕事で・・・という様に探しているとなかなか見つからないという事態になりがちです。

しかし、同じ規模の職場、などにこだわらず似た仕事ということで探せば案外あるものです。

まず、SMOやCROは外勤で知られていますが、在宅でできる内勤の仕事もあります

もちろん、外勤もあるので、あくまでも家が田舎にあるけど何日が外泊していいというようであれば本社出勤のない外勤も可能です。

大きな病院、というのは難しくても、よっぽどの僻地や離島でなければ、病院はあるので、規模を縮小することで病院への転職も不可能ではないでしょう。

研究職や工場の品質管理職というと、工場や研究施設が必要なので、広い土地がある田舎の方が職場となる可能性が高いです。

しかし、山ばかり、工場団地に向いていない土地だと、やはり難しい物があります。

実家のある田舎の家から何時間もかけて出勤する、と言う話もなくはないですが、やはり毎日の長い通勤時間は苦痛となるでしょう。

そのような点で総合的に考えると、どこにでもあり、前職をあまり考慮せずに転職できる調剤薬局というのは、楽な転職先といえるかもしれません。

薬剤師の転職で田舎に行くとなると注意しなければならない点

薬剤師の転職で田舎に行く場合、案外見落とされがちなのが忙しさです。

企業の仕事であれば良いのですが、調剤薬局や病院で働く場合、訪れる患者さんの数に驚くかもしれません。

特に都会で働いていると、訪れるのは比較的若い年齢層のお客さんが多いので、その病状も軽いものが多いです。

しかし、特に過疎化の進んだ田舎であれば、高齢者が多く、筋肉や免疫力の下がってしまった患者さんの病状などは、例え軽いものでも重篤化しやすいという特徴があります。

そのため、都会では一回の薬の手渡しで終わったものが、連日訪れ、ある意味常連さんとなる可能性があります。

従って、田舎に行くほど、薬剤師と患者さんとのコミュニケーションが重要になる場合があります。

もともとコミュニケーションを取るのが好き、ということであれば問題はないでしょうが、その地域にある医療施設がそこだけ、になるとヘタするとその町の住人全員に覚えられるかもしれません。

地域に溶け込むために飲みニケーションなんてものが必要になるかもしれません。

もちろん、田舎の程度、その地方のやり方などがありますが、ある程度環境に合わせる必要があるでしょう。

田舎への転職というのは、交通手段があまりないことから直接情報収集に行くというのが難しい場合があります。

そのため、転職サイトに登録し、専門のスタッフの集めてきた情報を活用することがオススメです。

特に中小薬局であれば、なかなか大きく広告していることはありません。

そのため、その情報を得るには、専門の転職コンサルタントの手を借りることが最も合理的でしょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ