薬剤師の転職、確認事項はどのようなものがあるのか

薬剤師の転職の確認事項をきちんとおさえることで転職活動を有利に進めることができるといえます。

その確認事項とはどのようなものがあるか、どのように対処すべきかを例とともに挙げていきましょう☆☆☆

薬剤師、転職の確認事項の一つ、ダブルチェック

薬剤師の転職で確認事項というと、いくつか挙げられますが、全体を通していえることは、ミスがないことを確認する、ということがあります。

転職に伴い、提出する書類がいくつかありますが、いずれもミスがないことが重要です。

もちろん薬剤師に限ったことではないのですが、やはり調剤薬局をはじめとして、ちょっとしたミスが患者さんの命に関わる場合もあります。

そのため、そのような書類でミスがあると、仕事上でもそのようなミスをする人材という印象を与えてしまい、結果的に内定を左右することになってしまうかもしれません。

ちょっとぐらいならばいいだろう、と適当にせず、確認事項はしっかりと押さえることが大事です。

きちんと細かいところまで何度も目を通し、誤字脱字や年号間違い、さらに書類の不足などには十分注意しましょう。

薬剤師の転職の確認事項、志望動機の書き方

薬剤師の転職の確認事項の一つとして、志望動機はきちんと自分の言葉で書く、ということが挙げられます。

最近では、志望動機の書き方を指南してくれる本であったり、インターネットのサイトなどが登場したことによって、参考とする文章が沢山あり、気づいたら一番採用担当者に気に入ってもらえそうな文章をピックアップしてしまっている場合があります。

しかし、それは誰しもやってしまうことで、結局自分が考えたものではないので、書類審査では良くても、面接でぼろが出てきてしまいます。

もちろん参考にする程度ならいいのですが、そのままコピペしてしまう、思ってもいないことをそれっぽく書く、というのはやめましょう。

不安があるかもしれませんが、やはり志望動機は自分の言葉で書きましょう。これは大切な確認事項です。

それだけでも、同じ文章ばかり見ている採用担当者の印象に残りますし、他の応募者との差別化を図ることができ、転職活動を有利に進められるようになります

薬剤師、転職の確認事項、転職理由は前向きに

薬剤師の転職の確認事項の一つに、転職理由についてのものがあります。

転職理由は、実際にはポジティブなものは少ないのが現実でしょう。

しかし、転職理由はポジティブに書くことを努めましょう。

もちろん嘘をつく、ということではありませんが、言い方を変えて転職理由はできる限りポジティブにすることが重要です。

例えば、転職理由が人間関係であれば、もっと競い合える仲間のいる環境を探して、であったり、給与に不満があったならば自分の努力が反映される職場を目指して、そして仕事内容に何かあれば、もっとチャレンジできる場所を見つけるために・・・といったようにです。

これも大切な確認事項ですね。

薬剤師の転職の確認事項、転職の回数

薬剤師の転職の確認事項に、転職歴が多いときのパターンに対してのものがあります。

転職歴が多いと、一つの仕事を続けられないのか、と採用担当者に思われ、それだけで書類審査を通れない場合があります。

薬剤師は転職しやすい職業なので、1、2回程度ならそこまで目立ちませんが、やはり4回5回・・・と増えていくと面接で突っ込まれる可能性が高くなるのでフォローを用意する必要が生まれます

可能であれば、履歴書や職務経歴書のどこかに、転職理由、それによって得たものといったポジティブなフォローを入れておくと良いでしょう。

薬剤師で転職、確認事項の一つ、経験に関して

薬剤師の転職の確認事項に、経験不足のフォローがあります。

特に異業種への転職、同じ仕事内容でも経験年数が少ないと転職ではあまり良いこととはいえません。
その時に必要となるのは熱意です。

最初は経験がないのは誰しも一緒のことです。

その経験不足をカバーするだけの仕事への情熱があることを採用担当者に伝えることが重要です。

経験は不足しているが、自分からこのような勉強を行っていて、このような仕事に興味を持って、ぜひ積極的に学んでいきたいです、というような文章が書けたら理想的です。

このような確認事項がいくつかありますが、それらに関して注意をすることで飛躍的に希望職種への転職の可能性が高くなります。

そして、確認事項と一緒におすすめなのが、薬剤師転職サイトへの登録です。

人はどうしても見落としや思い込みがあるもので、薬剤師の転職サイトに登録することによってコンサルタントの支援を受けてミスを未然に防ぐことができます。

また、情報源としても薬剤師転職サイトは非常に便利なので、転職を考える際、確認事項に不安がある際にはおすすめのスタートです。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ