薬剤師の転職、調剤薬局から病院という選択

薬剤師の転職で調剤薬局から病院を目指す事について、考えてみましょう。薬剤師の転職と一言で言っても、多くの職業が存在します。

たとえ、ひとつの職業についても、人生の転機やもっと面白そうな仕事を見つけた、などの理由で転職を希望する薬剤師は多くいます。

しかし、同じ薬剤師であってもこのような転職の現状はどのようなものなのでしょうか?

それでは様々な仕事を経験されていた方に話を聞いてみたいと思います☆☆☆

薬剤師の転職で調剤薬局から病院へ・・・理由はやりがい!?

薬剤師が転職で調剤薬局から病院に行く場合の参考になる体験談を頂きました。

はじめまして、数年前に調剤薬局から病院への転職を成功させた30代女性薬剤師です。まずですが、病院へ移る前に調剤薬局でわたしの感じたやりがいについてです。

調剤薬局のやりがいは、医師から出される処方箋に何か問題があれば医師に問い合わせ、正しい薬を患者さんに渡すことは、調剤薬局の薬剤師にとってやりがいがあることだと思います。

直接、患者さんとも話せるので、社会に貢献しているという充実感もあります。

また、複数の病院を掛けもちしようとする患者さんがいるので、薬の重複服用の危険性などを指摘するという重要な役割も担っています。

だいたい一日の最初に店舗を開け、訪れる患者さんの持っている処方箋に従って薬を詰め、服薬指導を行う・・・ということの繰り返しですが、新薬が出る時にMRさんなどが調剤薬局に来て、そのプレゼンを行ってくれます。

そのような勉強会で名前の出たクスリが処方箋にあると、なんとなく自分の知識の幅も広がったような気がして調剤薬局で働いててよかった!というやりがいになります。

しかし、わたし同様、調剤薬局よりも病院薬剤師の方が、よりやりがいがあると考え、調剤薬局から病院への転職を検討する人が多いことは否めません。

調剤薬局の薬剤師と、病院薬剤師では、業務内容はかなり異なるのですが、病院薬剤師は、医師の指示のもと、錠剤や粉末以外にも注射調剤業務なども行います。

服薬指導は調剤薬局でもあるのですが、病院薬剤師は入院を必要とする重症者にも対応するので、より注意力とスピードが必要になります。

さらに病院薬剤師は、入院患者のQOL改善に取り組みますので、より患者さんの治療経過に密着した仕事の流れなのでわたしは、患者さんの入院から退院までを見守ることが出来、調剤薬局の薬剤師よりも病院での方が大きなやりがいを感じられました。

もちろん、決して調剤薬局と病院どちらが上というわけではありませんが、より幅広く業務をこなすことがやりがいだと感じる人は調剤薬局から病院への転職を考えるのでしょう。

薬剤師の転職、調剤薬局から病院は難しい?

薬剤師の転職で調剤薬局から病院へ行く場合の難易度ですが、人によっては、調剤薬局から病院に行くほうが逆のパターンより難しいといいます。

私はこれに反対するわけではありませんが、だからと言って調剤薬局から病院の転職が100%可能ですんなり行くとか、逆に病院から調剤薬局が不可能だなどとは思いません。

なにしろ調剤薬局では確かに調剤業務や服薬指導しかない、とも言えますが、幅広く薬を扱うことから、多くの分野での知識が必要ですし、化合物名のほか、一般の商品名で薬を把握しなければなりません

また、服薬指導でも、世間話をしたい人もいるので、効率よく・・・とは行きませんし、コミュニケーション能力が必要です。

さらに、病院以上に薬局は閉鎖空間です。薬剤師同士の人間関係の維持のための努力も必要です。

これらのことが嫌、もしくは苦手なら調剤薬局から病院を楽に感じられるかもしれません。

私自身は、日々繰り返される処方箋、服薬指導のみの仕事の中で患者さんとの関わりが希薄すぎると感じて、病院への転職を考えるようになりました。

私の場合、薬剤師転職エージェントにお任せして一緒に転職先を考えたので、行きたいと思える好条件のところが見つかったらすぐに就職先が決まったので楽なように感じました。

しかし、当たり前ですけど、空きがないと募集はないのでタイミングも大事なのではないかと思います。

薬剤師の転職で調剤薬局から病院だと給与ダウン!?

薬剤師の転職で調剤薬局から病院に行く際に覚悟しておかなければならないのが年収の減少です

調剤薬局は初任給の段階で25万から30万円もらえますが、病院だと25万で良い方です。

そのため、本当に病院で働きたいという気持ちと動機がないとこんなに忙しいのにこれだけ?!という状況になります。

もちろん、病院だと当直などで年収30万から50万プラスを狙えますが、その分忙しくなることはわかるでしょう。

しかし業務内容の他にも、病院薬剤師には、研究の場が設けられる場合がほとんどです。

そのため、一人では扱えない薬品や実験を行えるという点では、給料には組み込めない価値があるとも言えます。

わたしの勤め先は、そこまで研究をガッツリやる方ではありませんでしたが、毎週セミナー形式で論文発表などを行っていて、時代の流れを肌で感じられて学生時代のような気持ちで取組めてやりがいを感じますね。

まあ、研究を面白いと思えない人だと只の時間の無駄となるので、これはあなたがどう捉えるかですね。

ここまで調剤薬局から病院、という転職の流れがどのようなものかを私の感じたことを交えて説明してきましたが、結局のところ、あなたが何をしたいかです

お金=調剤薬局、やりがい=病院、なんて簡単な方程式にはならないことを肝に銘じておいてください。

それでも私は転職したい!と考えるあなたに、一番効率のよい転職方法を紹介しましょう。

調剤薬局と病院では違った対応、異なる知識や技術を求められますので、病院薬剤師が初めての人は、中途でも研修制度が充実している医療機関が推奨されます。

病院によっては病院勤務が初めての人に対して、少し距離のある雰囲気のある職場もあると聞きます。

なのでできれば事前に職場環境を見てみることも必要でしょう。

しかし、転職候補先の細かな情報を集めることは個人では限界があります。

そこで、薬剤師転職サイトに登録することで必要情報を得ることができます。病院薬剤師への転職に高い評判がある薬剤師転職サイトを活用するようにしましょう。

転職に伴う、勤務地や年収、さらに主婦業との両立などの問題に関して相談できるところもあるので、それらを利用して、病院薬剤師として新たなキャリアを積み上げましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ