薬剤師 転職で調剤薬局からCROと言う選択

薬剤師の転職 調剤薬局からCROに移るという選択があるように、薬剤師はさまざまな仕事が出来ます。そしてやはりその中でさまざまな特長が見られます。

調剤薬局からCRO、つまり企業への転職というのは、どのようなものなのでしょうか?

実際にそれを経験された方の話を通して自身の転職にも役立てましょう☆☆☆

薬剤師が転職 調剤薬局からCROという道を選んだ理由

薬剤師で転職 調剤薬局からCROと言う選択をした者です。

元々2年間調剤薬局で働いていましたが、将来的にずっと同じ作業をしていると思うと、何か物足りないような気がして転職を検討し始めました。

しかし、その道は困難でした。なにしろ、女性でも働き口があるようにと薬剤師を仕事として薦め、調剤薬局に就職した私を誰よりも喜んでくれたのが両親だったからです。

将来の安定した生活を捨てているように見えたのでしょうね。

そんな両親を納得させるためにも、自分の転職を成功させるためにきっちり情報収集を行いたいと思い、転職サイトに登録し、その中で最も求人の多かったCROに興味を惹かれました。

さらに転職エージェントと話を進める中で、やはり自分の望んでいるものがあるのではないかと考え、情報の中から希望の会社を見つけ、CRAとして転職する事が出来ました。

薬剤師 転職で調剤薬局からCROの理由とコツ

薬剤師 転職で調剤薬局からCROというと、実は珍しい選択ではありません。比率で仕事の内容が不満、というのが上位に上がります。

特に、調剤薬局というと、調剤を行い、袋詰めし、患者さんに服薬指導する、というルーチン作業であることが多く、せっかく薬について勉強してきたのにその知識を活用する場面がない、知識や技術を思うように磨けないということに悩まされます。

また、調剤業務とは基本的に内勤ですし、調剤薬局では狭い職場環境で同様に狭い人間関係のなかで仕事をこなさなければならないということで、ストレスを感じて転職を検討する人も多くいます。

最もメジャーなのが、CROの中のCRAという仕事ですが、直接新薬の臨床効果や副作用情報を手に入れるために直接医療施設に出向く外勤の仕事が主になります

そのため、新薬を扱いたい、技術を磨きたい、より広い世界で活躍したいという思いかCROへの転職をする人が多いといえるでしょう。

また、給与面での不満から転職する人もいます。

初任給こそ調剤薬局は20万から30万円にもなり、他の薬剤師の仕事の中では高給ですが、その昇給は微々たるものです。

そのため、給与に不満が生まれ、転職を行うのです。

CROでは、初任給こそ調剤薬局に負けるかもしれませんが、転職前の職場の給与を考慮して年収を定めたり、企業なので、昇給が確保できるという点では将来的には安心できると考えられます。

わたし自身、門前薬局として、専門的な分野での薬の知識を評価され、20万円程度の年収アップを提示されました。

これがもし、管理薬剤師などのマネージメント経験があれば、より年収アップに貢献したでしょう。

薬剤師が転職、調剤薬局からCROに移るために必要な能力

薬剤師の転職で調剤薬局からCROとなると、最も重視される能力はコミュニケーション能力です。

CROの中で薬剤師は通常CRAとして働きますが、製薬会社内の開発部において、自社製品の治験を行う、という仕事もあります。

しかしここでは製薬企業と医療施設の間に立つ、つまり他社製品の治験を行うCROについて話していきます。

CROはいわゆる下請け会社です。

製薬会社から新薬の情報収集の依頼を受けるためにまずプランニングなどを行い、プレゼンテーションを行うことからプレゼン能力が必要になります。

そして、実際に依頼を受けることに成功すると、協力してもらえる病院などの医療施設を選定、担当ドクターと話し合い、治験の進行などを決め、その進行状況にともなって適度に面会し、薬の情報を仕入れていきます。

この際には、ドクターとのコミュニケーション能力が必要となります。

そのため、前職でいかにそのような能力が活かせていたかなどのアピールができたら履歴書を書く際には便利でしょう。

病院薬剤師や調剤薬局、ドラッグストアであれば、患者さんとのコミュニケーション能力、企業であればそれに加えてプレゼンテーション能力があるのでより武器になるでしょう。

薬剤師、転職で調剤薬局からCROの将来の可能性は?

薬剤師が転職で調剤薬局からCROに移る際に最も心配になるのが将来的に働き続けられるかです。

それが女性であれば特にそうですよね。外勤とあって、やはりCRAというのは体力勝負です。

しかし、医薬品の治験を行う際に必ず付きまとうのが、書類です。

この書類はある程度経験を積んでいるベテランによってチェックされます。この部門はPVと呼ばれ、基本的に、内勤業務です。

そのため、復帰の際にまずは内勤から、もしくはそのまま内勤に異動することを可能にしている企業が多いです。

ここで注意したいのは、このような女性の復帰に力を入れているのは外資系の会社のほうが多いということです。

イメージとして、外資系はクビになる、ということがありますが、その分実力のある人が残るように会社は様々な福利厚生を準備しています。

たいして、内資だと、退職制度が充実していて、教育もきちんと行う傾向があります。

もし、自分の目指すべき方向がわからないのであれば、一度内資系を目指してみるのも良いかもしれません。

以上のように、わたしは転職サイトだけでも多くの情報を手に入れ、転職活動を有利に進めることが出来ました。

もちろん、結果としてCROが望む仕事ではなかったとしても、それまでに得た情報が確実に転職成功への階段となってくれるでしょう。

このように、調剤薬局からCROへの転職というのは決して珍しいものではなく、その選択肢が広く、将来的にも希望のあるものだということがわかるでしょう。

もし転職を検討しているのであれば、やはり重要なのは情報収集です。あなたも、ぜひ当サイトの転職サイトから、まずは情報収集から始めてみませんか?

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ