薬剤師の転職で面接の服装でのアウト、セーフは?

薬剤師の転職、面接の服装には悩みますね。特に転職となると、新卒の時のようにリクルートスーツでいいのか、もう少しこなれた印象をあたえるべきなのか、など考えてしまいます。

その際にどういった点に注意するべきなのかをポイントごとに見て行きましょう☆☆☆

薬剤師の転職、面接の服装でカジュアルって?

薬剤師の転職で面接の服装というのは気になることです。さて、面接の前に段階として就職セミナーがありますが、そこでどのような服装で参加したら良いのでしょうか。

普通であれば、スーツを着ていくものですが、ある程度フォーマルであれば私服でも良いというセミナーもあるようです。

もちろんセミナーを主催している病院や薬局の雰囲気にもよりますが、大体スーツが社会人にとってのベーシックな服装です。

基本的に薬剤師向けの就職セミナーでは、服装不問とは記載されている病院や薬局はありますが、やはり常識的にはスーツで行くものであるという感覚もあることもあります。

この感覚は採用側も持っていることもあることから、薬剤師が私服で行くとその後の面接と転職にとってマイナスの要因になってしまうかもしれません。

しかし、私服にと指定されているセミナーであえてスーツで行くのは、堅苦し過ぎるということであまりよろしくない場合もあります。

ようは、相手側になる企業が面接者に何を求めているかをどこまで正確に読み取ることができるかどうかは、転職活動では非常に重要なポイントになります。

もちろん、初めて行くところなのにそこまで気を遣うのは無理です。

そこでオススメなのが、転職サイトを通してコンサルタントなどに相談する、もしくはつてを宛てに実際に働いている人に連絡をとって聞いてみる、ということになるでしょう。

薬剤師が転職、面接の服装でカジュアルの限度

薬剤師の転職で面接の服装で最も避けた方が良い服装とはどのようなものなのでしょう。

面接で必要になるのは、オフィスカジュアルな服装、と言われていますが、そのカジュアルという言葉はあくまでも程度があるので、本当に普段着にしないことです。

最も避けたほうが良いのは、ジーンズ、スニーカー、そして派手な服などです。

クロックスや露出の高い服、スパンコールなどキラキラし過ぎたものを身につけて行ってしまう薬剤師は、完全にアウトです。

また、ブランドの文字がプリントされたものやジャージも絶対に避けるべきでしょう。ではスーツであればいいのかというと、実は色も重要になります。スーツの色でも薬剤師が相手に与える印象は変わるのです。

例として、紺色を着ると若々しく、とても誠実な印象を与えます。

たいして最近の流行である黒色ですが、シャープ過ぎ、怖い印象を与える可能性があるので、患者さんを相手にする調剤薬局や病院では強い印象を与えすぎてしまうかもしれません。

穏やかな印象をあたえるのは茶色ですが、少々穏やか過ぎる印象になりますが、元々柔らかい印象の人がそれを着てしまうと少々頼りない印象を与えてしまうかもしれません。

また、ワイシャツやブラウスも色を気にしなければなりません。白は正装なので、最も無難でおしゃれだと思われます。

ストライプはある程度細くて強く色が出すぎていなければ締まった印象を与え、多少の遊びがあるので好印象に繋がる可能性があるでしょう。

しかし、太いストライプが目立ちすぎると癖が強くなりすぎるので避けたほうがいいでしょう。注意しなければならないのはなにも服装のみではありません。

薬剤師は転職時面接で服装以外にも注意しなければならい?

薬剤師が転職時に面接で服装以外に注意するとはどういったことでしょうか?就職活動の際には、かばんなどの持ち物にも気を使うことが重要になります。

まずサイズです。面接の際、病院や薬局では資料などの書類を受け取る必要があることがありますので、筆記用具などの他に、A4サイズの用紙が入るようなカバンは必要です。

また、書類に折り目がついてしまうと印象が悪くなる可能性もあるので、できるだけ形が整ったカバンがよいでしょう。

面接の際には椅子の横に置くことが多いので、そこでへなっとなってしまうと少々印象が悪くなってしまうので、自立できるものがよいでしょう。

実は靴も転職時の面接において採点対象に入る場合もあります。基本的に靴の色は黒か茶で革のものが一般的で、男性はベルトの色と合わせるのが基本です。

汚れだらけではもちろんダメですが、ピカピカに光ってしまうほど磨くのは、確かにおシャレではありますが、就職活動に使う正装にしては、少々目立ちすぎてしまうので、避けるべきでしょう。

このように多くのルールがあるのですが、きちんと服装や持ち物を選ぶことで、内定に繋げられるきっかけを作る事ができるかもしれません。

心配ならば、薬剤師転職サイトに登録し、コンサルタントに相談できるようにしたり、転職経験者の口コミを見てみるといった工夫ができるでしょう。

いずれにしろ、薬剤師転職サイトが便利なので、まずは登録から始めてみてはいかがでしょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ