薬剤師の転職、面接で質問されることの注意点って?

薬剤師、転職で面接の質問としての定番は実は他の職業でもだいたい同じです。

しかし、専門的な分野であったり、免許を取るまでに時間がかかるということで、ある程度納得できる答えを準備する必要があります。

では、どのような質問があるのかを見て行きましょう☆☆☆

薬剤師の転職で面接時に質問される内容と対策

薬剤師が転職の面接で質問されるとしたら、どのような物があるのでしょうか。

転職活動を行う上では、書類上の審査だけでは済みません。

転職希望先の会社との面接、そして質問の嵐が必ずあります。

しかし、そこまで心配することがありません。基本的に面接時の質問で聞かれることはある程度決まっています。

そのため、よく聞かれる質問事項に対して、きちんと自分の考えや経験を交えて答えられるように事前に考えておくことで対策ができます。

薬剤師が転職時に一番聞かれる質問に関して幾つか挙げていきましょう。

まず、自己PRです。 これまでの経験や実績から、自分の長所、短所、そして薬剤師として社会に、会社にどのように貢献できるかを伝えなければいけません。

自己PRの作り方として、最も採用担当者に良い印象を与える形式は、逆転ストーリー型であるでしょう。

実は、マンガのストーリー展開やテレビでのドキュメンタリーなどでもこの型で構成が行われています。

この構成は、最も人の心を動かすことができるので、お勧めです。

この構成を作るのにまず最初に大きな壁を設定します。ある困難の壁があり、その困難をどのように乗り越え、その経験を将来に繋げていったか、という風につなげていきます。

簡単に言うと、初めはマイナスだったが、自分で考え、自主的に改善することによって今ではプラスの事になった、という感じに仕上げるのです。

これもできる、あれもできる、ということを並べるだけでは、単なる自慢話で、そのような構成であれば採用担当者の印象も悪いです。

この型で自己PRを行うだけでも、転職活動に対して真剣に準備している薬剤師、という印象を与えられます。

特にドラッグストアや薬局など、近い距離でいくつも店舗がある場合、よく聞かれる質問に、なぜあえてこの会社にしたのか、というのがあります。

これは、採用側としては、当然気になる内容になります。

特に薬剤師不足に陥っている地方の薬局やドラッグストアであれは、なぜあえていくつか提示された求人の中で、自分のところを希望しているのか、という理由を聞きたがります。

よっぽど住みたい地域にその会社しか店舗を展開していなかった、ということである以外は、薬局やドラッグストアのホームページなどを事前に調べておきましょう。

面接で薬剤師が必ず聞かれる質問として、転職理由の質問があります。

どの転職サイトにも書かれていることですが、前職についてマイナスの事を言ってはいけません。

給料が低かったから、人間関係が悪かったからなど、本当はそのような理由であっても、採用担当者に素直に言ってしまうと、転職後、転職後の会社についても愚痴を言うのではないかと危惧されてしまいます。

そのため、できるだけポジティブでかつ、面接官が納得する転職理由を考えておきましょう。

案外見落としがちなのが、なぜそもそも薬剤師になりたかったか、という質問です。

薬剤師になるためには、4年から6年と教育期間が延び、より長い年月もの間、ぶ厚い参考書や厳しい実習を経験していかなければなりません。

そうなると、人それぞれ薬剤師になる理由があるはずだと思われます。

そこで適当に資格が欲しかったから、なんとなく、というとそのような気持ちで仕事に向かうと思われ、当然ながら内定が遠ざかります。

採用担当者が納得できる思いを自分の言葉で言えるようにしておきましょう。

薬剤師の転職で面接官に質問する内容とは?

薬剤師が転職の面接で質問が最後に無いか、と聞かれたらどう答えたらいいのでしょうか。

自分が質問される側から質問する側に変わるタイミングです。

この時に、気を使って特に興味もない質問をするよりかは、折角の機会なので、年収や休みといった就業条件の事を聞いても良いです。

一番良くないのは、聞きたいことが無い、と答えたり、黙りこんでしまうことです。

質問がない=会社に興味が無いともとられかねません。

事前準備の段階で質問まで用意しておくとよいでしょう。

質問事項を通して必要になるのは、やはり情報です。

その情報が入手できる場所として一番最適なのが薬剤師転職サイトです。

転職の際には、まず登録から始めることをオススメします。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ