薬剤師の転職、3年目で行うということは

薬剤師の転職を3年目で考えるというのは、案外珍しいことではありません。

3年目というのはある程度責任ある仕事が任される段階で忙しくなる段階でもあり、将来どのような生活になって行くかというビジョンがはっきりしていく時期です。

そのため、現在の状況を変えるため、今後の状態を変えるために転職という選択が生まれてくるのです☆☆☆

薬剤師が転職を3年目で考える理由とは?

薬剤師の転職を3年目のタイミングで考えるというのが多いそうです。その理由で最も多いのが結婚です。

やはり、薬剤師という職業の過半数が女性であることから、仕事の開始から3年目ぐらいで結婚をきっかけに転職をする人が多いのです。

今後子どもが生まれることを想定して、いま働いている忙しい職場では出産、育児との両立が難しいと感じる事が原因であったり、結婚で転居し、その結果仕事場からの距離が開いてしまった、などといった状況から転職を考える事があります。

また、転職ではなく、正社員からアルバイトやパートに切り替えることで就業時間を減らしたり、ずらしたりするという方法もあります。

3年目となると、転職の際に使えるスキルが手に入れられている場合が多いので、転職が楽と言わずとも、切り札に使えるかもしれません。

ここまでは女性薬剤師に多いケースですが、男性の場合はどのようなきっかけがあるのでしょうか。

薬剤師が転職、3年目が区切りとなるきっかけ、管理薬剤師

薬剤師が転職を3年目にする理由の1つというのが、スキルアップやキャリアアップを考えた転職です。

この理由は男女問わず多いものですが、特に男性薬剤師に多いといえるでしょう。

薬局薬剤師を例に取ると、薬剤師はだいたい2年目から5年目の間に管理薬剤師になることが多く、それがポストが空いていないなどの理由で可能ではない場合、管理薬剤師になれる場所を求めて転職が考えられます。

基本的に管理薬剤師は3年以上の経験が最低ラインともされていて、薬局薬剤師であれば唯一の役職とされる場合が多く、管理薬剤師を目指していて、仕事に慣れてきた3年目にこのポストの可能性がないと思えるなら転職が望ましいかもしれません。

ドラッグストアの場合だと、一店舗に1人は管理薬剤師が必要で、ドラッグストアであれば一店舗に薬剤師が1人しかいない場合もあるので、早ければ2年目でも管理薬剤師になれる可能性があります

同様に、病院や企業ででも管理薬剤師が必要になります。

ただし企業の場合は、工場に1人いたらよく、調剤薬局やドラッグストアほど、多くの勤務先が無いために数が少なくて良いので管理薬剤師になるのは難しいかもしれません。

病院では、企業ほど人数が限定されていないので、基本的に実績があればなれるものといえるでしょう。

薬剤師が転職を3年目で考えるきっかけ、管理薬剤師になるためには

薬剤師が転職を3年目で考えるきっかけとなる管理薬剤師ですが、実は管理薬剤師になるためには、特に資格が必要ではありません。

ただし、管理薬剤師となると、薬事法や薬剤師法、医療事務や医療保険といった知識を持っているというふうに見られ、さらに従業員と医薬品の管理能力があるとされ、さらに社内だけでなく、社外ともコミュニケーションを取らなければならないので、営業や管理に対する能力なども求められます。

それに対応して管理職手当が支給されるとともに、もしその後転職を考えた際には大きなアピールポイントとなるでしょう。
そのため、ただ管理薬剤師になりたいと思っているだけではなれません。

管理薬剤師になるためのスキルアップを意識する、もしくは管理薬剤師になるのための教育や研修制度が整っている職場への転職を考えたほうがよいでしょう。

基本的に会社としても管理薬剤師候補を増やしたいのが本音なので、殆どの会社でレベルアップのための講習などに取り組んでいますが、やはりそのレベルに差があり、今いる場所でレベルの高い講習までいけないと考えるのであれば、転職は一つの手でしょう

管理薬剤師を中心に語って来ましたが、企業などでは管理薬剤師になったからといってそこまで仕事内容があまり変わり映えしない場合もあります。

企業などの場合だと、どのように仕事内容が変わっていくかがカリキュラム化されていたり、ある程度実績を積んだら次の仕事を任せる、といった流れができていることもあります。

もしその流れを先輩などから聞くことができたら、どのくらいまで頑張れば次のステージに進めるかわかるので、転職を考える際には参考にできるでしょう。

もしスキルアップや私生活の変化に合わせて3年目で転職を考えるのであれば、薬剤師のための転職サイトを利用して欲しいです。

3年目の転職者を迎えてくれる転職先の提示はもちろんのこと、転職前にも役立つ様々なスキルアップの為のセミナーや研修なども紹介してくれるので、非常に便利です。

もし転職を考えているのであれば、まずは薬剤師転職サイトへの登録から始めましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ