薬剤師の転職で700万の年収を狙うなら?

薬剤師が転職で700万円を年収で得るというのは、珍しいことではありません。

薬剤師の平均年収は、全国で見ると、おおよそ500万円から650万円程度となっています。

この数字は仕事や職場の地域、男女関係なく平均したものになるので、資格があることである程度年収が確保できる薬剤師であれば、700万円も決して夢ではないことがわかります。

では確実に700万円を狙うならどのようなポイントがあるのか、見て行きましょう☆☆☆

薬剤師の転職で700万の年収を手に入れるなら企業や病院?

薬剤師の転職で700万円の年収を望める職業として代表的なのは、企業での仕事でしょう。

とくに営業の要素が強いMR、やCRAといった職業になると特に顕著で、さらに経験者ともなれば、高い給与が期待できます。

未経験では、いきなり高い年収は無理かもしれませんが、中途採用などに対する研修といった教育制度が整っている企業も多いので、それらを通じて確実に給与を上げることが可能です。

他にも研究や品質管理といった技術職でも経験を積んでいる転職者であれば、いきなり年収700万円を得るのも夢ではありません。

もちろん、未経験からの場合はいきなり700万円の年収は難しいですが、着実にキャリアを積んでいくと到達可能です。

いずれのケースにおいて、国内の企業よりも、外資系企業の方が可能性は高まります

しかし、外資系企業になると実力主義になるので、給与だけを見て求人に飛びつくと、自分の成果次第では給与が下げられてしまう可能性もあるので注意が必要です。

低給与で知られる病院薬剤師ですが、実は薬局長などの役職につくと、年収700万円は決して不可能ではありません

しかし、役職につくには厳しい定員があること、非常に競争が激しいことから、確実に年収700万円を得られることを希望するのであれば、あまりお勧めできません。

薬剤師の転職で700万の年収は調剤薬局やドラッグストアでは危険?

薬剤師の転職で年収700万円以上の収入が望める薬剤師の仕事の事例には、僻地の薬局やドラッグストアに勤務する、という方法があります。

有名な例を挙げるとすると、北海道の道東釧路市にあった薬剤師募集で、雇用形態は、正社員、契約社員両方の方向からも募集をしていて、年収は700万円どころか800万円という薬剤師募集案件でした。

このような案件のある北海道の道東釧路市に代表されるような勤務地の特徴としては、人口が少なく、さらに周辺施設周りに何もなく、住みにくいためあまり行きたがる人がいない、です。

そのため、経験などはほとんど関係なく、薬剤師であるというだけ高額な給料を提示しているのです。

ドラッグストアに関しても辺鄙な土地であれば需要が高まり、給与が高くなるという点では似たような感じではありますが、大手のドラッグストアになれば、薬局とは異なり、ドラッグストアのオリジナル商品の開発など直接関わってくる職に就くことも可能です。

そのことから、薬剤師らしい専門職ではないかもしれませんが、課長、部長と昇進することによって高い給与が期待できます。

しかし、そんな役職に就いているわけでなく、さらに極端な僻地での勤務でなくとも、700万円に近い、高い年収が提示される場合があります。

それは住みやすさ以外に、人が来ない理由があるからであることがほとんどなので、転職の際にはきちんと確認する必要があります

たとえば、付近に他の店舗がないことから処方せんが集中してしまい、処理する枚数が多くて、とにかく忙しい、残業がバカにならないということがあります。

最近では高齢者用の施設も増えていることから、多くの処方箋がひとつの店舗にのしかかってくる場合があります。

他にもエリアマネージャー、課長や部長候補、などといった管理職としての採用だったということもあります。

そうなると、自分のキャリアプランを遂行できない、エリアマネージャーにならなければならないプレッシャーと向き合わなければなりません。

また、人間関係を乱してしまう人員がいることで離職率が高かったり、産休中の社員の代わりとしての期間限定の勤務のための高額年収だった、なんて話もあります。

このような案件に詳細を理解せずに給与だけで転職に踏み切ってしまうと、後悔する転職をすることになってしまうので、きちんと案件の詳細を確認することが必要になります。

しかし、欲しい条件がある募集を見つけるとなかなか他のことに目が向きにくくなってしまいます。

そこでオススメしたいのが薬剤師の転職サイトです。

薬剤師のための専門の転職サイトとなれば、多くの薬剤師のための募集があるとともに、その詳細を見やすく提示してくれています。

また、転職コンサルタントの手を借りることで、第三者の目を通しても転職先候補を見定めることができるので、大きな失敗を避ける事が出来ます。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ