薬剤師が辞めたい、と思う時の仕事上の原因とは?

薬剤師が辞めたいと感じる時は仕事によって大きく異なってきますが、やはり仕事の内容や職場環境が大きく関係してきます。

それらを理解しておくことで転職を成功させることが出来るきっかけとなるかもしれません☆☆☆

薬剤師を辞めたいと思わせる調剤薬局の退職理由って?

1

薬剤師が辞めたいと思う理由で調剤薬局の薬剤師において最も多いのは、やはり薬剤師同士の人間関係のこじれでしょう。

調剤薬局の中は基本的に女性が多く、一度対立が生まれてしまうとなかなか解消できないという特徴があります

そのため、直接不仲の原因人物になっていなくとも、中立の立場が保てず、結局大きな派閥になって敵味方両方から行動を監視される事になってしまうこともあるのです。

管理薬剤師となれば、それをマネージメントしなくてはいけなくなり、大きな負担となってしまいます。このようなことからいじめに繋がることもあり、そのストレスから辞めたいという人もいます。

この結果、仕事自体が嫌になり、薬剤師自体を辞めてしまうことにまでつながるので、非常に大きな問題の可能性があるといわれます。

また、他の薬剤師の仕事に比べて仕事が辛いからと辞めたいという人もいます。

チェーン薬局では、店舗を変える、という手段がありますが、それがトラウマとなって調剤薬局勤務、そして仕事自体が嫌になってしまえば、辞めたい理由となってしまいます。

調剤薬局の営業時間の安定性からはなかなか想像できませんが、個人の調剤薬局などで薬剤師が少ないと休憩が取れなかったり、処方箋を全て自分で準備しないといけないためどうしても時間がかかってしまって患者さんのクレームを受けてしまう、ということがあります。

特に多忙な門前薬局や薬局のない地方でありがちなことで経営者側も求人で高い給与で薬剤師を集めようとしますが、やはり教育制度がなかなか整っていなかったり、場所が不便であったりすることから成果はあまり上がりません

その結果、大きなプレッシャーを1人で背負わざるを得なくなり、辞めたいと思ってしまうという人もいます。

薬剤師が辞めたいと感じる原因、病院では?

2

薬剤師の辞めたい理由、病院薬剤師となると、もっとも多様であると言えます。まずはその忙しさにあります。

単純に夜勤があったり、病床数が多い、休日がなかなか取れないということもありますが、特に女性に関しては、育休、産休が取れないということから薬剤師を辞めざるをえない人が多いようです。

その制度がない、ということはないのですが、理解が得られにくかったり、仕事の都合上、ポストをその間開けっ放しに出来ない、などの病院側の理由から実際には運用できない場合が多いです。

そのため、正確には辞めたい、というより、まわりのプレッシャーから辞めざるをえない状況に置かれることで辞めたい気持ちになってしまうというべきでしょう。

また、産休育休制度を活用できても、病院の忙しさから辞める人も多いです。

このような人だと、仕事内容が嫌いというわけではないので、職場を変えるだけで病院薬剤師を辞めたい、という人は少ないようです。

ただし、どこの病院もある程度薬剤師は忙しいので、育児との両立ができず、病院薬剤師をやめて、調剤薬局に移る人もいます。

次に挙げられる辞めたい理由というのは、調剤薬局などでもある人間関係の悪化です。

薬剤師だけでなく、医師や看護師などの様々な医療のプロが集まる病院では、様々な人と仕事上必ず関わってくるのでその間でコミュニケーションが取れないと、つらいものがあります

薬剤師同士だけで動くわけにも行かず、チーム医療が推奨されている中、やはりその中で上手くやっていくことは気持よく仕事を行うために重要な要素であるので、それが出来ないことは辞めたい気持ちになる原因となると言っていいでしょう。

そのため調剤薬局同様、ただその職場を辞めたい、という人もいれば、もう薬剤師自体を辞めたい、と思いつめる人までいるので、あまりにも自分を追い詰める前に他の職場を見てみることをオススメします。

また、病院薬剤師の給与は辞めたい気持ちになる原因の1つです。同じ大卒の初任給と比べ、初任給が少なく、調剤薬局に比べると10万以上離される場合があります。

もちろん、専門薬剤師となったり、薬事部長などに昇進することである程度昇給は見込めますが、それでも年収600万円で頭打ちになると言われています。

決して少なくはない給与ですが、やはり不満をいだいて辞めたいと思う人はいます。その場合は、薬剤師国家資格を活かし、他の職業に転職することが多いようです。

薬剤師の辞めたい理由でドラッグストアに多いのは?

3

薬剤師が辞めたい、と思うドラッグストアでの理由では、やはりお店の役割が多いため、売上に関して上から何かと言われることがあるでしょう。

特に、薬剤師が若くして店長になることもあり、それがプレッシャーとなって辞めたい理由となってしまうようです。

もちろん、それ以外にも病院薬剤師と同様、様々な仕事を担っている仕事メンバーとのコミュニケーションは必要です。

ドラッグストアについては薬剤師が1人に対して販売員が何人かいる場合が多く、薬剤師で固まることが出来ません。

特に店長となれば、そのような仕事も経歴もバラバラなメンバーをまとめなければならないので、コミュニケーション能力は必須です。

そのための能力が足りないとなると、辞めたい理由となります。

これらの辞めたい理由を総合的に見てみても、基本的に”ドラッグストアだから、”ということがあるため、ドラッグストアを辞めたい、と言っても薬剤師を辞めたい、仕事を辞めたいという理由にはあまりならないようです。

薬剤師が辞めたいと思うのは、企業であればどんな時?

4

薬剤師の辞めたい理由とは、企業や公務員となると案外薬剤師だから、という要因はあまり関係なくなる傾向があります。

どの仕事においても組織の中にいる以上、やはり先輩や上司、そして同僚や部下と上手くやっていくことが仕事を上手くしていくことが大事になります。

また、仕事においてもノルマと成果が求められ、craや研究などになると、あまり良い結果が出ないとすぐに研究が打ち切られるといったプレッシャーがあり、同時に切り替えの良さが必要になります。

全力で取り組むことと、それがダメになった際の潔さが必要となるのです。これに対応できないと、辞めたい理由になってしまうのです。

企業はやはり薬剤師でなければならないものではない、ということでより薬剤師としての専門性を活かしたい、資格を持つことで出来るだけ外勤がしたくないという理由で転職している背景を見ていると、企業に行ったから薬剤師を辞めたい、という話はあまり聞きません。

しかし、企業によって薬剤師の扱いが大きく変わり、仕事によって求められる能力も変わってくるので、自分を過小評価してしまい、薬剤師どころか、仕事自体を辞めたいと思う人も少なくはありません。

もちろん、人によって辞めたい理由は違います。職場の空気が嫌だ、会社のポリシーが合わない、仕事場が遠すぎる・・・

そのような様々な理由がありますが、転職の際に出来るだけそれらの可能性を減らすためには、事前の情報収集が重要になります。

当サイトの転職サイトを活用することによって失敗のない転職をしましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ