薬剤師の長期休暇取得の可能性


薬剤師が長期休暇をとれる、というのは、どのような職業か、そして会社の福利厚生に寄るといえるでしょう。

代わりに出社できる人がいる規模の大きい会社や、休暇制度が整った会社であれば長期休暇をとれる可能性は高いですが、やはり厳しいところも多くあるのが現状です。

それでは、どのような転職先であれば、長期休暇をとれるのか見て行きましょう☆☆☆

薬剤師が長期休暇を取得できる職場って?

薬剤師で長期休暇が取得可能である場合が多い職業は、やはり大手の製薬企業でしょう。

休暇制度が整っていて、なおかつ人材が確保されている場合も多く、休暇を確保できる可能性が高いです。

しかし、時期によっては、いくら人材資源も制度もきちんとしている会社でも長い休暇の取得は難しいです。

例えば、CROやSMOで勤務していれば、新薬の治験が始まれば、予定通りにスケジュールを進めないと予定通りに新薬の申請がおりません。

そうなれば、他の企業に新薬を提供するといった契約を行っていれば契約違反となり、膨大な違約金を払わなければならなくなります

そんな大切な時期に休みを取ろうとすれば、たとえ取得できたとしても社会的な信用に傷がつく結果となるでしょう。

また、研究開発の部署でも、やはり期限やノルマがあれば、自分の好きなタイミングでしかも長期休暇を取るというのは難しいでしょう。

病院薬剤師になると、どのような患者さんがいつ運ばれてくるかといった予想ができないので、代わりに仕事をカバーできる人材が揃っていれば案外長期休暇はとりやすいかもしれません。

しかし、病院とは基本的に忙しい場所であり、いつ人が必要になるかわからないことから、休暇の申請がしづらい雰囲気の職場が多いでしょう。

調剤薬局の薬剤師であれば、店舗規模によっては簡単に長期休暇を取得できる場合と、事実上不可能な場合があると言えます。

都内など、薬剤師に人気のある場所であれば、休暇中に一時的にパートを雇ったり、他の店舗からヘルプを呼んだりといったことが可能であるため、長期休暇がとりやすい場合があります。

しかし、地方で、近くにもヘルプの呼べる店舗がない、そもそもぎりぎりの人員で動いている場合、よっぽどの理由がない限り、3日以上の休暇が無理、ということもあります。

特に調剤薬局であれば、配属店舗先によって長期休暇のとりやすさは変化するので要注意、といえるでしょう。

薬剤師が長期休暇を取得するのは不可能?

薬剤師が長期休暇を取ることは不可能ではありません。

しかし、実際にはあまり長期休暇を取っていない、と言う人が多いのが事実です。

その理由としては、薬剤師に限らず、社会人として働いていて、一応土日祝日のいずれかで休みをもらっているのにさらに休暇をとるのは気が引けるものです。

さらにそれが長期休暇となると、言い出すのもきついでしょう。

なにしろ、学校を休む、ということと違って、長期休暇を取っている間は、職場の同僚の誰かしらに自分の仕事が回るということがわかっているからです。

その考えから、せっかく長期休暇が取得できる職場にいるのに一度も長期で休んだことがない、と言う薬剤師も少なくありません

そこでおすすめなのが、勤務している職場が土日祝日、もしくは隔週で土曜日休みの場合には、公に定められた休みを挟んで、5日程度の長期休暇を取るといった方法があります。

そうすれば実質的に休みをとっているのは、だいたい2、3日間となります。

そうなれば、5日間連続で取るより、仕事仲間に仕事をカバーしてもらう、といったことも頼みやすいですし、罪悪感のようなものも薄く、申請もしやすいでしょう。

また、このような考えがある休暇ならば、上司にも認められやすいでしょう。

ただし、海外旅行などを計画していて、もし2~3週間にも及ぶ長期休暇を取得、となると、さすがに同僚にも仕事の負担が大きくかかることになります。

そうなれば反感を買うのは必須ですし、職場の空気を考えて、上司も認めづらいでしょう。

これがパートといった職業形態ならともかく、正社員となればなおさらです。

さらに、ある程度勤務期間が長く、責任ある仕事を任されている以上はその仕事を引き継げる薬剤師がいないならば、長期休暇はかなり取りにくいものと考えていいでしょう。

もし旅行など、ある程度前もって予定がわかっているのであれば、先に仕事の仲間に伝え、上司も含め、職場の皆さんの理解をもらうことがその後も仕事を気持ちよく続けるために重要でしょう。

しかし、休暇をうまく取るコツを知っていても、そもそも長期休暇を取る制度のない職場であれば意味がありません。

では、長期休暇を取得できる職場探しはどうしたらいいのでしょう。

そこでおすすめなのが、薬剤師の専門転職サイトです。転職の際にはまず登録からはじめましょう。


タグ: ,
カテゴリー: モチベーション, 不安と悩み, 雇用条件
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。