薬剤師の離職率は職場環境で決まります。

勤続年数が伸びるに従って、スキルアップも図れますし、昇給も狙えます。

そのため、転職のしやすい薬剤師ですが、あまりにも離職率の高い職場は何か問題があると考えていいでしょう。

では、実際にどのような原因で離職率が変動するのでしょうか。職種別にその原因を掘り下げていきましょう。

薬剤師の離職率の高い病院の現場

1

離職率は職場によって変動しますが、病院は、離職率が高い職種といえるでしょう。

病院は他の薬剤師の就ける仕事よりも薄給であり、激務であることからそれを苦にして転職する人もいます。

また、大きな有名病院となれば、よくも悪くも職場仲間の職人気質に近いプロ意識にプレッシャーを感じてしまい、離職率が上がってしまう原因となっているようです。

また、医師や看護師といった他の医療メンバーや、同じ薬剤部の人間と上手く行かず、転職を行う人も少なくありません。

逆に、女性の場合は結婚や出産で現場を離れなければいけなくなる時に、休暇を出してもらえず、勤め続けたいのに、泣く泣く退職することになる場合があり、それで離職率が上がることもあるようです。

仕事はきつくてもやりがいがある病院だからこそ、このような理由で離職率が上がるのでしょうね。

薬剤師 離職率のトップはドラッグストア?

2

最近では、昔以上に仕事に対するやりがいを見出すことが注目を浴びていることから、ドラッグストアで働き始めたけど、レジ打ちや品物の整理など、薬と全く関係ない部分の仕事が増えてくることでやりがいをなくし、転職する人もいます。

長く働くことで店長への昇進があれば、かなりの年収アップが狙えますが、いわゆる、薬剤師の専門職らしい仕事をする機会が減るので、そうなる前に仕事を変える人が多いようですね。

そのため、繁盛しているドラッグストアほど、薬剤師の離職率が高いということもあります。お客さんが多いほどレジ打ちに駆り出されることも多いですしね。

そんな中で、逆に、薬剤師の仕事にとらわれず、様々な仕事を経験し、いろんな人と関わりたい人がドラッグストアに残る傾向があるようです。

薬剤師の離職率、調剤薬局では?

3

調剤薬局は、未経験であっても転職しやすく、さらに調剤業務経験年数があれば、給与にそれが加味されるので、繰り返し転職を行う人がいるようです。

また、ママさんでも働きやすい調剤薬局ですが、それでも子供の出産とともに正社員からパートに移ったり、いっその事、そのまませっかく長い間勉強して手に入れた薬剤師免許を箪笥の肥やしにしてしまう人もいます。

もちろん、これらの理由であれば、職場が原因ではありません。しかし、調剤薬局特有の狭い人間関係に窮屈さを覚えて転職を考える人も少なくありません。

ギクシャクした人間関係は調剤薬局内にとどまらず、事務担当の人であったり、何度も訪れるお客さんであったりするので、もしあまりにも高い離職率を持つ場所であれば、少し調べてみる必要がありますね

薬剤部 離職率トップは企業?

4

もちろん、企業の種類、仕事の種類によって離職率は変動しますが、やはり薬剤師の就く仕事の中では一番離職する可能性が高いでしょう。

これは、薬剤師に限りませんが、営業やCROのモニターなどの仕事は、精神的に負担が大きく、限界を感じて調剤薬局などに転職する人が多くいます。

特にCROに関しては、転職で大幅な給料アップが見込めるため、転職を繰り返す人もいます。逆に研究や品質管理や事務系の品質保証に関しては、そこまで離職率は高くありません。

また、会社によっては、育児休暇や産休が用意されておらず、結婚や出産をキッカケに離職する人が多い場合もあります。

専門性が高いことや、たとえ育児休暇や産休制度があっても、現場から離れての復帰が難しい部署である場合、そのまま退職という形を選ぶ人が多いようです。

女性の中では、免許さえあれば、薬局などにすぐに転職ができる、という考えから、元々そのつもりで企業に就職する人がいるのは否めません。

そのため、離職率が高い、ということが一概に職場環境の良し悪しを示すものとはいえないのです。

このように、離職率とは、転職の際にある程度基準に出来ますが、職種によってすごく参考になる場合と、確認しておく程度にとどめておくべき場合もあります。

実際にどのような職場で、どのような理由でその離職率に繋がったのかは、転職エージェントなどと相談して、転職先を吟味しましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ