薬剤師が高収入、800万の年収をめざすには


薬剤師が高収入で800万という数字を目指すのは、簡単なことではありません。

薬剤師が高収入で800万という数字を目指すのは、簡単なことではありません。

しかし、職業や働き方を考えることで年収800万への近道を見つけることが可能です。

仕事別に到達できる可能性の程度を考えていき、今の職業が自分の目標にあっているかを確認していきましょう☆☆☆

薬剤師の高収入、800万狙うならドラッグストアと調剤薬局!

薬剤師の高収入、800万狙うならドラッグストアと調剤薬局!

薬剤師が高収入、800万円以上の年収を狙うなら、ドラッグストアが候補に挙がります。

薬剤師の勤め先の代表格である調剤薬局や病院よりもドラッグストアで働くほうが高収入を得られる確率が高くなります。

その理由としては、ドラッグストアが薬剤師を求めている割に人が集まらないことに起因しているといえます。

やはりイメージとして、ドラッグストアでは薬剤師としての専門性が十分に発揮できないという事があるからでしょう。

また、十分な教育が得られないというイメージもあり、新卒は専門性が感じられる病院や調剤薬局での仕事を希望することが多いです。

そのため、ドラッグストアは薬剤師確保のためにより高い給与を提示してきます。

新卒であってもいきなり一年目で年収が400万円を超えることも珍しくありません。

たとえ新卒であってもいきなり一年目で年収が400万円を超えることも珍しくありません。

さらに、調剤薬局や病院と異なり、薬剤師であることが大前提の職種ではないので、月に数万円の薬剤師手当がもらえます。

さらに、福利厚生などの手当が充実していることがほとんどです。

残業手当などもしっかりしていますが、その分土日の出勤、夜間勤務もある場合があるので、不規則のシフト制にはなります。

また、ドラッグストアでは薬剤師の基本的な仕事である調剤や服薬指導などの他にもお客さんからの健康相談に応じたり、店内の医薬品の在庫管理や発注業務も行い、さらにヘルプでレジ係や棚卸しを行ったり、店内の陳列や紹介記事の作成なども行う場合があります。

最近ではサプリメントなどに関する質問が多くあります。

最近ではサプリメントなどに関する質問が多くあり薬剤師の専門性から外れているように感じるでしょう

しかし、実際にはドラッグストアの薬剤師はある意味どの職業よりも広く健康に関する知識が得られるので、やりがいのある職業と言えます。

エリアマネージャーとして活躍したり、地方で働けば800万も夢じゃない!

大手のドラッグストアであれば、店長に昇進した他、さらにエリアマネージャーとして活躍するなどさらなる高みを目指して年収800万の高収入も夢ではないので高収入を目指すならぴったりでしょう。

また、調剤薬局においても、場所を選べばいきなり年収が800万円超えすることはなくとも、数年でそれくらいの高収入が期待できます。

特にあまり人の集まらない地方の薬局であれば、薬剤師を集めるためにより高い給与を提示していることが多いので、800万の年収を探している人はそのような場所をチェックすると良いでしょう。

薬剤師の高収入、800万は病院では難しい?

薬剤師の高収入、800万は病院では難しい?

薬剤師の高収入で800万円を目指すのは、病院はどうでしょうか? はっきり言って難しいことでしょう。

薬剤師の学部生の希望の就職先としてよく名前が挙がる専門性の高い病院です。

そのため、特に給与を考えなくとも薬剤師が集まるので、ドラッグストアのように給与を上げる事で薬剤師を集めようとするドラッグストアのような努力は必要ありません。

そのため、調剤薬局やドラッグストアに比べ、給料が低めです。

残業手当などの手当がないわけではありませんが、その金額は高いといえません。

では、病院での年収800万円の高収入達成は無理でしょうか。

まずは、公務員として国立病院機構や公立病院で働くことです。

年功序列で給与は上がっていくので、生涯年収から見れば、高年収の就職先になります。

公務員なので給料は国に決められていて初任給は低めですが、年功序列で給与は上がっていくので、生涯年収から見れば、高年収の就職先になります

病院の中の役職で薬剤部長にもなれば年収が800万円どころか、1千万円近くにもなるところもあります。

さらに最近では専門薬剤師制度が整備され、その結果専門薬剤師手当が支給されることで高収入を得る手段が増えました。

他にも急性期病院など、高いスキルを必要とする場所は高めに給与が設定されているでしょう。

薬剤師で高収入、800万を狙うなら企業がいい?

薬剤師で高収入、800万を狙うなら企業がいい?

薬剤師で高収入、800万円以上が期待できる職場といえば、企業が挙げられます。

企業全体で見ても平均年収は600から700万円、その中には1000万円超という高額年収の人もいます。

仕事の種類としては、治験に関わるCRAや医薬品情報を扱うMRやMS、医薬品の管理を行う品質管理や薬事関連業務などが挙げられます。

特にCRAやMRは営業の要素も入ってくるので、本人に実力があれば800万円と言わず、1000万円という高収入をも目指せるでしょう。

このように職業ごとで可能性の度合いや手段が異なってきますが、高収入を目指す事ができることがわかります。

しかし、やはりそのやり方というのにはGUIDEが必要です。

薬剤師の転職サイトに登録することがおすすめです。

そこでおすすめなのが薬剤師の転職サイトに登録することです。

多くの公開、非公開の求人が見つけられる他にも、転職を成功させるコツも書かれているので、まずは登録からはじめましょう。

もしかすると思っているよりも近くに、年収800万への入り口があるかもしれません。


タグ: , , ,
カテゴリー: モチベーション
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。