薬剤師が1年目で転職する場合に必要になる条件って?

薬剤師が1年目で転職を考えるということは実はそこまで珍しいことではありません。

薬剤師にかぎらず、新卒の1年目というのは、新しい生活に夢や希望にあふれている時です。

その期待のため、どうしても新しい職場の欠点というものが浮き彫りにされてしまうものです☆☆☆

薬剤師が1年目で転職したくなってしまう理由

1

薬剤師が1年目で転職する理由というのはどのような物があるのでしょうか?

まず最も多いのは、仕事が楽しくない、達成感がないといったものです。特にこれは、学生時代から目的意識を持って勉強を薦めてきた薬剤師に多く見られます。

現在のように6年制となり、専門知識や技術の基礎を習得した学生はその分就職先の調査も怠りません。

そのため、自分の理想とする仕事や職場をイメージしてしまい、実際に働き始めてその理想とのギャップに苦しめられます。

どの業界、どの仕事においても同様ですが、1年目は思ったように仕事を進められない、華やかな表舞台の仕事ではなく地味な仕事、単調作業ばかりでどうしても自分の価値が活かしきれていないと感じてしまうことはあります。

その結果、転職したいという願望が生まれるのです。次に転職理由として挙げられるのは、人間関係です。

既に働いている先輩社員についても実際に知ることは難しいですが、同じタイミングで入社する同期について知るというのはもっと難しいことです。

また、病院などになれば、患者さんとの関係も重要になってきます。

やはり、いくら仕事内容や会社について様々な事をネットや転職サイト、転職エージェントを通して情報を得ることが出来ても人を理解するというのは非常に複雑で求人票には載せられません。

そのため、実際に働き始めて1年目で働きにくさ、仕事のやりにくさを感じて転職を考えるようになる薬剤師が多いのです。

薬剤師の1年目で転職するということはやはり外聞が悪い?

2

薬剤師が1年目で転職することに関しては、あまりいい目で見られません。しかし、実は1年目の転職が良い選択になることがあるのです。

ここで一言忠告ですが、一年以内で転職を薦めるわけではありません。

あくまでも次のような理由や条件のある職場からの1年目での転職は結果的に長い目で見ると成功といえるという話です。

まず、自分が本当にやりたいこと、関わりたい仕事が見つかったという時です。

その場合であれば、できるだけ早く転職し、新卒の時期から仕事に就いている同期と差が小さい内に仕事を始めることが重要です。

どうせ仕事をするなら自分の好きなことをするほうがモチベーションも上がります。そして多少の苦難があっても乗り越えられます。

せっかく免許があれば転職しやすいという薬剤師の仕事です。その長所を活用してできるだけ早く目的の仕事への転職を成功させることが重要になります。

また、仕事の教育制度がしっかりしていないのであれば、できるだけ早い転職が長い目で見ると非常に有効です。

特に収入や地域だけに固執して就職先を選んでしまうと、どうしても研修制度などの教育制度がしっかりしていない場所に就職してしまう場合があります。

習うより慣れろ、なんて言葉もありますが、薬剤師のように命にかかわるような仕事をOJT方式で行うことは危険が伴います。

そのほうが身につく、という人でも良いのですが、やはり最初は教育制度が作られていて、活用されている場所を最初の就職先にする方が良いでしょう。

やはりそのような企業というのは、大手が中心となります。そのため、最初は地方の中小薬局よりも、全国展開している大手の調剤薬局がオススメといえるでしょう。

しかし、調剤薬局やCROといった薬剤師の募集をかけている企業だと、新卒でなくとも中途採用者に対しての研修制度も導入しているので、1年目ですぐに転職をしないと教育を十分受けられないということではありません。

そのため、時期を選ばなくても良いのですが、やはりきちんとした教育を受けるのは、薬剤師としては早めに転職を実行しほうが良いのかもしれません。

薬剤師の1年目で転職してしまうことは、何を覚悟したらいい?

3

薬剤師が1年目で転職してしまうというのは、やはり先輩社員から見たらあまり良いことには受け取られないでしょう。

石の上にも三年ともいいますが、やはり1年目ですぐに転職を考える事は諦めが早い、忍耐力が足りないと取られがちです。

それは転職先の人事の人も思いがちなことです。そのため、一年以内での転職というのは、それなりの覚悟が必要です。

なにしろ、転職する際に重要となるのは、経験です。

中途採用者に求められるのは即戦力であり、それを生み出すのが経験なので、一年未満の転職者にはなかなかそれが備わっているとはいえません。

さらに1年目で仕事を辞めるということから、今回も採用してもすぐ辞めるのではないかという不安感が生まれます

4
そのため、1年目での転職だと採用者側はどうしても慎重になってしまいます。

採用者側の不安や疑念などを吹き払うためにも、履歴書や面接を通して、いかにその企業で働きたいか、働き続けたいかを伝えることが重要になります。

薬剤師が1年目で転職するというのには必要条件があります。それらは、転職を初めて行う場合は1人で揃えるのが難しいのもあります。

そのため、その際には、プロの手を借りることがオススメです。当サイトにもあります薬剤師の転職サイトにまず登録してみましょう。

登録することによってまず公開、非公開情報を入手することが出来ます。

そこでさらに転職サイトエージェントの助けを得ることで最も効率的に希望の就職先を見つけ、転職することが可能になるでしょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ