薬剤師とIターン、良い組み合わせ?

薬剤師でIターン、というと少々聞き慣れないかもしれません。しかし、Uターンと一緒に最近ではよく使用される言葉となっています。

UターンとIターン、同時に使われることが多いですが、その内容は大きく異なりますので、メリットもデメリットも異なってきます。

その2つがどのような点で異なってくるのでしょうか。その内容を掘り下げて行きましょう☆☆☆

薬剤師のIターン就職って一般的?

薬剤師のIターンというと、もともと育った地方に戻る、というUターンとは違い、ある程度馴染んでいた場所に就職、転職をきっかけに戻る、というわけではありません。

都会で生まれ育った人間が田舎で新天地を見出すという意味合いになります。そのため、Iターンで就職する薬剤師はUターンで就職する薬剤師とは条件が変わってきます。

Iターンしたいと考える薬剤師は、仕事に不満があることから、もしくは環境を変えたいから、そしてもしくは両方に変化を求めている薬剤師が多いです。

薬剤師以外の仕事では、都会のほうが給料がよく、仕事もたくさんある、というのが一般的ですが、薬剤師は都会では飽和していると言われていることからむしろ真逆であると言えます。

ポストが空かなかったり、希望が通りにくかったりとなかなかやりたい仕事ができずにやりがいが足りないといった仕事の不満や人が多すぎて人との繋がりが感じられない、患者さんとのコミュニケーションが取れないといった環境に物足りなさを感じてIターンを考える人が多いのです。

そしてさらにIターンを推奨する企業や自治体が増えていることからIターンそのものを考えやすくなったとも言えます。

薬剤師がIターンを行うメリットって?

薬剤師がIターンを行うのは他の職業よりも容易いといえるかもしれません。

地方での薬剤師の募集を掲げる会社は多く、その分自分の期待に沿った就職口が見つけやすくなっています

特に調剤薬局やドラッグストアは都会で働きたい薬剤師はたくさんいても、あえてIターンをして地方に行きたいという人は少ないのが現実です。

工場のある企業であれば、工場が基本的に地方にあるということからIターンを希望する人にもおすすめできる就職口となっていますが、CRAやMRといった営業よりの仕事の場合、結局都会にある本社との行き来が多く、あまり地方の良さの恩恵にあづかることは出来ないかもしれません。

しかし、積極的に地方でも働きたい、ということによって都会ではなかなか出来ない仕事にチャレンジできたり、より責任のあるポストに就きやすいとも言えます。

また、環境面から見ても、排気ガスや騒音が少なく、事件も少ないことから空気のきれいな安心できる場所で住めるということでストレスを減らすことができるでしょう。

また、地方では土地代が都会ほど高くないことから、若いうちから一軒家を建てたかったり、子供を地方の環境で育てたい、という考えがある場合もIターンが注目される要因となっています。

薬剤師のIターンは何を注意したらいいの?

薬剤師のIターンは、最近の農業ブームなどに相まってメリットだらけが見えてきますが、残念ながらデメリットもあります。

まず、Iターンでのデメリットとして挙げられるのは、やはり初めての地方での生活に慣れないことからくるストレスでしょう。

確かに空気も綺麗で、静かで過ごしやすいかもしれませんが、その分利便性にかけてしまいます。

都会であればどこにでもあり、24時間営業も多いコンビニやファーストフード店がなかなかない、もしくは無かったりしてほしいものがほしいタイミングに手に入らないことは人によっては大きなストレスになるでしょう。

また、ろくに近所付き合いをしたことがない人にとっては、Iターン先の地方での人間関係の煩わしさに驚くかもしれません

なにしろ都会では引っ越しも多く、一人暮らしで暮らしている人も多いことから引越しの挨拶すらしないのに、地方だとおすそ分けや新年の挨拶など、なにかと近所付き合いをしていかなければ、態度が悪い、というレッテルを貼られてしまうかもしれません。

また、Iターン先の地域の住民の間にしきたりがあったりして、折角の休日に自治会の予定を入れられたりして、時期によってはあまりゆっくり出来ないかもしれません。

仕事面に関しては、責任ある仕事について仕事にやりがいを見出すことができるかもしれませんが、その分忙しくなってしまうことも多々あります。

小さな薬局であれば、1人で切り盛りしなければならなかったり、その地域の住民が全員お客さんになってしまい、てんやわんやになってしまうことも考えられます。

地方に暮らすこと自体が初めての人によっては、Iターン就職をして地方でお仕事をすることには不安がいっぱいあるでしょう。そのような時は、まず薬剤師転職サイトに登録することがオススメです。

仕事の情報はもちろんのこと、Iターン先の地域の情報も合わせてコンサルタントなどを通じて情報入手が可能なので、初めての場所でもうまく生活するためのコツが掴めるかもしれません。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ