薬剤師にUターンはおすすめできる?

薬剤師でUターンという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

最近では、Uターン就職や転職という言葉がよく聞かれるようになっています。それは何も薬剤師に限ったものではありません。

では、薬剤師でUターンというと、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。その詳細を見て行きましょう☆☆☆

薬剤師のUターン就職というのは?

薬剤師のUターン、を語る前にそもそもUターンとは何かを考えなければいけません。

Uターンとは、地方で生まれ育ち、薬剤師の場合であればその後に都心の大学を卒業したあとに地元に戻って就職すること、もしくは学校までは地元にいて、就職をきっかけに都心に出てきた人が、転職をしてまた生まれ育った地方に戻ることを言います。

ちなみに、それにUターンと一緒によく言われるIターンですが、Uターンとは逆で、都心で生まれて成長した人が就職や転職をきっかけに、地方に移り住んで仕事をすることを言います。

薬剤師のUターンは大人気?

薬剤師のUターンですが、そもそもなぜ注目されてきたのでしょうか。やはり最も影響しているのはライフスタイルや価値観の変化でしょう。

一昔前にあったバブル景気の頃であれば、やはり一流の大企業に勤めて高い給料を稼ぐことが理想とされてきましたが、最近ではやりがい、環境重視といった給料以外のポイントを重要視するという考えが主流となってきています。

その結果、都会の雑踏の中で仕事をして生きるより、地元にUターンして自分のあったペースで働く、ということが一般的とされるようになっているのです。

そして最近では地域おこしなどの目的も含め、地方企業や自治体が積極的にUターン者の募集をかけ、引っ越しや住宅確保に困っている人のため、地方での就職を希望している人対象に借り上げ住宅を準備してあげたり、公団住宅を用意している自治体もあります。

薬剤師がUターン就職を行うメリットって?

薬剤師のUターンに限らず、地方で暮らしたいと思う人は増えています。それはやはり、都会にはないメリット、例えば排気ガスの少ない、静かな自然に囲まれた場所で暮らせる、ということです。

空気や水もおいしく、人も穏やかなことが多く、都会のストレスが忘れられるということからもUターンする魅力があるでしょう。

さらに仕事以外でもUターンで地方に住んでいれば休日のドライブは渋滞を気にせずに出来ますし、そこまで時間がかからない距離にアウトドアを楽しめる環境があることが多いです。

個人商店や直売所もあることが多いので、新鮮な食べ物を入手できますし、家賃なども含めて生活費も格安で、しかも広い部屋に住むことが出来ます

また、土地代も安いことから将来的に数年程度でマイホーム購入なんていうのも夢ではありません。

また、親元に戻って暮らす場合は、親に孫の顔を見せ、同時に二世帯住宅にして親の介護をしつつ、仕事が忙しい時に子どもの面倒を親にお願いすることが出来ます。

その中でも薬剤師によってのメリットは、やはり地域医療に携われることにより得られるやりがい、そして特に調剤薬局を中心とした、人材不足にあえぐ地方だから期待できる高収入でしょう。

薬剤師の飽和が問題となっていると言われますが、それはほとんど都心に限った話で、Uターンによって、都心で働いていたころよりも重要で幅広い仕事をすることが可能になります。

調剤薬局を例に挙げると、大体都内での勤務の場合は、平均年収は450万円程度と言われています。

しかし、地方によってはいきなり年収800万円が提示されることもあります。

薬剤師のUターンに失敗例はない?

薬剤師のUターンはメリットだらけに見えますが、やはり考えられるデメリットも存在します。まず、Uターンでのデメリットとして挙げられるのは、ライフスタイルが変わることによて考えられるものです。

いくら小さいころ、学生時代に住んでいる場所に戻り、地元にUターンで戻ったとしても、都会での利便性に慣れてしまっているとどうしても窮屈さは感じられるでしょう。

都会であればどこにでも在ったコンビニやファーストフード店が無かったり、夜になるとそもそも開いているお店がなく、車がなければ移動もままならない、挙げていけばきりがないでしょう。

また人間関係の煩わしさもあります。マンションが主流の都心では、引越しの挨拶どころか、隣に住んでいる人の顔を知らない、ということが当たり前になっていますが、地方だと近所付き合いをしていく必要が生まれます。

挨拶といった常識的なことから、その地域だけのしきたりがあったり、ほぼ半強制で参加しなければならない行事があったりと都会慣れしてしまうとなんとも面倒なことが多くあります

また、親元に戻るというのは、自分だけでなく、親の分の人付き合いにも気を配らなければなりません。

その中に苦手な人がいたら面倒であることは言うまでもありません。ほかにも、地方だとどうしても情報量が少なくなりがちです。

インターネットが地方にも普及していることから社会から孤立することはないかもしれませんが、施設が少ないことから映画館や展示会に参加するきっかけは減少してしまうでしょう。

また薬剤師として地域医療に参加できるというメリットは同時に地域ならではの機器不足や人材不足にも対応することになるので、仕事に追われる毎日になる可能性もあります。

仕事がどのくらい大変になるのか、せっかくのんびりと地方で住みたい人にとっては重要な問題ですね。そのため、仕事探しに関しては薬剤師転職サイトの活用がオススメです。

実際の仕事時間、残業などといったデータもこれらの薬剤師転職サイトから得られますし、Uターン先から内定をもらうまでのサポートを得ることが出来ます。ぜひ利用してみましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ