調剤メイン薬局の薬剤師ってどうやったらなれるの?

調剤メイン薬局の薬剤師というと、基本的にそうじゃないの?と疑問を持たれる方もおられるでしょう。

しかし、実際には薬剤師に求められているものとは調剤技術だけではないのです。幅広い知識をつかった服薬指導や処方内容の確認も薬剤師の立派な仕事です。

それらを踏まえて調剤メインの薬局で働くこととはどういうことか、どのようにしたら働けるのかを見て行きましょう☆☆☆

調剤メイン薬局の薬剤師とは?

調剤メイン薬局の薬剤師になると、OTCをメインに扱う調剤薬局の薬剤師さんと仕事上大きく違う点が生まれます。それは接客に関するお仕事についてです。

病院薬剤師やOTC医薬品をメインで扱う場合であれば、入院患者とコンスタントにコミュニケーションを取ることやご近所さんとよくお話するといった関わりが生まれやすいものです。

しかし、調剤メイン薬局になると、基本的に薬局を訪れるお客さんというのは、すでに病院などで診察を受け、摂るべき医薬品を指定された患者さんがほとんどです。

そのため調剤メイン薬局での、窓口での服薬指導を含めた業務というのは事務的になりがちです。

さらに門前薬局ではない場合、お客さんは基本的に単発で風を引いた時だけに訪れる、といったような非常に間隔が開いてしまうので患者さんとの信頼関係を築いていくのは難しいです。

これにより調剤メイン薬局の薬剤師に大切なのが、医薬品の確認と服薬指導です。

継続的にお薬を飲んでいる状態でない場合、通常処方される薬じゃないということは患者さんの方で確認するのは難しいです。

そのため、医師の間違いを見つけたり、不審な点があれば問い合わせを行うことが薬剤師の重要な仕事になります。

また、薬をのむこと、もしくは飲ませることに不慣れなお客さんにできるだけわかり易く丁寧に指導を行うことも大切です。

患者さんと係る時間が短い分、その間に適切に仕事をする、ということが調剤メインの薬局の薬剤師の仕事のポイントかもしれません。

調剤メイン薬局の薬剤師の方が専門的?

調剤メイン薬局の薬剤師で、OTCをメインと薬剤師は嫌だ、という方がおられるかもしれません。

理由としてはお客さんとあまりコミュニケーションをとりたくない、薬剤師の本来の仕事は調剤だから、薬剤師にしか扱えない薬を扱いたい、など様々あるかと思いますが、前述したように調剤メインであれば会話力が必要でないわけではありません。

むしろ、短い間でしか話さないからこそ密度が重要になります。そして、薬剤師の本来の仕事が調剤だけ、というのは少々視界が狭すぎることかもしれません。

日本では調剤だけが薬剤師の専門職であるということが一般的かもしれませんが、海外に目を向けてみると薬剤師はより医師に近い能力を求められていることが分かります。

アメリカのある州では薬の処方まで可能なところもあります。

もちろん、日本では認められていないことではありますが、薬剤師にはそれができる場所があるということが重要なポイントとなるのです。

そのため、調剤だけに目を向けるのではなく、OTC医薬品のように患者さんが薬を自分で選ぶ場合、患者さんの症状に合うものなのかを確認する作業も調剤メイン薬局の薬剤師の重要な仕事なのです。

調剤メイン薬局の薬剤師になるのは難しいこと?

調剤メインの薬剤師になりたいと思うのであれば、求人票でまずそのような条件を見つけることが重要です。

しかし、ここで注意しなければならないのは、調剤メイン薬局と言っても、調剤のみが仕事となる職場は殆ど無いということです。

最近では調剤作業も人の手を借りずに機会のみで行う調剤薬局も多くなってきました。

これは薬剤師による人的エラーの回避や正確な調剤援助と言った意味合いもありますが、他にも薬剤師が服薬指導や患者さんとのコミュニケーションの時間を確保するためでもあるのです。

そのため、OTC医薬品にかかわらず、調剤だけに専念したいと思っている方にとっては、転職先の選択は難しいことといえるかもしれません。

しかし決して不可能ではありません。その方法の1つとしてオススメなのが薬剤師専門の転職サイトを利用することです。

このような転職サイトでは非公開の調剤メイン薬局の求人も多く取り扱っていて、通常よりも多くの募集要項を見通すことができる他にも、専属のコンサルタントに相談でき、より効率よく転職先探しが可能です。

ぜひ登録から始めてみましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ