調剤薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者とは反応が極端な患者さん

調剤薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者としては、いくつかの種類が挙げられます。

あまり反応のない患者さんや気が立っている患者さん、そして人見知りする薬剤師が苦手とするよく話してくる患者さん。それらの患者さんの対応の仕方の例などを挙げていきましょう☆☆☆

調剤薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者とは反応の薄い患者さん

調剤薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者とはまずは反応が薄い患者さんがいます。

無口な性格の方であったり、虫の居所が悪かったりすると普段そこまでだんまりではない患者さんでもなかなか反応が返ってこない場合があります。

そのような患者さんだと特に人見知りをしてしまう薬剤師はどうしていいかわからないでしょう。

しかし、あらかじめ何をするべきか自分の中でマニュアル化していれば、対策ができます

まず患者さんの様子をよく観察する、ということが挙げられます。

患者さんが薬局に入ってきてこちらからあいさつした時の反応の仕方、さらに服薬指導を行っている際の表情や返事の感じをチェックしましょう。

もし声をかけてもこっちを見ない、返事をしないのであれば、無理に声をかけることは避けましょう。

体調が悪かったり、もともと人付き合いが苦手な可能性があります。

変に気にしておどおどしなくていいように、こういう人なんだ、と割り切って機械的に必要な服薬指導などを行いましょう。

その際に目が合わない、こっちをそもそも見ないということがあっても笑顔を心がけましょう。

見てないからと無表情で対応すると相手がふと薬剤師を見た際に傷ついたり不快に感じるかもしれません。

いやいやそもそもはそっちが無表情なのが悪い、と思うかもしれませんが、あくまでも患者さんはお客さんの立場です。薬剤師は、患者さんにスキを見せないようにしましょう

調剤薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者とはイライラしている患者さん

調剤薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者とはイラついている患者さん、特にその調剤薬局の中で嫌なことがあったり、待ち時間が長いと感じてイラついているかもしれません。

特に体調が悪くて調剤薬局に来ているのに薬が出てくる気配がなければ患者さんは余計に苛立ちます。

そんな患者さんは服薬指導中から足踏みをしてみたり、腕を組んだりして自分のいら立ちを出します。

そのような場合、特に人見知りの方であれば服薬指導で緊張してしまって頭に入っている言葉がなかなか出てこないでしょう。

さらに常連の患者さんであればわかっているからもう言わなくていい、であるとか、早くしてと催促されるかもしれません。

難しいかもしれませんが、ここは毅然としなければなりません。

患者さんが話を聞かないようであるならば、一言謝り法律で決められていることを行っている、ということを伝えるのも重要でしょう。

言い方によっては嫌味っぽくなってしまうので低姿勢で先にお時間取らせてすみません、などつけておくのが無難です

調剤薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者さん、おしゃべり好きの患者さん

調剤薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者には話しかけてくる患者さんがいます。

やたら反応の薄い患者さんも厳しいですが、人見知りする方にとってはやたら話しかけてくる患者さんも対応に困るでしょう。

しかし、そのような患者さんであればあるほど情報を得やすいです。

薬剤師のほうが医師より比較的に話しやすいので、医師には言えなかったけど、といった内容の中に重要な情報が含まれているかもしれません。

基本的によく話す患者さんは話を聞いてほしいと思っているので、薬剤師側にしゃべることをそこまで要求してはいません。

笑顔で相槌をうち、人と話すというより先生から教わる気分で話に耳を傾けるとよいでしょう。

実際に薬剤師は患者さんの話から多くを学ぶことができますし、薬歴を書く時にも楽になります。

特に高齢者になると話が長くなり、ほかの方に対応するまでの時間がかかってしまうかもしれません。

もし窓口が一か所でなければ、ほかの薬剤師にフォローをお願いしたりするのもよいでしょう。

無理そうであれば、一言謝罪して会話をいったん区切って続きに関しては少し待ってもらうのが良いでしょう。

人見知りをする薬剤師にとっては接客業である調剤薬局業務は苦痛かもしれません。

もし対策をしても仕事のストレスが耐えられないものであるならば、転職するのも手段でしょう

転職を考えるならば、第一歩としておすすめなのが薬剤師転職サイトへの登録です。

登録することによって様々な非公開の転職先を閲覧できるほか、転職コンサルタントへの相談から自分にぴったりの仕事、職場のマッチングを行うことができます。

まずは薬剤師転職サイトへの登録から転職活動を開始しましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ