調剤薬局で処方医がむかつく薬剤師にならないために

調剤薬局で処方医がむかつく薬剤師とは、どのような薬剤師なのでしょうか。

まず、処方医が薬剤師にむかつくという感情を抱く場面は、疑義照会のときでしょう。

ではそのような感情を処方医に持たれる原因とはなんでしょう。また、良好な関係を保つための対策には何があるでしょう☆☆☆

調剤薬局で処方医がむかつく薬剤師がいるのはPL法ができたから?

調剤薬局で処方医がむかつく薬剤師がどのようなものかを知るためには、PL法(製造物責任法)の条例を知る必要があります。

「製造物責任 第3条 製造業者等は、その製造、加工、輸入又は前条第3項第2号若しくは第3号の氏名等の表示をした製造物であって、その引き渡したものの欠陥により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは、これによって生じた損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が当該製造物についてのみ生じたときは、この限りではない。」

これがPL法にある文面になります。

さて、ここにある「製造物」とは「製造又は加工された動産」(製造物責任法第2条第1項)と定義されているので、調剤薬局の薬剤師に関係するかを考えるためには薬局製剤が製造物責任法における「製造物」に当てはまるかどうかを理解する必要があります。

答えから行ってしまうと、薬局製剤は薬局において「加工」されたものと考えられるので「製造物」に当たります。

そのため、その「製造物」に欠陥があればそれは薬剤師に責任があるということになります

では、処方医の処方箋に基づいて薬剤師が調剤した薬剤に欠陥があった場合どうなるのでしょう。

一般的にこの薬剤師による調剤は役務であると考えられるので、調剤薬はたとえ薬局内で「加工」されたものだとしても、あくまでサービスの一環としてとらえ、PL法における「製造物」には当たらないと解釈できます

つまり、薬剤師が原因ではなく、PL法によって責任対象にならないといえます。

すなわち、万が一薬剤師の調剤した薬が原因で患者になにかしらの被害が生じたとしても、薬剤師や所属する薬局が責任を負わされることはありません。

しかし、この考えから処方医の言うとおりにしていれば大丈夫!と思ってしまうのであれば、それは薬剤師としての倫理観が足りないことになりますので、厳しいことを言いますが薬剤師には向いていないと言わざるを得ないでしょう。

薬剤師としての人の命を守るという職務を守るために調剤薬局の薬剤師がしなければならないことに処方の内容に疑問がある場合、処方医に疑義照会を行うのです。

調剤薬局で処方医がむかつく薬剤師の特徴

調剤薬局の処方医がむかつく薬剤師として挙げられるものに前項にて紹介したPL法を重く受け止めすぎてしまっている方です。

処方医も自分の知識や経験を持って処方箋を書いています。

その処方箋に対して、具体的な疑義照会を行えたのならよいのですが、問題はないとは思うが、不安でこれでいいですか?などといった問いかけでは、処方医に非常に失礼で、むかつくと思われても仕方がありません。

「確認ですが、いつも~~を処方しているのですが、今回~~となっていますが、よろしいですか?」など、きちんと疑義照会をする理由を述べられるように下調べを行うようにしましょう。

処方医に限らず、やはり理由もないのに疑われては不愉快になります。

相手の納得できる疑義照会を行うようにしましょう。

調剤薬局で処方医がむかつく薬剤師はコミュニケーションの取れない薬剤師

調剤薬局で処方医のむかつく薬剤師とはつまりは同じ医療従事者としてのコミュニケーションが取れない薬剤師です

薬剤師の地位は薬剤師の教育課程が6年間に延長されたことやチーム医療が着目されたことにより昔より向上しています。

それは、薬剤師が偉くなったととらえるのも一つですが、より医療従事者としての責任を求められているととらえるべきでしょう。

処方医は薬剤師が患者に薬がわたる直前に最終チェックを行うことを期待しています。

そこで処方医の知識を疑う発言をしたり、時間を無駄に消費するような言葉の選び方をしてしまえば期待している分落胆も大きいでしょう。

もし調剤薬局の薬剤師として自分が向かないと思ったのであれば、転職を考えるのも一つの手でしょう。

その際には薬剤師のための転職サイトを活用するのがおすすめです。

薬剤師転職サイトへの登録によって様々な非公開情報を入手することができるので、転職の第一歩として最適です。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ