調剤薬局の薬剤師でむかつく上司対策とは

調剤薬局の薬剤師でむかつく上司がいると日々の業務は大変になります。

その代表的な上司の種類、その上司がいても頑張る方法、そしてその他の対策などを見ていきましょう☆☆☆

調剤薬局の薬剤師でむかつく上司、責任が取れない上司

調剤薬局の薬剤師でむかつく上司として挙げられるのは、部下に責任転嫁する上司です。

調剤薬局内での仕事の割り振りの仕方や在庫管理などで自分のミスの結果トラブルが発生した場合、部下のせいにする上司がいます。

部下に理由を要求し、部下がさすがに上司の名前を挙げられないということをいいことに部下に責任転嫁するのです。

このような権力を振りかざす上司は部下に好かれるわけがありません。部下に好かれないこんな上司の行動の根源に何があるのでしょうか。

最も多いのが、自分に自信がない場合でしょう。自分のせいじゃない、自分が悪いわけではないというのを周りにアピールしたくて人のせいにして自分をよく見せようとする人がほとんどです。

このような上司相手だと部下は大変ですが、対策としてはこのような上司は同じようなところでミスを犯すので、そのミスを察知し、未然に防ぐことが最も効果的です

大変な作業ですが、それができるようになればきっと出世に活かせるスキルを得たと思ってよいでしょう。

ただし無理は禁物です

精神的な負担が大きいようであれば、上司より上の立場の人間に頼るか、異動を検討したほうが良いでしょう。

調剤薬局の薬剤師でむかつく上司、仕事ができない上司

調剤薬局の薬剤師でむかつく上司には仕事ができない人が挙げられます。

部下が調剤や服薬指導などで戸惑っていてもヘルプに入れない、簡単な作業にやたら時間がかかる、という上司は部下に不信感を抱かせ、同時に会社の昇進に対する判断基準を疑わせてしまいます。

特に人不足の激しい調剤薬局であれば、たとえ経験が浅くとも薬剤師を管理職にしてしまうことがあります。

状況はどうであれ、部下にしては能力のない上司のもとで働くのはやる気をそがれます。

上司に頼らず、上司の代わりに仕事をできるぐらいになる、というポジティブな気持ちに切り替えられるとよいでしょう。そうなれば上司に頼られ、結果的に自身のスキルアップが行えます

逆に自分の不足している部分を上司から学ぶ機会があるかもしれないので上司を無能だと馬鹿にする前に自分の悪い部分を見直する機会にするのもよいでしょう。

調剤薬局の薬剤師でむかつく上司、怒る上司

調剤薬局の薬剤師でむかつく上司にはやたらめったらおこる上司がいます。

しかも大きな声で汚い言葉で叱る上司であれば、職場の雰囲気も悪くなりますし、同時に患者さんに不快感を与えることにもなりかねません。

最も厄介なのは、怒るだけ怒り、どうすればいいのか相談したら自分で考えろ、と突き放したと思いきや、勝手に動くなとしかりつける上司です。

このような上司は低い能力と高いプライドの人が多いです

評価を気にするけど評価を上げるための方法がわかっていない上司はそのフラストレーションを部下やほかの人間にあて、その怒りをもっともらしくするため叱るタイミングに合わせて発散するのです。

そのため、いざ相談されても目的は叱ることではなくなっているので解決策を用意していません。

そんなただ自分の気分でしかりつける上司に部下がついていくわけありません。

このような上司はさらに上の人間に相談するか、異動や転職が最も自分のためでしょう。

調剤薬局の薬剤師でむかつく上司、人を認めない上司

調剤薬局の薬剤師でむかつく上司の種類として、全く人を褒めない上司がいます。

このような上司は褒めたら怠けるから、という自身の経験からやっている人もいれば、部下を認めることができないプライドの高い人間、人を否定しないと自分が否定されているような気になる、といった心の弱い人が多いです。

前者であればここぞというときに褒めることを知っているのでまだ部下はついていくでしょうが、後者になると部下は自信を失ってパフォーマンス能力が下がってしまったり、薬局内の雰囲気が悪くなった挙句、従業員が次々やめる、といった状況にもつながります。

下手するとそのような状況になっても、自分が悪いと思いもしない上司がいるのも事実です。

そのような上司につぶされるくらいなら、異動や転職が最も良い対策でしょう。

いくつかむかつく上司の例を挙げてきましたが、上司があくまでも自分の上にいる人なので、なかなか状況の好転は難しいのが事実です。

頑張って損な上司についていくというのも方法の一つですが、それは実に難しいことなので、今できる対策として転職先を模索することがお勧めです。

その際におすすめなのが薬剤師のための転職サイトです。

非公開の求人が載せられているほか、多くの転職に向けての職務履歴書などの書き方のアドバイスがもらえます。
まずは登録を始めておきましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ