調剤薬局の薬剤師がむかつく中途採用の新人、同業種間の転職者への対応


調剤薬局の薬剤師がむかつく中途採用の新人にはいくつかのタイプがあります。

むかつかれる原因として最も大きいのは、その新人が新しい職場に不満を抱いているからであるといえます。

その不満の原因となることを挙げつつ、それぞれの不満を抱いた新人に対する対応を見ていきましょう☆☆☆

調剤薬局の薬剤師がむかつく中途採用の新人、ゆっくりしようとして転職してきた新人

調剤薬局の薬剤師がむかつく中途採用の新人、今まで大手でバリバリ働いてきたからゆっくりしようとして小さな調剤薬局に転職してきた新人がいます。

このような新人の中には、大手では忙しすぎたからゆっくりしたくてあまり店舗展開をしていない小さな調剤薬局を転職先に選ぶ方がいます。

しかし、店舗によっては人が少ない分責任が重くなる場合があります

以前の職場では一つの作業に集中できる環境があったものの、転職後の小さな薬局では下手したら管理薬剤師一人で店舗を仕切らなければならず、その結果多くの仕事をこなさなければならないことがあるのです。

また、機械の性能の差で忙しくなる場合があります。

大手では人為的エラーを防止するために機械化が進んでいます。

そのため、大手での業務で機械を使用した調剤などになれている方にとっては昔ながらの調剤方法を面倒に感じてもおかしくはありません。

このことから、転職したらもっと楽できると思ったのに、と勤続組に愚痴っていては当たり前ですが、むかつかれます

このような新人には、仕事をする上でのコツを教えてあげるなどして積極的にコミュニケーションを図るとよいでしょう。

不満を持っているのは確かですが、話を聞いてもらいたいという気持ちもあるのが通常です。

愚痴をきちんと聞いてあげることから始めましょう。

調剤薬局の薬剤師がむかつく中途採用の新人、バリキャリを目指す新人

調剤薬局の薬剤師がむかつく中途採用の新人に前項とは逆に、バリバリ働いてキャリアアップを目指す新人がいます。

あえて小さな薬局で管理薬剤師として、オールラウンダーとして活躍したいと思って大手から転職してくる新人とより高度な教育を受けるため、高性能な機器を使って業務をこなしたいと考えて大手に転職してくる新人がいます。

前者の場合、大手ではなかなかないスピードで管理薬剤師として働きけるということが魅力で転職してきますが、大手ほど制度が出来上がっておらず、それに関して薬局自体の監視がいないことがあります。

認識から改変していくのは非常に大変で、意見に同意してくれる協力者を得るのも大変です。

その努力が空回りしてしまうとむかつかれる原因になってしまう場合があります。

対策としては、具体的にどのようにしたいかをきちんと聞き、それを可能にするための具体的な作戦を一緒に考えてあげることが挙げられます。

また、後者のようにスキルアップを目指す新人には大手の高度の研修制度を期待してきて、実際に受けてみると期待外れであったり、思ったより設備が充実していなかったということで不満を抱く新人がいます。

しかしそれは場合によっては相談するだけで済む話である場合があります。

大手では多くの研修制度があるのが通常です。また、設備についても大手といえどすべての店舗で同じとは限りません。

会社の規則の再確認、店舗の異動が提案できます。

一度不満を聞き、それに対する案を挙げていくのが良いでしょう。

調剤薬局の薬剤師がむかつく中途採用の新人、上から目線の新人

調剤薬局の薬剤師がむかつく中途採用の新人にやたら上からものをいう新人がいます。

転職前に大手の調剤薬局に勤めていた方が小さな調剤薬局に移ってきた際、もしくは小さな調剤薬局で管理薬剤師などとして多くの業務をこなしてきた人が大手の調剤薬局にやってきた際に見られます。

前者であれば、大手ならではの優れた教育制度や高性能の設備がないことを嘆いてみたり、後者であれば一つの業務しかできない人に対して失礼な物言いをするかもしれません。

このような方は仕事に対する意識がまだ甘い部分があるといわざるを得ないでしょう。

一度きっちり話を聞いた後に上司など目上の人間から注意するのが良いでしょう

いずれのパターンにおいてもむかつかれる新人は何か勘違いをしている場合がほとんどです。

一度目上の人間がきちんと話を聞き、問題点を洗い出した後に注意するなり、一緒に問題を解決する姿勢が大切です。

これがなかなかできない立場であるならば、上司などにお願いするのも手でしょう。

転職者と関わる中で、転職そのものについて考えることも少なくないでしょう。

もし、転職に興味をもったのであれば、薬剤師のための転職サイトへの登録がお勧めです。

転職活動はもちろんのこと、転職前の心構えや転職後の行動へのアドバイスなど、前後の流れをしっかり理解することができます。

まずは薬剤師転職サイトへの登録から始めましょう。


タグ: , , , ,
カテゴリー: 不安と悩み, 職種・勤務先
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。