調剤薬局の薬剤師がむかつく処方医三段階

調剤薬局で薬剤師がむかつく処方医とはどのような医師でしょう。

それは薬剤師、しいては患者のことを軽視する医師です。

薬剤師の地位は向上し、責任もそれに伴い大きくなりましたが、残念ながらそれを理解していない人が多いのが現実です。

それが直接浮き彫りにされるのが、調剤薬局での疑義照会でしょう。

特に疑義照会の場面を取り上げて、調剤薬局で薬剤師がむかつく処方医について見ていきましょう☆☆☆

調剤薬局で薬剤師がむかつく処方医一段階、とは疑義照会を甘く見る人

調剤薬局の薬剤師がむかつく処方医、疑義照会を軽んじる処方医です。

例としては、患者さんが医師から聞いた話と医師の処方内容と異なる、もしくは明らかに処方量や薬の種類が変わってて患者さんがそれを聞いていないなどの状況があり、疑義照会を行おうと病院に電話をかけてみると、”なんか文句ある?”と疑義照会をいちゃもん付けかなにかと思っているような発言を受ける時が挙げられます。

これが単純に忙しいからといったことで処方そのものに問題がなければ、患者を守る観点としてはとりあえず結果オーライです。

しかし、それは薬剤師と処方医の信頼関係をゆがめるのには十分です

また、次に疑義照会をしにくくなりますし、本当に過ちがあった際に処方医が認められず、患者さんの命にかかわる危険があります。

薬剤師は薬が患者さんのお手元に届く前の最終関門です

それを理解できない処方医は薬剤師のむかつく対象となります。

調剤薬局で薬剤師がむかつく処方医二段階、疑義照会の大切さを知らない人

調剤薬局の薬剤師がむかつく処方医の一種。それは、そもそも疑義照会に対応しない医者です。

疑義照会をしようと病院に電話を掛けたところ、受付の方が先生は忙しいので電話に出ることができません。と医師にそもそも連絡が取れないことがあります。

疑義照会を行っているということは薬剤師は現在進行形で患者さんの対応をしています。それを処方医が理解していないわけがありません。

そこで10分時間をください、など具体的な予定がわかれば患者さんにも待ってもらいやすいのですが、電話に出られません、などと言われれば薬剤師は患者さんにも顔向けできませんし、医師への不信感、しいては処方に対する不安感が生まれて今後の関係性にひびが入ってしまいます。

この結果が予測できない処方医は薬剤師にむかつくと思われても仕方がないでしょう。

調剤薬局で薬剤師がむかつく処方医三段階、疑義照会を知らない人

調剤薬局の薬剤師がむかつく処方医に疑義照会をそもそも理解していない処方医がいます。

一例として、なぜか対応先の電話番号を上司などに渡されて、実際にかけてみると処方医のいる病院の門前薬局につながった、というパターンもあります。

医師の中にまだ患者さんは門前薬局に行くはずだから、もしそれ以外に行くなら門前薬局に問い合わせてもらえば安心、と疑義照会を理解せず、さらには医薬分業をきちんと理解していない人がいるからです。

薬剤師法の第24条にはこう記されています。薬剤師は医師の処方箋を受け取った際に、処方箋内容に対して疑問が生じた場合(疑義)には、必ず処方を行った医師に、内容の再確認を行う必要があり、その確認ができない限り、調剤をしてはならない、と定義されています。

この確認のための行為を疑義照会と呼ぶのです。

そのため、そもそも処方医と連絡がつかなければ疑義照会にはなりえません

それが理解できていない処方医は薬剤師にむかつくと思われても仕方がないでしょう。

このように、患者さんを守る同じ医療従事者としての価値観を持ちえない処方医が薬剤師にむかつく感情を抱かれる場合が多いです。

同じ調剤薬局にいるわけではないので、対策といっていいほどのものは残念ながらありません。

状況がひどいようであれば、上司に訴えたりすることで改善が見込まれるかもしれませんが、処方医がいるのはあくまでも病院なので、なかなか声を上げることができません。

もしその結果転職を考えるのであれば、まずは薬剤師転職サイトに登録することがおすすめです。

転職サイトの中でも薬剤師専門の転職サイトを利用することによって、より効率よく転職活動を行えます。

普通の転職サイトでは知りえない非公開情報を入手し、薬剤師目線で一緒になって転職活動を支えてくれます。

場合によっては現場の状況を把握することもできるため、過去の実績から疑義照会を理解しないむかつく処方医のいない病院の門前薬局の求人を見つけることも可能です。

転職の第一歩としては最適でしょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ