調剤薬局の薬剤師がむかつく患者さん、その種類と対策

調剤薬局で薬剤師がむかつく患者さんと出会うことは、接客業である以上可能性が非常に高いといえるでしょう。

挨拶をしない患者さん、目を合わせてくれない患者さん、喧嘩を吹っかけてくる患者さん・・・挙げていけばきりがないでしょう。

その中でも特に調剤薬局の薬剤師がむかつくと思う患者さんについて見ていき、そのような患者さんにするべき対応を考えていきましょう☆☆☆

調剤薬局で薬剤師がむかつく患者さん、不安を感じている場合は

調剤薬局で薬剤師がむかつく患者さんはなにも薬剤師をむかつかせようとしている方がすべてではありません。ただ、相手が薬剤師だった、という場合があります。

調剤薬局にやってくる患者さんは、健康に何らかの悩みや不安を抱えている場合がほとんどです。

処方医から健康になるための薬を処方されたとしてもまだ治っていないことから少し気が立っている場合もあるでしょう。

その状態でやっとのことで薬がもらえるのに服薬指導の一環で薬剤師にさっき医師に言ったことをまた言わされる、と感じてしまうとどうしても喧嘩腰になってしまいます。

そのため、患者さんに薬剤師が対応で一番意識する点は、まずは安心感を与えることです。

初対面の相手だと誰でも不安です。それがたとえ薬剤師のような医療のプロの一人であっても変わりません。

簡単なことから始めましょう。まずは、薬剤師が自分から名乗ることです

え、そんなこと?と思われるかもしれませんが、これがなかなかできていない場合が多いです。

自分から名乗ることで患者さんに自分を知ってもらいアイコンタクトを取りながら笑顔で対応します。

こうしているうちに患者さんの不安感をぬぐい、ペースを見極め、それに合わせることができます。

それをすることでこちらの話を聞いてもらえますし、医師にも話さなかったことを患者さんから聞き出して、万が一処方間違えとかがあれば未然に防ぐことができます。

調剤薬局で薬剤師がむかつく患者さんには、てきぱきはきはきと

調剤薬局で薬剤師がむかつく患者さんで、前項では不安を抱えた患者さんを取り上げました。

しかし、不安から話を聞いて欲しい人もいますが、逆に慢性的な病気で何度もおなじ病気について処方されている人は話を最低限に抑え、さっさと薬を渡してほしい人がいます。

ここではそのような患者さんへの対応方法について見ていきましょう。

服薬指導をしていたらそんなことは知っているから早く薬を出せ、という態度やそれを実際に声に出す方がいます。

それは、患者さんによってはこちらのセリフを暗記してしまうほど薬剤師の服薬指導を聞いている方もいるからです。

こっちは薬剤師として定められた仕事をしているだけなのに…、と不快になってしまいますが、だからと言ってこちらの指導を手抜きしていいということにはなりません。

相手がいらだっていても、正しく薬を使用してもらうための必要最低限の指導をきちんと相手の目を見ながら行いましょう。

目をそらしたり、暗記した文章を読んでいるようであれば適当に扱われたと感じ、それはそれで患者さんの感情を逆なでしてしまいます。

てきぱきと、相手に合わせた話し方は必要です。

調剤薬局で薬剤師がむかつく患者、親子

調剤薬局で薬剤師のむかつく患者さんになりやすい傾向があるのに子供とその親がいます。

子供の処方であればご両親の方に説明することはもちろんですが、薬を飲む本人にもきちんと目を合わせて話すことといった注意点もあります。

親御さんに伝えるのは覚えていても肝心の患者さんである子どもに話すことを忘れることはあまりよろしくありません

その際には細かいことですが、腰を下ろし、目線を患者さんに合わせて話すのがおすすめです。

その際には子供がきちんと聞いてくれなかったり、親がきちんと子供に聞かせようという気がなく、何をしているのかとにらまれることで、こっちは仕事をしているのに!といら立ちを感じることもあるでしょう。

そこは薬剤師の仕事、と割り切って笑顔で乗り切りましょう。

調剤薬局で薬剤師がむかつく患者、高齢者対応は慣れあるのみ!

調剤薬局で薬剤師がむかつく患者になりやすい高齢の方にはゆっくりとはっきりと話すことです。

特に高齢者の方になると話が長くなりがちです。ほかの患者さんが待っている中でとなるとほかの患者さんの目線もつらいでしょう。

しかし、そこで高齢者の方の話をないがしろにしてしまうと今度は高齢者の方の機嫌を損ねてしまいます。

うまく話を誘導して失礼にならない程度に話を切るのが良いでしょう。

最初はなかなか難しいので、周りのベテランの薬剤師さんの様子を観察するなどして勉強し、実際に患者さんと対応することで徐々に慣れていくのが良いでしょう

調剤薬局で薬剤師がむかつく患者さん、薬がわからない人

調剤薬局で薬剤師がむかつく患者は常識がわからない人です。ここでは知識面での常識を取り扱っています。

例を挙げるならば、食前に飲んでください、と言っているのに、食後でもいいですか?

というような感じです。意味があって薬の服用タイミングがあるのですが、薬の作用を理解していない患者さんにはいら立ちを感じることもあるでしょう。

また、専門用語は、相手がわかるように使うようにしましょう。薬剤師は無意識に使いがちですが、薬剤師なら簡単に感じる言葉でも、肝心の患者さんには全く伝わっていないこともあります。

相手の立場に立って、思いやりのある服薬指導を行ってむかつく患者をそもそも作らないようにしましょう

いずれも相手の立場に立って、どのような存在でいてほしいと相手が思っているかを気づけることで回避できます。

もしどうしてもむかつく患者さんが多過ぎて、転職でしか問題が解決されないのであれば、薬剤師専門の転職サイトに登録することがおすすめです。

薬剤師転職サイトでは多くの非公開情報にちょっとした転職のアドバイスを受けられるので、効率的に転職が進められます。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ