調剤薬局の薬剤師でむかつく新卒の新入社員の典型と対策


調剤薬局の薬剤師でむかつく新卒の新入社員は残念ながらいます。

しかし、その典型と対策を把握しておくことで、働きやすい職場環境づくりに生かすことができます。

では、むかつく新入社員の典型とどう対処すべきかということについて見ていきましょう☆☆☆

調剤薬局の薬剤師がむかつく新卒の新入社員、挨拶のできない新入社員

調剤薬局の薬剤師がむかつく新卒の新入社員に挨拶のできない新入社員がいます。

社会人としての最低限のマナーである挨拶。それができないと、先輩や上司からむかつかれる以外にも、患者さんからもこんな人の調剤するお薬を飲んで大丈夫?という不信感を抱かれてしまいます。

特に調剤薬局は接客業務です。言葉だけ挨拶できても、目が合わせられなかったり、声が小さくて何を言っているかわからなければ、挨拶のできない信頼できない人、という印象を与えてしまいます。

そのような新卒の新入社員の薬剤師には、まずは自分が見本となることが求められます

もちろん本来ならば新入社員から先に挨拶すべきですが、それをただ待っているだけでは何も伝わりません。

自分が自分の先輩に自分から挨拶しているところを見せ、目下の人から目上の人に挨拶するという常識を形から覚えさせましょう。

自分からあいさつをしたことのない人には言葉ではなく行動で教えましょう。

調剤薬局の薬剤師がむかつく新卒の新入社員、すぐやめたがる新入社員

調剤薬局の薬剤師がむかつく新卒の新入社員、すぐやめたがる新入社員がいます。

転職そのものが珍しくなくなったという時代背景と薬剤師の需要が高まったこと、そして特に薬剤師が売り手市場の調剤薬局ではすぐに辞めようとする新入社員が残念ながらいます。

すべてではないですが、いわゆるゆとり世代に分類される世代であったり、親の仕事の関係で特に働かなくとも生活が保障されているような新入社員の薬剤師は軽い気持ちで仕事を辞めていく傾向があります。

このような新入社員はお断り!と言いたい気持ちもあるかもしれませんが、仕事を続けることで本人の意識が変わり、自慢の後輩になる可能性もあります

また、会社的にも薬剤師の需要が高い中新入社員をいきなり失うのは経営的にも厳しいでしょう。

では、どのような対策があるのでしょうか。まずは、新入社員に仕事をすることの楽しさを教えましょう。

もしゲーム好きな後輩であれば、仕事を仕事と考えるのではなく、ゲーム感覚で仕事をクリアしていくといったすり替えがお勧めです。

この時間までにこれまでの仕事を完ぺきにこなす、この期間でここまでのミッションをクリアする、といったように業務を遊び感覚で楽しめるようにするのです。

そうすることで、たとえやめることを考えていても、もう少し頑張ってみようという気持ちが生まれるかもしれません。

人によっては引き留めてほしいと思ってあえて言う新入社員もいます。このように対応するだけで安心して仕事を続ける場合もあります。

まずはその後輩の好みなどを知り、説得の糸口を見つけましょう

調剤薬局の薬剤師がむかつく新卒の新入社員、仕事を断る新入社員

調剤薬局の薬剤師がむかつく新卒の新入社員に仕事を断る新入社員がいます。

断るといってもいくつか種類があります。単純に面倒くさい、いやだといった感情からあからさまに仕事を頼まれると嫌がる、もしくは仕事を依頼するとなぜその仕事をしなければならないのか説明を求めてくる場合があります。

ここでこんな面倒なやり取りをするくらいなら自分でする!とあきらめてはいけません。

それは新入社員自身のためにもなりませんし、自分の仕事を増やすことになり、自分がきつくなってしまいます。

もし表情や態度で仕事を嫌がる新卒の新入社員であれば、厳しく注意しましょう

このような後輩は無意識にそのような行動に出ている場合があります。

その場合、患者さんにも無意識にそのように接している場合があります。

調剤薬局では接客業務に似た対応が求められます。当たり前ですが、服薬指導の際に質問されて嫌な顔をしたりするのはご法度です。

その新入社員のためにも厳しく一度注意しておきましょう。それでも治らないようであれば、少々厳しいですが、あまり調剤薬局の薬剤師に向いていないといえます。

もし頼まれた仕事をする理由を求められたら、少し面倒ですが、頭ごなしに怒鳴ったりせずきちんと理由を伝えましょう。

理由をわからずに仕事だけこなしていては成長できません。

また、新入社員に教えるということは先輩である自分がきちんと仕事を理解しているかどうかを知るための貴重な機会です

常識だろ、と突き放したりせずに自分の言葉で理由を伝えましょう。

代表的なむかつく調剤薬局の薬剤師の新卒の新入社員とその対処方法を挙げてきましたが、そんな後輩をむかつかない後輩にするのが先輩の仕事の一つといえます。

しかし、人には限度というものがあります。

もし今の職場がその限度を超えるものであれば、転職も立派な解決策の一つです。

その場合にお勧めしたいのが薬剤師のための転職サイトです。

登録することによって非公開情報をはじめとしたお得な情報が送られてくるので、転職を考えた際にはまず登録から始めましょう。


タグ: , , ,
カテゴリー: 不安と悩み, 職種・勤務先
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。