調剤薬局で薬剤師が怖い患者トップ3

調剤薬局で薬剤師が怖い患者とは大きく分けて3種類あります。

クレームばかりつけてくるお客さん、怒っていたり、イラついているお客さん、そして何も言わない、もしくは嘘つきな患者さんです。

それぞれについて事例を挙げていくとともに対処法を紹介していきましょう☆☆☆

調剤薬局で薬剤師が怖い患者とは文句ばかりの患者さん

調剤薬局で薬剤師が怖い患者とはいわゆるクレーマーです。

どの業界にもクレーマーになってしまうお客さんはいますが、残念ながら調剤薬局も例外ではありません。

その中でも、事務の方などではなく、特に働く薬剤師に対してクレーマーになる方が多いのが事実です

その理由としては、薬剤師の仕事が簡単に見えるのに給与が高い、薬剤師が偉そうに見える、ということが挙げられます。

患者さんから見える薬剤師の仕事というのは、渡された処方箋に従って袋に薬を詰めて、服薬指導を行う場面です。

薬剤師からすると、確認作業や薬歴の記入といったことがあり、決して簡単ではないといいたいですが、患者さんの目線からだと処方通りに作業を行い、特に最近では調剤や服薬指導も機械を通じて行うため、薬剤師じゃなきゃいけないの?という作業に見えなくもありません

残念ながらだからといって薬剤師がクレームをつけられて言い返してもいいという制度はありません。

万が一言い返して口論などになれば薬剤師本人だけでなく店舗自体が問題視される可能性があります。

店長などがうまく支援するなどしたらよいですが、基本的に大手の企業の店舗の1店員であればリスクは会社全体に及ぶので慎重になって薬剤師に謝罪を要求する可能性が大きいです。

特に最近ではネットでの悪口の書き込みが盛んになり、被害はどこまで広がるかわかりません。

ストレスも多いかと思いますが、患者さんに直接言い返すのだけはやめておきましょう。

調剤薬局で薬剤師が怖い患者とはイライラしている患者さん

調剤薬局で薬剤師が怖い患者とはイラついている患者さんです。

調剤薬局によって忙しさの差はあります。特に忙しい薬局であれば、患者さんを待たせなければならない状況が生まれます。

そうなってくると怖いのがいら立ちをぶつけてくる患者さんでしょう。

ほかにも、調剤薬局の中にいるほかの患者さんにイラついてしまったり、調剤薬局自体には関係なく、調剤薬局に来る前にむかつくことがあったことがあったりといった場合があります。

調剤薬局内のことであれば、謝ればどうにかなる場合がありますが、薬局の外で起こったことが原因なら謝罪のしようがありません。

その状況で正論を患者さんに言うのはやめましょう。

火に油を注ぐ行為なので、サービス業のつらいところですが、我慢して感情を表に出さずに対応することが無難でしょう

調剤薬局で薬剤師が怖い患者とは、真実がわからない患者さん

調剤薬局で薬剤師が怖い患者とは本当のことを言わない患者さんです。

前の二つの項目では患者さんの態度が怖いパターンを紹介しましたが、最後はむしろ逆の場合をご紹介します。

調剤薬局の薬剤師は患者さんとの会話の中で患者さんの健康状態などの情報を入手し、医師の処方に誤りがないかなどを確認します。

しかし、患者さんが一切話をしないならまだしも、うそをつかれると疑義照会の手間にもなりますし、そのことで薬剤師と医師の関係性にひずみが生じるかもしれません

ほかにも実際には違う薬が処方されているのに患者さんが異なる話をすることで薬剤師がその間違いに気づけずに患者さんに命の危険が及ぶかもしれません。

できるだけ患者さんとアイコンタクトをとり、矛盾している発言があれば確認するようにしましょう。

それによって患者さんが面倒だ、と感じるかもしれませんが、それでも確認不足で患者さんに被害がないようにしましょう。

調剤薬局では患者さんは患者さんであると同時にお客さんです。

患者さんのために厳しく言うのも必要ですが。お客さんである以上我慢しなければならないことが多いのが調剤薬局の薬剤師の仕事の特徴であるともいえます。

ストレスのない仕事はないでしょうが、残念ながらストレスフルな仕事ともいえます。

今の仕事に対応していくのも手ですが、転職を考えるのも手段です。

転職を考えるならば一番良いのがまず転職サイトに登録することでしょう。

転職サイトでは様々な求人が見られるほか、転職コンサルタントとも連絡をとり、より専門的なアドバイスをもらうことができます。

転職活動の初めに登録がおすすめです。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ