調剤薬局で薬剤師が患者さん相手に悔しいと思うとき

調剤薬局で薬剤師が患者さんを相手に悔しいと思うときには、きちんとコミュニケーションが取れず、薬剤師、患者さん双方の言いたいことが通じないときが挙げられるでしょう。

悪意はなくとも薬剤師がうまく患者さんの意図を読み取れなかったり、薬剤師の言葉が難しすぎて患者さんに伝わらない場合などがあります。

それは仕事をしているうえで薬剤師に大きな悔しさを与えるでしょう。その事例と対策を見ていきましょう☆☆☆

調剤薬局で薬剤師が患者さんに悔しいと感じるのはうまく質問に答えられなかったとき

調剤薬局で薬剤師が患者さんに悔しいと感じるのはうまく質問に答えられなかったときが挙げられます。

薬剤師はもちろんながら薬を扱うプロであり、患者さんはそれを期待して服薬指導の際に質問をします。

飲み合わせや飲むタイミングといった質問は答えやすいでしょう。

しかし、患者さんが聞く質問とは、薬剤師の国家試験のように一問一答とはいきません。

また、質問の中に本当に聞きたいことが隠れているという場合があります。

その隠れた疑問を感知し、きちんと患者さんのほしい情報を提供することが今の薬剤師に求められています。

患者さん:朝食後に飲むべきですか?
薬剤師:朝食後に飲む処方ですから、朝食後にお願いします。

この会話に間違った点はありませんが、よくよく患者さんの言葉を考えてみると、朝ご飯を食べないからあえて聞いたのか、時間がなかったり、眠気を誘う薬を処方されているけどそのあとに車で出勤することを危惧して聞いたかもしれません。

そこも考慮して、患者さんの質問に答えなければなりません。

患者さんによっては、この薬剤師だと話が伝わらない、と思ってしまうとほかの薬剤師を呼ぶ場合があります。

悔しいというより屈辱的なことですが。そのような事態になったら潔く患者さんの言うとおりにしましょう。次に生かせるように、対応する薬剤師の話し方、セリフを見ておきましょう。

調剤薬局で薬剤師が患者さんに悔しいと感じるのは相手のペースに合わせられないとき

調剤薬局で薬剤師が患者さんに悔しいと感じるのは患者さんのペースに合わせられないときです。

調剤薬局の現場においては、以前であれば医師の指示である処方に従って薬剤師が患者さんに薬を手渡し、万が一問題があれば医師の責任である、という考え方がありました。

しかし、薬剤師の教育制度が4年から6年になったことに伴い、薬剤師の地位が向上し、それと一緒に責任も重くなりました。

そのため、患者さんとのコミュニケーション能力が必要となっているのです。

さて、コミュニケーションということは何も言葉のキャッチボールということだけではなく、伝え、聞き出し、分かち合い、聴き、さらに考えてもらうといった流れが必要になります。

コミュニケーションについて調べると見つかるのがメラビアンの法則です。

この法則によると、言葉だけでは相手に言いたいことが7%しか伝わらないとされています。

そこにしぐさやアイコンタクト、表情や話すスピードやトーンなどにより、伝わる力が100%に近づきます。

患者さんの質問に的確に答えたつもりが、患者さんに「そこは聞きたい事じゃない」と言われるのは非常に悔しいことです。

きちんと話を聞き、相手の目を見て話し、できるだけの情報を取り入れて的確に求められている情報を提供することが重要です。

いきなりは厳しいかもしれませんが、服薬’指導’という言葉にとらわれずに、相手のペースに合わせてコミュニケーションを取りながらの服薬指導を行うことが重要です。

調剤薬局で薬剤師が患者さんに悔しいと感じるのは、言葉が通じないとき

調剤薬局で薬剤師が患者さんに悔しいと感じるのは患者さんに言いたいことが伝わらないときです。

また、薬剤師の中には、患者さんには伝わりずらい医療の専門用語や略語を頻繁に使ってしまう方がいます。

専門用語や略語は理解できる人にとってはわかりやすいですが、医療の素人である患者さんには非常にわかりずらい物で、場合によってはほかの言葉に勘違いされてコミュニケーションが全く取れていない場合があります。

その場合、肝心な服薬指導ができていないことがあります

できるだけ専門用語を使わないことを心がけることは重要ですが、専門用語を専門用語と思わずに使ってしまっている場合もあります。

患者さんがその時にわからないことを伝えてくれれば楽ですが、患者さん側も特に薬剤師がトーンを変えられずに会話が進んでしまうと聞きずらく、自分の理解できる範囲で納得してしまいます。

目を見て話し、迷いが見えるようであれば、自分の発言を考え直して別の言葉で言い換えてみるとよいでしょう。

同業者同士で話していると専門用語とそうでない言葉の境目があいまいになるので、仕事場所以外での会話に耳を傾けてみましょう。

テレビであったり、出先の話から専門用語を使わない会話からどのような話し方がよいか模索できるでしょう

調剤薬局で薬剤師が患者さん相手に悔しいという感情を抱くのは、やはりコミュニケーションに関してです。

対策をいくつか挙げてきましたが、最終手段としては転職が挙げられるでしょう。

転職に踏み切ることを決めていなくとも、まずは転職サイトに登録してみましょう。

登録することによって様々な情報が入手でき、転職そのものについて理解することができます。

実際に転職をする際のアドバイスはもちろんのこと、お得な非公開情報も手に入れられます。まずは転職サイトに登録してみましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ