門前薬局とかかりつけ薬局の違いはどこにある?

門前薬局とかかりつけ薬局の違いはどのようなものでしょうか。

最も大きい違いは、患者さんが処方箋をもらう病院や科によって薬局を変えるか、もしくは薬局を一本化するか、にあります。

患者さんにとっても大きな違いですが、働く薬剤師にとっても大きな違いがあります。双方の視点からみてメリット、デメリットを見ていきましょう☆☆☆

門前薬局とかかりつけ薬局の違い、患者さんの目線からみた場合

門前薬局とかかりつけ薬局の違いをそれぞれのメリットとデメリットで見ていきましょう。

かかりつけ薬局のメリットとは、患者さん側にとってのメリットが大きいです。まず薬を受け取る楽さが挙げられます。

違う分野での処方箋を一つの薬局に行くことによっていくつもの薬局を渡り歩く手間の削減になります。

同じ理由で在宅医療などの将来的な目標を含めた最適な治療法の提供ができます。

寝たきりになり、薬局に直接行くのが困難になっても、かかりつけ薬局を作っておけば顔見知りに治療されるという安心感もありますし、同じ薬局にお薬をもらい続けることでかかりつけ薬局が病歴をきちんと管理することができます。

お薬手帳があればよいですが、門前薬局ではそれがない際には薬剤師が副作用が起きやすい薬剤をほかの薬局で受け取ったか分からず、危険な組み合わせで薬を摂ってしまう場合もあります。

特に多くの種類の薬剤を処方される高齢者の方であれば、かかりつけの薬局を使用することでかかりつけの薬剤師ができ、薬の種類や量の変化を気づいてもらえますし、何度も通うことで医師に話せなかったことを話せるくらいに心を開けるようになる可能性があります。

ほかにも、薬局で展開されている様々なサービスが患者さんにとっての大きなメリットになっています。例を挙げるのであれば、薬剤師訪問サービスなどがあります。

ただお薬を届けるだけでなく、お薬の管理方法を一緒に考えてくれたり、飲み忘れ防止対策も手伝ってもらえます。

患者さんが調剤薬局を選ぶかかりつけ薬局は差別化を図るため、今後も様々なサービスが増えていくことが予想され、同時に患者さんにとって非常に便利なものになるでしょう。

門前薬局とかかりつけ薬局の違い、薬剤師の目線からみた場合

門前薬局とかかりつけ薬局の違いを見ていくと、かかりつけの薬局が患者さんに対してのメリットが多い分、働く薬剤師にとってはデメリットとなることがわかります。

多くの分野の薬剤をそろえる必要があり、その分薬剤師はそれらすべてを把握する必要があります。

また、多くの薬剤を補完する必要があり、その結果薬剤の在庫がなく、ほかの薬局に薬を分けてもらいに行かなければならない手間が予測されます。

また、様々なサービスが患者さんが受けられるということは、薬剤師にとっての負担になることが予想されます。

お薬の管理方法の模索など、そのようなことを考えるのが好きな方ならよいのですが、苦手な方にとっては少々厳しいものに感じるでしょう。

門前薬局とかかりつけ薬局の違い、薬剤師目線では門前薬局がおすすめ?

門前薬局とかかりつけ薬局の違いを見たら薬剤師としては門前薬局が良いのでしょうか。

政府の政策もあり、かかりつけ薬局への移行が国として方針になっています。

そのため、かかりつけ薬局には政策による国からの援助も予測され、かかりつけ薬局の経営者側としては大きなメリットがあり、前述したように患者さんにも大きなメリットがあり、薬剤師にはデメリットが多いように感じられます

では、かかりつけ薬局に勤務することに薬剤師にメリットはほとんどないのでしょうか。

実はいくつかのメリットが挙げられます。門前薬局でももちろん常連の患者さんが生まれる可能性がありますが、やはりその薬局の取り扱い分野が限られてきますので、その専門以外の処方であれば別の病院、敷いては別の門前薬局を利用します。

そのため、医療のプロの目指すべき包括的なケアというものが難しくなります。

しかしかかりつけ薬局であれば、基本的に患者さんのすべての処方を管理することができるので、包括的に患者さんの治療を行う立場になれます。

これは薬剤師としてのやりがいにもつながります。

また、分野にこだわらず様々な薬剤を扱うことで広く薬剤に関する知識を得ることができます。

それは同時に勉強をたくさんしなければならないということにもつながりますが、それをやりがいと取ればそこまでつらくはないでしょう。

逆に言えば門前薬局は勉強量が少なくて済む、という風に受け取れますし、広く浅く知識を得るのではなく、集中して一つの分野を極めたいとする方にぴったりといえるでしょう。

かかりつけ薬局か門前薬局かを就職先として考える際には、もちろん今後の政府の方針などを加味して動くのが良いのですが、働いているうちは働く環境が自分に合っていることが重要です。

そのため、どのような働き方をしたいかを考えましょう。

ここで挙げた以外の二つの薬局の形の特徴を見てから転職について考えたい場合、薬剤師転職サイトに行ってみるのがお勧めです。

薬剤師転職サイトでは転職先に悩む方の声に応え、多くのお役立ち情報があり、転職するかどうか悩んでいる段階でも十分ためになることを知ることができるでしょう。

閲覧項目には非公開のものもありますので、アクセス権を得るためにもまずは登録から始めましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ