飛鳥薬局の薬剤師として人として、薬剤師として成長

飛鳥薬局の薬剤師となると、どのような職場環境が期待できるのでしょうか。

様々な世代の薬剤師が活躍中のこの調剤薬局チェーンは、埼玉県、千葉県、大阪府を中心に展開している地域に密着した薬局です。

福利厚生、スキルアップを重視したい方にお勧めの転職先となっていますが、具体的にどのようなメリットがあるか見ていきましょう☆☆☆

飛鳥薬局の薬剤師になるということ

飛鳥薬局の薬剤師になると、首都圏を中心に店舗展開を行っている企業の一員となります。

資本金は1,000万円で平成7年10月に創立し、平成12年12月に有限会社から株式会社へ変更した飛鳥薬局は埼玉県羽生市に本社を置く地域密着型の調剤薬局です。

飛鳥薬局では新卒のための新人研修や事務研修はもちろんのこと、ブランクのある方でも対応できるように一般薬剤師研修などの研修制度を準備しているので、たとえ未経験でも安心できます。

福利厚生もしっかりしており、利用できる制度の中に提携フィットネスクラブの利用があるので、健康管理も容易です。

ほかに、社員同士のコミュニケーションの場を作るために社員旅行やゴルフコンペなども行われています。

さらに子供のいる従業員のための子育てを支援するための制度もあり、仕事と家庭を両立できるよう支援を行っています。

産休や育休はもちろんのこと、復帰後の育児短時間勤務制度などもそろっていてバックアップも万全です

そんな飛鳥薬局は初任給は薬剤師手当3万円を含む、269,000円となっていますが、経験者については相談にて優遇が可能です。

休日は完全週休2日制を採用していて、休暇は通常の夏季休暇・年末年始休暇・有給休暇に加え、リフレッシュ休暇、さらに子供が生まれる際の産前産後育児休暇、そして慶弔休暇があります。

長く安心して働ける環境が整った会社であるといえます

飛鳥薬局の薬剤師でスキルアップ

飛鳥薬局の薬剤師になることでどのような面でスキルアップが期待できるのでしょうか。

飛鳥薬局では多くの社内教育制度があります。

新人研修、OJT研修に加え、全体研修、さらに管理職になる際の幹部研修、高レベルな医療知識が学べる海外薬局研修制度があります。

それ以外にも外部講習会参加にあたり、費用の補助、資格取得費用に関しても補助制度があります。

少し詳しく研修内容を見ていきましょう。まずは新人研修です。

社会人に必要な基礎的なビジネスマナーや医薬に関する専門知識、さらに服薬指導に必要なコミュニケーションスキルや薬歴管理の実務のノウハウを学びます。

新卒だけに必要なものだと思ってはいけません。この研修では、店舗運営にかかわるマネージメントも教育内容に入っているのです。

今まで薬局店舗経営で学んできたことを元に、広い視野を持つ信頼される薬剤師の育成を目指しているのです

他にも個人での勉強ができるようにe-ラーニングもあります。

業務時間内だけでは十分に確認できない内容、さらに薬剤師にとって不可欠となる取り扱う薬の薬理、そして病態・治療経緯を復習することができます。

これは、研修認定薬剤師としての単位取得の1つにも数えられます。

全体研修では、薬剤師と事務の方が一緒に行う研修と別々に行うものがあります。

一緒に行うことで会社全体としての方針を共通の理解にすることで一致団結できる環境を作ります。

また、別々に行うことで専門性を高めることができます。

店長以上の役職者には幹部研修が準備されていて、リーダーとして働く際に必要な高いマネージメントスキルを学ぶことができます

もし薬剤師のカリキュラムの4年制時代卒業で6年制の後輩に後れを取っていると心配であるのであれば、指導薬剤師研修があるので安心です。

薬学教育6年制学生実習に対応するための薬剤師を養成する研修会への参加ができます。

他にも地域薬剤師会が開催する勉強会への参加や店舗で行われるメーカー主催の勉強会などがあります。

飛鳥薬局の薬剤師で得られる精神的な教訓

飛鳥薬局の薬剤師になることで精神的に成長することができます。

飛鳥薬局では当たり前ですが、患者様を大切にする心を培うことに力を入れています。

医療者としてではなく、常に患者様の視点で患者様の立場に立って接すること。

地域社会との関係を大切にする心も飛鳥薬局では重要視しています。

薬剤師の起こす行動、調剤や服薬指導の1つ1つが患者様にとって必要だときちんと感じて頂くことで地域の方々に愛されるように努力しています。

これはたとえ転職を再度必要としても、のちのちまでもっていける人生の宝となるでしょう

いかがでしたでしょうか。

飛鳥薬局では薬剤師としての可能性を伸ばしてくれるそんな環境が整えられています。

薬剤師として、人間として成長したいと思ったならば、転職先候補に入れていいでしょう。

もし求人票をもっと詳しく確認したいのであれば、企業HPを確認するのもよいですが、薬剤師転職サイトに登録して、求人票を確認するのがお勧めです。

非公開の情報も閲覧できるほか、様々なアドバイスをコンサルタントから聞くこともできます。

まずは転職の第一歩に薬剤師転職サイトへ登録していきましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ