20代の薬剤師の転職、現状と対策

20代の薬剤師で転職をするというのは大きな不安を伴うでしょう。

しかし、薬剤師という職業は転職しやすいものであるので、早めに転職を決めたならばそれを実行に移すというのは決して間違った考えではありません。

ですがそれが癖になってしまうと問題です。このような点を踏まえ、20代の薬剤師転職の原因、そして転職を成功させるヒントを挙げていきましょう☆☆☆

20代の薬剤師が転職したいと思うのは普通?

20代の薬剤師が転職を考えてるキッカケとは!?

まず、研修が終了した後に配属された薬局のいわゆるお局様的な人に新人イジメにあった、というものがあります。

薬局は特に女性社会であることが多いので、狭い薬局の店舗内でいじめがあるというのは残念ながらあるようです。

もちろん必ずあるものではないですが、狭い人間関係はこじらせるとなかなか修復が効かないのが現状です。

そのような店舗に配属されてしまうと、早々に転職の文字が頭に浮かぶ事が多いようです。

また、せっかく薬局に配属されても、仕事をさせてもらえないという問題があります。いくら実習を経験していたとしても、どうしても実務とは違うので教育が必要です。

しかし、その教育を施さないことで新人イジメをする店舗も少なからずあります。それは新人の覚えが悪いから、態度が気に食わないからと様々な理由がありますが、そんな職場に毎日向かうのは苦痛です。

そういった20代の新人薬剤師が転職を考えるのも無理は無いでしょう。

さて、ここまでは主に薬局を中心とした20代 薬剤師の転職理由でしたが、ここからは企業などの他の職場でも共通している20代での転職理由を見て行きましょう。

まず、同期と些細なことも比べられてしまう、というものがあります。

薬剤師同士で比べられてもプレッシャーとなるのに、同じタイミングで入った免許を持っていない同期との仕事の出来の差を言われると落ち込むものです。

また、せっかく差を埋めようとして仕事を頑張ろうとしても先輩たちが忙しそうにしていて、相談しにくい、仕事を教えてくれないなどといった問題もあります。

ほかにも勤務時間や休日日数が聞いていたのと違うことで自分自身が目の前の仕事に必死でスキルアップが望めない、給与や手当、住宅補助などの制度が説明会などで受けた最初の説明と異なっているというものがあります。

20代で薬剤師が転職するのにはコツが必要?

20代の薬剤師の転職とはやはりデメリットが多いものなのでしょうか?

もし転職先に面接などを行う際に、転職理由を聞かれて単純に前の職場の環境、人間関係が嫌でした!といえば、たしかにそれはデメリットになるでしょう。

数ヶ月、もしくは数年程度で何がわかるんだ、そんなことを言うのであれば、うちで採用しても同じ理由でやめてしまうだろう、と採用者担当者は考えるでしょう。

しかし、薬剤師が20代の早い段階での転職を決意することは何もデメリットばかりではありません。

転職理由を、よりキャリアアップしたかったから、という前向きなものに出来れば、将来を見据えて、決断力のある人材という良い方向で取られるようになるのです。

もともと薬剤師は転職しやすい環境にある職種です。それが調剤薬局など、独占業務がある職場であれば尚更です。

では、製薬企業などの薬剤師が必ずしも必要でない場所であれば不利になってしまうのでしょうか?

実はそうでもありません。早めに転職を決めるというのは、先に入社している同期との差をあまり広げずに済みます。

会社側からしても、ある程度若い薬剤師の方が会社のやり方に馴染んでくれるというメリットが有ります。

ここで注意しなければならないのは、いくら20代での転職と言っても、ある程度成長していることを採用側が期待しているということです。

専門知識と言わずとも、最低限のビジネスマナー、社会人としての常識はあって当然と思っているでしょう。

そういう意味では新卒の就職活動よりもハードルが高くなりますが、実際に働くことで自分のしたいことが見えやすくなっているのできっと少しは面接対策もスムーズになるでしょう。

20代の薬剤師の転職は少なく止めよ!

20代の薬剤師の転職は若さの観点からは有利でしょうが、それが癖になってしまったら元も子もありません。薬剤師の転職の際に必要となるのが、履歴書です。

その履歴書が大学卒業から真っ白というのも良くはないですが、それが欄内に入りきれないほどびっしりと埋められているのも問題です。

短いスパンで転職を繰り返してしまうと面接などでも忍耐力のない人だと判断され、不利に働きます

また、次の職場も合わなかったら又転職してしまえばいい、というような感情も生まれかねません。

そのような心持ちでは転職活動もうまくいくはずもありません。若いうち、20代での転職は悪いことはありません。

しかし、転職そのものを目的とせず、ずっと働ける場所に転職することを目的としなければなりません

そこでオススメなのが、薬剤師転職サイトの利用です。

特に薬剤師専門の転職サイトとなれば、薬剤師だけを対象としているので、それを扱うコンサルタントの方も薬剤師転職サポートのプロです。

様々な転職先の紹介以外にも相談にも乗ってくれるので、きっとあなたの大きな力となるでしょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ