craの薬剤師となるために知っておくべきポイント

craに薬剤師がなるとすると、新たに広まってきた仕事ということで、まずは情報収集を行うことで仕事のミスマッチを防ぐことが出来ます。

まずはcraが薬剤師にとってどのような仕事であるかを理解し、さらにその仕事に就くために必要なことを転職サイトなどから理解しましょう☆☆☆

craの薬剤師ってお金が稼げる!?

craの薬剤師に初めて挑戦するとなるとcraの求人票の備考欄には様々な条件があることに気づくかと思います。

例えば、病院やモニター関連の仕事での臨床経験年数や社会人の経験年数、さらに年齢、そして最近では英語能力が給与に関わってきます。

一応基準はcraの募集要項に書いてありますが、それ以外にも面接での印象などといった要素によって年収が変動します。

そのため、croの臨床開発モニター、つまりcraの平均年収を見てみると、大体600万円から700万円の間で推移しているところがほとんどのようです。

もしcra経験者がcroを渡り歩いて転職するときには、基本的に年収アップが狙えます。

なにしろ、年収はその人のcra経験年数が大きく関わってくるからです。

他にも、担当してきた治験薬の領域、そしてその中での経験プロトコルの数字、そして契約数などにおける実績、そしてマネジメント経験がさらに収入を左右します。

この中でも特に管理職の経験というのは重要視されるので、一度管理職にまで行って転職を行うと大幅な給料アップが見込めると言われます。

さらに、外資系に転職出来ると、年収が一気に100万円から200万円も上がることも珍しいものではありません。薬剤師にとって、これは美味しいですよね。

そのため、給料アップ目的で転職を繰り返す人も珍しいものではありません。

craは薬剤師にとってどのような職業なの?

craの薬剤師というと、直接医療に携われるということから、薬剤師の本来の仕事であると考えて、非常にやりがいがある仕事だという人が多くいます。

やはり、新薬を世の中に出す段階で知識を役立てられるというのが薬剤師がcraにやりがいを感じる最も大きな理由としてあげられます。

それは、同時にcraの薬剤師の日々の業務というのは人の命にも関わる非常に重い責任があるものと言えます。

craから転職を望む薬剤師にとっては、それがストレスとなって転職の原因になってしまう場合もあるようですが、このストレスを乗り越えてから生まれる成果が感じられた達成感がストレスがかかった分大きくなるとポジティブに受け取る薬剤師も多くいます。

craの薬剤師にとって、調剤薬局やドラッグストアなどで働くよりも、より身近に医療の進歩に関われて、病気に苦しむ人を助けることができることや、実際に自分の目で治療効果を見極める事ができることから、医師に従うのではなく、医師と対等に話せるということもやりがいにつながっているのです。

 craで薬剤師の将来性ってどうなっているの?

craで薬剤師が活躍する場というのは、なくなるものではなく、むしろ増加していくと考えられます。

確かに、結果が不明瞭である新薬の開発よりも、期間も短く、開発費用も少ないジェネリック医薬品を手がける企業が増えてきたことから、CROの活躍の場が減ってきた、と言われたりします。

かとおもえば、これと矛盾しているようですが、製薬企業、そしてcro自体が吸収されたり合併によって数が減ってきたことから、海外のように、製薬企業が開発における治験を行わずに、croへほとんど委託するようになってCROの活躍の場が増えてきた、と言われたりもします。

日本では以前から製薬企業にヘルプとしてcroから派遣されていく、というのもありましが、今ではcroが独立して治験を行うという流れが入ってきていることから、吸収合併が増えてきました。

しかし、それでいても今後共試験をcroに委託するという流れはすすんでいくことから薬剤師の雇用のチャンスが減るとは考えにくいです。

そのことから、薬剤師を含めcraの雇用はますます拡大し、同時にcraの将来性は比較的安定している、といえます。

しかし、安定を求めるこのご時世では安定というのは人気が出ます。

そのためcra人気は上昇していて、新卒が続々入社してくるため、その中での中途の薬剤師の転職状況は厳しくなるでしょう。

 craの薬剤師になるためには何を注意したらいい?

craは薬剤師が携わる事の中でも、激務だと言われています。

それは、craが主に行う治験の進行や監視という仕事では、新薬の承認を得るためのさまざまな臨床試験が必要になり、それらを正常に行うためには、各種試験を実施するための前準備をはじめとして、ありとあらゆる方面での交渉や事務処理、としてそれから発生する折衝にも対応しなければなりません。

相手は治験を行うドクターやそれを支援している病院などの医療スタッフ、さらには自分のcraのチームとも上手くやっていかなければなりません。

これは直接施設に向かうといったような外勤という肉体的疲労もありますが、人相手ということで精神的な疲労も重なります。

そのため、非常に外勤や外泊が多く、なおかつ契約に関するデータ処理や事務処理など、激務と言っていい職業であると言えるのです。

そのことからcraは薬剤師にとって続きづらい仕事と思われがちですが、やはりその仕事の重要性や忙しさをやりがいとして受け取ることや、出産や育児などにともなって内勤業務も可能な場所が多いことから、頑張れば続けられる仕事として、craは男女問わず薬剤師にとって人気の仕事になっています。

 craの薬剤師ってcrcとどこが違ってくるの?

craの薬剤師とcrcの薬剤師というのは、治験に関わるといった点ではそこまで違いはないのですが、craは製薬企業を代表して、crcはその治験が行われる医療施設を代表しているという大きな立場の違いがあります。

ここにさらにmrも似たようなものでは?と思う人もいるかもしれませんが、mrは治験にはかかわらず、どうしても営業色が強いことから完全に企業側の立場になりやすいことからまったく違う仕事と言えます。

さて、craとcrcでは、立場はもちろんですが、その給与などからも違いが見られます。

craでは基本的に資格がいらないことから、薬剤師の資格を持っていることで資格手当などをもらうといった優遇措置が受けられたり、面接で印象に残ることが出来ますが、crcに関しては、基本的に医療系の資格を持っていることは必須条件となるため、薬剤師の資格を持っているからといってあまり有利になるとは期待できません。

また、その結果、crcの薬剤師の方が平均的に見ても給与が低くなります。

しかし、それでも治験を受ける患者さんとより密接に関われることや、薬の効果を実感できるということでcrcを希望する薬剤師も少なくありません。

craはcrcほど一つの施設にいるわけではないので、密接な人間関係を結べるということは言えませんが、多くの医療系スタッフに関われることで日々の刺激に繋がるとしてcraを希望する薬剤師も多くいます。

結果、どのような立場で仕事をしたいか、と言うのはこの2つの仕事の分かれ道となるのかもしれません。

このように、craという仕事には忙しさと責任がつきものであるため、もし自分の時間を大事にしたいと考える薬剤師であれば、少々向かない仕事なのかもしれません。

しかし、その仕事をしている時間をやりがいがあるものとして受け取るのであれば、きっと満足のできる時間となるでしょう。

転職が頻繁に行われる職業ではありますが、やはり人気の上昇とともに、craへの転職は難しくなっています

そのため、薬剤師転職サイトなどでコンサルタントに相談することで履歴書の書き方などのコツを入手し、希望の条件にあった職場に就けるようにしましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ