CSOの薬剤師になるためには

CSOの薬剤師というと、まだまだ新しい領域ということで未知の部分が多く残されています。

今回はCSOになるために必要なこと、さらに実際になった際に感じるであろうCSO薬剤師特有のメリットやデメリットについて解説していきましょう☆☆☆

CSOの薬剤師というものはどのようなものなのか?

CSOの薬剤師は、通常コントラクトMRと呼ばれ、コントラクト=契約という名前の通り、CSOに所属しながらも、別の製薬企業に派遣されていく派遣型のMRとして働きます。

CSOのような形態が生まれたのは、やはり効率重視の考えが欧米諸国から日本に浸透したからと言えるでしょう。

以前ほど新薬は開発されず、ジェネリック商品においても、簡単に作れるものはほとんど販売済みになっていて、なかなか新しい薬が出ない、つまりMRといった販売専門の仕事ができないという状況になっているのです。

しかし、例え新薬、新しいジェネリック医薬品がなくとも企業は自社のMRに給料を払い続ける必要があります。

そうなってしまえば非常に効率が悪いのは一目瞭然です。そこに目をつけたのがイギリスの医薬品の卸売屋です。

製薬企業の物販に関するサービス業を展開した所、企業にとって優れたコスト削減をもたらし、もともと派遣するためのMRを育成するという目的に特化していることにより質の高いMRを派遣できることがその実績から証明され、非常に効率がよい方法であると世界に広がっていったのです。

日本でもこの考えを受け継ぎ、日本展開している外資に合わせて日系企業のCSOも多く誕生しているのです。

CSOの薬剤師として働くことのメリット

CSOの薬剤師になるのには、様々なメリットがあります。まず、CSOは派遣型であることから、薬剤師は1つの企業にかぎらず、多くの職場を経験できるということがあります。

そのため、薬剤師はCSOでキャリアを築きやすく、やりがいにも繋がります。

さらに分野も数多く経験できますし、競争率の高いがん領域といった分野で活躍できる可能性があります。

また、まだ新しい会社が多いCSOであることから、出世が期待できるということがあります。

また、いち早くCSOの分野に精通することで、ヘッドハンティングされ、より給与も待遇もよくなるような転職が期待できます。

さらに派遣型、といってもCSOの会社の正社員なので、安定を求めている方にも向いています。

業界に必要とされているサービスであることから、狙い目の職業といえるかもしれません。

CSOの薬剤師として働く際のデメリット

CSOの薬剤師であることはやはりメリットばかりではありません。

まず通常の製薬企業に所属しているMR同様、薬剤師のみが応募できる職業ではないため、ライバルはかならずしも同じ薬剤師であるということではありません。

もちろん、もともと薬の知識を豊富に持っている薬剤師は重宝されるので他の志望者より一歩先に行っているという考え方はできますが、MRというものは知識だけではありません。

相手にその薬を買いたいと思わせるような話術、信頼を得られるような雰囲気が必要なのです。

知識は後からつけられてもこのような話術や雰囲気というのは素質というものもあるので、営業慣れしていて、もともと人を惹きつける雰囲気を持つ人がライバルにいると苦戦するかもしれません。

また、新しい会社が多いことから、CSOの中で出世する可能性は高いですが、それは同時に経験不足な幹部が生まれる可能性もあるということです。

経営体系がしっかりしていなかったり、マネージメントがうまく行かず、最初の研修などがまだまだ未熟であると考えられるのです。

この問題をカバーするために中途採用が行われていますが、今度は様々な職歴を持つ人が集まり、方針がうまくまとまらなくなる、仕事のやり方が多様化してしまうなどといった問題が生まれます。

もちろん、これは良い方向に転ずることもありますが、はじめてCSOの仕事をする薬剤師にとっては厄介なものです。

営業経験がある、企業でプレゼンテーションの経験がある、などといった場合はまだましかもしれませんが、調剤業務経験のみ、あまり人相手に仕事をしたことがないとなるときちんとした教育体制の整った所を探したほうがいいかもしれません。

しかし、そのような場所を探そうとしてもなかなか自分の力だけでは限界があります。

そこでおすすめになるのが、薬剤師専用の転職サイトです。希望するCSOの仕事先を見つけるのも、魅力的な人柄を面接官に伝えるといった事柄に対してもアドバイスを貰えるサービスが受けられます。

転職というのは、回数を重ねると会社からの信用が得られにくくなったり、自分自身も何を目的にしていたのかわからなくなる危険性があります。

このような薬剤師転職サイトでまずはCSOに関する情報収集を行いましょう。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ