OTCメイン薬局の薬剤師は薬剤師っぽくない?

OTCメイン薬局の薬剤師とはどのような仕事をしているかご存知でしょうか。一番わかり易いのがドラッグストアの薬剤師でしょう。

お客さんとの交流が多いイメージからあまり専門的ではないと思われる方もおられるかもしれませんが、実は広い知識を必要とし、様々なスキルを得られる可能性を秘めている仕事なのです。

OTCメイン薬局とはどのような仕事でどのようなスキルを得られるのかを探りつつ、転職先としての可能性を見て行きましょう☆☆☆

OTCメイン薬局の薬剤師は医師の代わり?

OTCメイン薬局の薬剤師になるというのは、どのような仕事をすることになるのでしょうか。

そもそもOTC(オーティーシー)とは英語でのオーバー・ザ・カウンター・ドラッグの頭文字をとったもので、通常の医薬品に必要である処方箋がなくても、薬局や薬店で患者さんが直接購入できる一般用医薬品のことです。

別名、大衆薬と呼ばれます。 他にもスイッチOTCというものもありますが、これは元は医薬品で単一の医薬品であっても安全性が証明され、OTCにスイッチされたもので、患者さんの管理下に置かれることには変わりありません

さて、OTCはなぜ処方箋が必要ではないのでしょうか。それはOTCには成分が多く含まれていることによります。

医療用医薬品は、単一の成分を含んだものがほとんどであることからもちろん効果が強いという利点がありますが、その分副作用も強いという欠点があります。

その欠点をカバーする役割を持ったのが薬剤師や医師を始めとする医療人なのです。

その分OTCは極端な副作用を持つ可能性が低いため、患者さん自身の管理に置かれるのです。

では薬剤師は必要ないのか、というと決してそういうわけではありません。

むしろ、医師の判断を通さずに患者さんの手元に薬が行くのでより薬剤師の介在が必要です。

OTC医薬品に関しては薬剤師は医師、薬剤師の仕事を両方請け負う仕事をするとも言えるでしょう。

OTCメイン薬局の薬剤師になればスキルアップも?

OTCメイン薬局の薬剤師として働く上で、調剤をメインに行わないのは薬剤師としての専門性が下がると考えられる方もおられるでしょう。

しかし、実はOTCだからといって危険がないわけではありません。また、患者さんの容態にあった薬でなければ効果が期待できません。

的確に必要な薬をお渡しする、ということは薬剤師の服薬指導にも通ずる非常に専門的な分野になるのです。

さらに窓口でお薬をお渡しして服薬指導を行うだけではなく、日常における体調の悩みといった曖昧な情報からどのような薬を希望しているかを見出すといったコミュニケーション能力も求められることから、薬剤師にはより広い範囲での薬学の知識が必要になるといえるでしょう。

そのため、OTC薬品を扱う薬局やドラッグストアといった店舗経営を行う企業はコミュニケーション能力を上げるための研修だけでなく、医薬の知識を深めるための教育に力を入れています

もし知識的な面での薬学知識を高めたいというスキルアップを求めているのであればおすすめの場所があるかもしれません。

また、管理薬剤師や店長でランクが止まってしまうのではなく、経営に手を伸ばすことからさらなるランクアップ、しいては収入アップを期待できるとも言えるでしょう。

OTCメイン薬局の薬剤師の仕事は多種多様!

OTCメイン薬局の薬剤師になると決めて早速求人票を探してみると、その数に途方に暮れるかもしれません。

最近ではOTC薬品を取り扱うところは非常に多くなっていて、その割合が異なれどOTC薬品は多くのお店で置いてあります。

そこで自分にピッタリの職場を見つけるためには、そこでどのような役割があるかを確かめるのがよいでしょう。

場所によっては売り場の設置から医薬品の発注まで全て薬剤師に任せるところもありますし、いくつかのOTCをお客さんに紹介するだけのところもあります。

経営などにも関わっていきたいと考えられるなら前者が、店舗内での仕事に集中したいならば後者がオススメでしょう。

求人票にはどのような仕事が任せられるかが表記されていますのでその中から自分の関わっていきたい範囲を見つけると転職も効率良くなるかもしれません。

しかしそこではあくまでも触りしか載っていないので、より内容を詳しく知るために薬剤師の転職サイトに登録することをオススメします。

いざというときに備えて薬剤師転職サイトに登録しておこう!

今のうちに薬剤師転職サイトに登録しましょう!

おすすめの薬剤師転職サイト

※よりあなたに合った担当者、求人と出会えるように、複数の転職サイトに同時登録して比較することをおすすめします。

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

リクナビ薬剤師は求人の数・質共に業界トップクラスで、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますのでイチオシです!

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は大手企業の求人に特に強いので、他の転職サイトをメインに使う場合でも併用しておくと間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

マイナビ、リクナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。

こちらもおすすめ

運営会社 | 薬剤師転職JAPANとは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ